1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ボス恋』玉森裕太の“最後のセリフ”に悶絶! キスマイ主題歌のタイミングも「最高」

『ボス恋』玉森裕太の“最後のセリフ”に悶絶! キスマイ主題歌のタイミングも「最高」

  • 2021.1.20
  • 1554 views
“最後のセリフ”直前のシーンの鈴木奈未(上白石萌音)&潤之介(玉森裕太) 『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』第2話 (C)TBS width=
“最後のセリフ”直前のシーンの鈴木奈未(上白石萌音)&潤之介(玉森裕太) 『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』第2話 (C)TBS

テレビドラマ『オー!マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系/毎週火曜22時)の第2話が、1月19日(火)に放送された。ドSな鬼上司と“子犬系男子”の御曹司に翻弄される主人公・鈴木奈未(上白石萌音)を描いた本作。今週は、『鬼滅の刃』竈門炭治郎の声を務める花江夏樹が俳優として参加したり、Kis-My-Ft2の玉森裕太演じる潤之介の“最後のセリフ”に「やばい」と反響があったりと注目を集め、先週に引き続き「#ボス恋」が、Twitterの世界トレンド1位を獲得した。(文=阿部桜子) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意下さい

■奈未、麗子に次々と“うそ”を

“普通の生活”を望み、上京してきたものの、ファッション雑誌「MIYAVI」のドSな編集長・宝来麗子(菜々緒)の雑用係に任命され、てんやわんやな毎日を送る奈未。ひょんなことから出会った御曹司でカメラマンの潤之介(玉森)には、お見合いを断る口実として“恋人のフリ”を頼まれ、奈未は彼女役を務めることになった。

潤之介によると、親を説得するカギは“姉を味方につけること”だそうで、言われるがままに、奈未は潤之介の姉に会いに行く。そこにいたのは、まさかの麗子。第1話は、この衝撃展開で幕を閉じた。


続く第2話では、“恋人の設定”を成立させるために、奈未がさらなるうそを重ねることに。例えば、姉が麗子だと判明する前に、打ち合わせで決めた、二人の設定では、“付き合ったのは半年前”となっていた。しかし、実際は、奈未が就職のために上京したのは1週間前。その事実は麗子に知られてしまっている。

そのため、麗子が把握済みの奈未のプロフィールと、“恋人の設定”のつじつまを合わせるために、奈未は次から次へと、その場しのぎのうそをつかなければならなくなった。その上、潤之介の天然もさく裂し、話は噛み合わず、奈未は振り回されっぱなしに。極めつけは、潤之介が出した“ケンちゃん”の名前。“ケンちゃん”とは、奈未が上京してきた1番の理由である片思い相手・日置健也(犬飼貴丈)のことで、第1話で失恋した相手だった。また話がややこしい方向に向かい、麗子も「ケンちゃん?」と不思議がっている様子。考え込む奈未。怖すぎる上司と、何を言い出すかわからない天然ボーイに挟まれ、死に物狂いで出た答えは、「けん玉チャンピオンなんです!」という突拍子もない言葉だった。しかし、このうそが、さらなる事態を招く。

■“けん玉”がまさかの結果に

自身が“けん玉チャンピオン(略して、けんチャン)”であるという、無理しかない“うそ”をついてしまった奈未。なんとかその場を切り抜けたものの、これが「MIYAVI」と奈未の行方を左右する重要な仕事に繋がる。


“けんチャン事件”の翌日、「MIYAVI」編集部では、創刊号の企画会議が行われていた。案がボツになる中、中沢涼太(間宮祥太朗)が出した漫画家とファッションのコラボ企画が見事採用に。人気漫画家の荒染右京にイラスト提供の依頼をすることになったのだが、その交渉の席に中沢ではなく、奈未を同行させるようにと、麗子が指示する。というのも、まさかまさかで、荒染の趣味が“けん玉”だったのだ。


交渉は未経験で無理だと伝える奈未だったが、「あなたはけん玉をしてくればいい」と麗子の意思は固い。さらに、交渉が成立すれば“弟の彼女として両親に紹介”、失敗すると「もう来なくていい」とクビを宣告され、奈未の運命は“けん玉”に懸けられることになった。

■花江の演技に称賛!

奈未はその後、中沢に交渉の交代を直談判するものの、拒否され、潤之介の家で、けん玉の特訓を始める。いつの間にか寝てしまった奈未は、遅刻気味に、大慌てで会社へ。徹夜明けで昨日と同じ服の上、髪はボサボサ。そんな中、不幸なことに、午後から荒染との打ち合わせが入る。移動中、「申し訳ないが、君の出番はない。俺が一発で決める」と宣言した副編集長・半田進(なだぎ武)の言葉とは裏腹に、交渉には不穏な空気が…。

今回、このキーパーソン、荒染を演じたのが花江だったわけだが、短いシーンながら、その演技力にはSNS上で称賛の声が上がっていた。花江いわく荒染は「物事を笑顔でやんわり断るような人」らしく、花江の優しい声が、その“やんわり”感を醸し出し、さらに、彼が生み出す“間”が、“やんわり”の奥にある強い意志を感じさせる。

さて、本題に戻すと、停滞する交渉の流れを変えようと、半田が荒染に、奈未を“けん玉チャンピオン”と紹介する。荒染は「技を見せてください」と食いつき、さらには奈未にけん玉をプレゼント。後に引けなくなった彼女は、トライするものの失敗。ドラマとはいえ、一夜漬けで奇跡は起きず、特集2ページに穴があく結果となった。奈未は、その失敗から、編集者でもない雑用係の自分に交渉などできるはずもなく、責任が自分にあるのはおかしいと苛立ちすら覚えだす。麗子に呼び出された際、奈未は「編集長にも責任がある」と怒りをぶつけるが、荒染は“うそをつく相手にイラストを提供しない”という答えを出したのだと麗子から言われ、さらには、「努力することから逃げてるだけ」「まず人並みの責任を取ったら?」と、さらに傷をえぐる返事を受ける。悪魔のような麗子の説教。ただ、この言葉が、奈未の心に火を着ける。

■奈未、もう一度“けん玉”に向き合う


麗子からの厳しい指摘を受け、さらに、特集を埋めるために頭を抱える編集部の姿を目の当たりにした奈未は、自宅に帰って、1人でけん玉に向き合う。荒染の漫画『ヨビガミ』も39巻買ってきて読み進めたようだ。ちなみに、『ヨビガミ』は、漫画家・岸本聖史が本作のために描き下ろし、アプリ「マンガボックス」で読むことができるのだが、「見せかけのごまかしじゃボクには勝てない」「弱いやつは何でもほどほどで生きてりゃいい」と、かなり奈未に刺さるセリフのオンパレードだった。これが奈未の努力を後押ししたのは間違いない。中沢が熱く語りだした気持ちもよくわかる。


そして、再び荒染のもとを訪れ、けん玉を披露し、見事成功。同シーンでは、上白石が実際に演技の中で、けん玉の技のほとんどに挑戦しており、SNSでも上白石の努力をたたえる声が上がっていた。上白石は、約3年前にラジオ番組で、けん玉を剣の先に入れる“とめけん”という技を成功させたことがある。それゆえセンスも備わっていたのだろうが、このシーンからは、1つ1つのカットに手を抜かない彼女の演技への誠実さが垣間見える。上白石の公式Instagramの特訓の動画も必見だ。


奈未の人並み以上の努力は、見事開花し、荒染がイラストを提供してくれることに。しかし、その後、ご褒美として麗子に連れて行かれたパーティーで、麗子の無理やりな“けんチャン”コールとともに、またもや、けん玉を披露させられる。もちろん失敗し、また恥をかかされたと奈未は会場から走り去るが、これは麗子の計画の一部で、この一件が、難航していた「カルティエ」との裏表紙の広告交渉を成功させることに繋がる。


広告のカギを握る「カルティエ」マーケティング部長のシモンは、実は、荒染の大ファン。しかし、ビジネスとは関係のないパーティー会場で、シモンを振り向かせるのは至難の業なので、麗子は、まず奈未のけん玉で注目を集めることにした。そしてその後、麗子は、奈未が荒染のイラストを獲得するまでの道のりを堂々と英語とフランス語を交えてスピーチ。これによりシモンは胸を打たれ、「MIYAVI」は「カルティエ」の広告を勝ち取った。悪魔のような微笑みで無理難題を押し付けるパワハラ気質な麗子だが、決して奈未を見捨てることなく、最終的に成功に導き、達成感を与えるのだから、案外面倒見の良い上司なのかもしれない。「雑用係のくせに」と編集部から冗談交じりながら言われていた奈未が、第2話では、編集部の輪に入れてもらえるようにもなったのも1つの成長だ。これから創刊に向けて、奈未がよりパワーアップするのが楽しみである。

■ラスト10秒が「最高」

さて、麗子の名プロデュースにより、「人並みになるまで、もう逃げませんから!」と仕事に情熱を燃やすようになった奈未。けん玉に振り回されて大変な第2話だったが、潤之介とのにせの恋人関係を解消したことも今回注目ポイントだった。

恋人ごっこを続ける中で、潤之介に対し、普段より大きな鼓動を感じだした奈未は、心の中で「本当の彼女になっちゃったりして!」と考えるなど、少しずつ彼を意識し始める。しかし、自分を“にせ彼女”にした理由を聞くと「実際に付き合わないから」と答えられ、奈未はショックを受ける。それにくわえ、荒染との交渉を通じて、うその罪深さと、自分の怠惰を痛感した奈未は、恋人のフリの終わりを潤之介に提案したのだ。

「付き合ってたのはうそなのに、別れるのは本当みたい」と寂しさをアピールする潤之介があまりにもズルい。「元気でね」と差し出した右手を一度引っ込め、「あ、こっちか」と潤之介は左手を差し出す。別れを意味する握手を交わした二人。奈未は連絡先を消し、「うそは本当にならない」とつぶやきながら、恋のつぼみを握りつぶした。

荒染と「カルティエ」の件も終わり、通常業務に戻った奈未は、スタジオに撮影で使うレモンを届ける。しかし、坂の上から大量に落としてしまい、レモンが転がりだした。慌てて拾う奈未。最後の1個を手にしようと顔を上げた先にいたのは、日光を頬に反射させ、レモンを持った潤之介だった。


潤之介は、ぱんぱんにレモンが入った袋を、奈未の代わりに持ち、スタジオまで運んでくれるという。道中、「今日はどうして?」とここにいる理由を奈未が聞くと、潤之介は「会いたかったんだ」と包み隠さず答える。そして、スタジオに到着し、別れようとしたとき、潤之介は、奈未の手を引き、こう尋ねた。「俺のこと、好き?」

ラストの強烈なセリフと玉森が作る“子犬”のような表情は悶絶ものだ。あの奇妙な“けんチャン”コールと同じ回とは思えない。その上、<「愛してる」そんな言葉だけで表せないほどに〜>と、Kis-My-Ft2の主題歌「Luv Bias」が、まるで潤之介へのアンサーになっているかのようなタイミングで流れるのも面白い。Twitterでは、「ボス恋のラスト10秒毎回やばい」、「キスマイの曲が流れるのが最高にいい」と同シーンに釘付けになった視聴者が続出していた。

あらすじでは、第3話で奈未は「仕事中も潤之介のことが頭から離れなくなってしまう」とのことだが、きっとそれは、奈未だけでなく本作のファンも同じことだろう。コメディタッチで時間を忘れるほど良いテンポで進む仕事編、たった10秒で虜にするラブパート。この絶妙なバランスが、本作の魅力の1つかもしれない。第2話の世帯平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。この数字は、本作の面白さはもちろんながら、多くの人がドラマを見て、“おうち時間”を過ごしている数字も含まれていることを思うと、そちらにも励まされる。

元記事で読む