1. トップ
  2. こんな食べ方あったんだ!おもちを買い足したくなるアレンジ5選

こんな食べ方あったんだ!おもちを買い足したくなるアレンジ5選

  • 2021.1.20
  • 767 views
「もち明太揚げ」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子
「もち明太揚げ」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子

【画像を見る】からし明太子ともちの鉄板コンビが絶妙!「もちと小松菜のめんたい炒め」

お正月を過ぎて落ち着くと、スーパーでもおもちが大量に安くなっていることも。また、「個包装だからまだ大丈夫よね…」と冷蔵庫におもちが余っているお宅もあるのではないでしょうか。というわけで、今回はおもちのアレンジレシピをご紹介。おもちをさらに買い足したくなるほどおいしいものばかりですよ♪

もち明太揚げ

【材料・3~4人分】

もち…2個、からし明太子…50g、ピザ用チーズ…50g、春巻きの皮…3枚、水溶き小麦粉、小麦粉、水…各小さじ2、サラダ油

【作り方】

1.もちは横6等分に切る。春巻きの皮は十字に切って4等分にする。明太子は包丁の背で身をこそげる。

2.春巻きの皮1切れをひし形に置き、もち1切れをまん中より少し手前に置き、明太子、チーズを1/12量ずつのせる。左右を折り畳んで巻き、巻き終わりに水溶き小麦粉をつけて留める。残りも同様にする。

3.小さめのフライパンに油を1〜2cm深さまで入れて中温(約170℃)に熱し、2を4〜5個ずつ入れる。時時上下を返し、約1分揚げ、うすく色づいたら取り出して油をきる。器に盛り、好みでゆずを添えても。

(1人分232kcal、塩分1.1g)

揚げたてをサクッと噛むと、中からもち&チーズがとろ~り。おつまみやに子どものおやつにもうれしい1品です。

もち豚キムチ

キムチ炒めにもちを加えると韓国のトッポッキ風に。もちはごま油で両面をこんがり焼くと香ばしさが加わり、炒めた時にくっつきにくくなります。

【画像を見る】キムチ炒めにもちをイン!「もち豚キムチ」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子
【画像を見る】キムチ炒めにもちをイン!「もち豚キムチ」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子

ぺペロンもち炒め

ペペロンチーノにもち!?と驚いた方もお試しあれ。パスタの代わりにもちを入れると、ニョッキのような一皿になります。

「ぺペロンもち炒め」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子
「ぺペロンもち炒め」 調理:枝元なほみ 撮影:広瀬貴子

もちもちひき肉お好み焼き

小麦粉は使わず、もちだけで作るから生地作りは不要。フライパンの上で炒めながら円形に整えていきます。

「もちもちひき肉お好み焼き」 調理:重信初江 撮影:キッチンミノル
「もちもちひき肉お好み焼き」 調理:重信初江 撮影:キッチンミノル

もちコーンポタージュ

コーンスープに揚げ焼きにしたもちを加えてボリュームアップ! サクサク食感がクルトンのような役割を果たしてくれます。

「もちコーンポタージュ」 調理:井澤由美子 撮影:木村拓
「もちコーンポタージュ」 調理:井澤由美子 撮影:木村拓

家庭料理はアイデア次第で無限に楽しめるのがいいところ。自分好みのアレンジレシピを見つけてみてくださいね。

文=齋藤久美子

元記事で読む