1. トップ
  2. 「鬼滅の刃」ブームに陰り?グッズ「定価割れ」コミック全巻セットも値下げ出品

「鬼滅の刃」ブームに陰り?グッズ「定価割れ」コミック全巻セットも値下げ出品

  • 2021.1.20
  • 2105 views
画像は「鬼滅の刃」公式ポータルサイトから

日本中に大ブームを起こしている「鬼滅の刃」(集英社)に、ちょっとした変化が出てきた。

これまでに単行本やコラボグッズの品薄が相次いだ。思うように人気アイテムが手に入らず、途方に暮れるファンも多い。ところが、グッズによっては「値崩れ」が起きている気配なのだ。

「日輪刀」9500円→3640円

顕著なのは、バンダイから発売されている「鬼滅の刃 DX(デラックス)日輪刀」。作中の主人公の武器を模した、なりきり玩具だ。バンダイ公式サイトによると価格は6380円(税込・以下同)で、2020年10月末に発売された。

作品の人気を受けてか、発売後に値段は高騰した。ECサイト「アマゾン」の商品価格の推移を表示できる非公式ブラウザツール「Keepa」によると、「DX日輪刀」の新品価格は12月3日には9500円の値を付けた。

ところが21年1月19日現在は、3640円で販売されている。2か月足らずで6000円近く下落したことになる。同サイトには、アマゾン以外の業者も出品することができる。3640円で販売しているのは、別の業者だ。一方、アマゾンから出品されている商品は4100円で、やはり定価を下回っている。

玩具メーカー「エポック」が販売している「鬼滅の刃 エアホッケー」にも同様の現象が起きている。希望小売価格は4950円で、20年12月5日に販売された。

「Keepa」を見ると、発売日当日には新品が8160円で、アマゾンで売られていた。しかし直後から下落を続け、1月19日現在は3029円まで下がっている。アマゾン公式からの出品価格も4840円で、希望小売価格より低い。

コラボグッズだけではない。単行本にも、値下がりの兆しがみられつつある。

「1〜23巻」ピーク時2万1000円、今は

最終巻が20年12月4日に発売されて以来、アマゾンには「鬼滅の刃」全巻セット(1〜23巻)が複数業者から出品されている。

集英社公式サイトの表示価格をもとに計算すると、本来は全巻で1万670円だ。

「Keepa」を参考にすると、12月8日には新品のセットが2万1000円で販売されていた。年末には1万5000円前後まで下がり、現在は1万4000円〜1万5000円という価格帯で販売されている。

これは、フリマアプリ「メルカリ」でもみられる傾向だ。20年12月上旬の全巻セットの出品を見ると、安いもので1万5000円、高いもので1万9000円だった。現在は1万2000円程度で出品しているものが多く、高くとも1万5000円前後といったところだ。

元記事で読む