1. トップ
  2. ファッション
  3. 長靴・ブーツをスッキリ収納させるには?置き場に悩んだ時に使えるアイデアまとめ

長靴・ブーツをスッキリ収納させるには?置き場に悩んだ時に使えるアイデアまとめ

  • 2021.1.19
  • 1051 views

長靴・ブーツの収納アイデア集

梅雨時の長靴や真冬のブーツは、置き場に困ることがありますね。

玄関に置いても下駄箱にしまっても、他の靴より場所を取るので邪魔になったり、使用後は濡れているので蒸れて悪臭の原因になったりすることも多いです。

購入時の靴箱やダイソーやセリア等の100均グッズを活用したり、おしゃれに飾って見せる収納にしたりして工夫してみましょう。

今回は上手に長靴やブーツを整理しているアイデア実例をご紹介します。

長靴・ブーツの収納アイデア集〈しまう〉

ボックスに写真を貼って収納

クローゼットに靴を収納する際の定番として、ボックスに靴の写真を貼って収納するアイデアがあります。

長靴やブーツはシーズン以外ではほとんど使わないので、ほこりをかぶったりダメージを受けたりしないようにボックスに大切にしまっておきましょう。

雨や雪の日の朝に慌てて長靴やブーツを取り出す時に、写真が貼ってあれば一発で探し出せるので安心です。

クリアボックスに収納

クリアボックスに収納するアイデアは中身が見えるので大変便利です。

ボックスに写真を貼ったり、名前を書いたりする必要もありません。

100均に行けば、クリアボックスはサイズも色味もたくさんあるので、家族によって簡単に区別ができます。

長靴やブーツは畳んでクリアボックスに収納したり、大きめのクリアボックスにそのまま収納したりしましょう。

100均のボックスに収納

100均には様々な収納ボックスが売られています。

セリアのプレンティボックスは、簡単に組み立てられる上、丈夫なので長く使えます。

収納したい長靴やブーツに合ったサイズを選んで、名前を書いておけば大切に保管できるので、おすすめのアイデアです。

異なる靴箱を使わずに100均の収納ボックスを統一して活用すれば、下駄箱の中がスッキリします。

シューズクローゼットの上段と下段に収納

長靴やブーツは他の靴よりかなり長いので、収納スペースには高さが必要になります。

シューズクローゼットの板を調節して、上段と下段にスペースを作りましょう。

使用後の長靴やブーツは濡れていることが多いので下段に、乾いてしばらく使わなくなったら上段に収納しましょう。

靴を上手に保管するアイデアとしては、靴の状態や使用頻度を考慮することが大切です。

長さを揃えて収納

長靴やブーツも色やテイストだけでなく、長さが異なるものもたくさんあります。

下駄箱やシューズクローゼットに収納する際は、ヒールの高さや長靴やブーツの丈で揃えて整理してしまいましょう。

長靴同士、ブーツ同士で分ける必要はありません。

長さで分けると無駄なスペースを作ることなく、スッキリするのでいいアイデアといえます。

長靴・ブーツの収納アイデア集〈見せる〉

ラックを使っておしゃれに見せる収納

おしゃれな靴をいくつか持っている人は、シューズクローゼットや下駄箱の中にしまわずに、オープンラックに靴を収納するというアイデアがおすすめです。

玄関にオープンラックを置いて、お気に入りの靴を並べましょう。

長靴やブーツはラックのサイズに合わないことがありますが、ラックの下や横に置くだけでかっこよく決まります。

玄関の小窓付近に賢く見せる収納

薄暗くじめっとなりがちな玄関は、小窓が設置されることがよくあります。

小窓があると風通しや日当たりがよくなるので、濡れたままの長靴やブーツの置き場には持ってこいです。

梅雨の間や冬の寒さが続く時には、長靴やブーツを毎回使用後に下駄箱やシューズクローゼットにしまっていると面倒なので、玄関の小窓付近に置くようにしてみましょう。

玄関に可愛く置いて見せる収納

子ども用の靴は複数置いていてもそんなに邪魔にならず、なんと言っても玄関が可愛らしくなります。

子ども用の靴は小さなラックで十分ですが、長靴は他の靴と一緒にラックにのせられないので、玄関にそのまま置いたり、水はけのいいマットの上に置いたりしましょう。

特に黄色い長靴は、緑の芝生マットと相性が抜群なので、おすすめのアイデアです。

直物と並べておしゃれに見せる収納

お気に入りのデザインでも長靴やブーツは出番が少ないので、シューズクローゼットや下駄箱にしまっている時間が長く、もったいない気がしますね。

観葉植物と一緒にインテリアとして飾るというアイデアがあります。

黒系や茶系のブーツや明るい花柄の長靴等、観葉植物と並べてみましょう。

植木鉢とブーツや植物の緑や長靴は自然とマッチするので、スッキリ片付きます。

帽子とコーディネートして見せる収納

雨が続く時期は長靴を毎日使ったり、寒い季節の足元のおしゃれにブーツを頻繁に活用したりしていると、下駄箱やシューズクローゼットに毎回収納しなくなります。

濡れたまま収納してしまうのはよくありませんし、玄関に出したままでも問題ないようなアイデアがあると嬉しいですね。

帽子や手袋など、家の中では使わない小物を長靴やブーツと一緒にコーディネートして玄関に置いて見せる収納とすると便利です。

長靴・ブーツの収納アイデア集〈まとめ〉

長靴やブーツは履くタイミングが限られているので、使いたい時にすぐに取り出してすぐに履いて出かけたいものです。

また、収納しているだけではもったいないので、見せる収納でおしゃれに活用できるといいですね。

持っている長靴やブーツの数や種類、使い方に応じて自分にあったアイデアを活用して、上手に収納してみましょう。

元記事で読む