1. トップ
  2. ファッション
  3. 【まとめ】どこかでみたような…読めそうで読めない「難読漢字」8選!

【まとめ】どこかでみたような…読めそうで読めない「難読漢字」8選!

  • 2021.1.18
  • 3530 views

読めそうで読めない「難読漢字」。あと少しでわかりそうなのになんだかモヤモヤしますよね。 今回は全部で8問!是非全問正解にチャレンジしてみましょう!

(1)「忝い」の読み方

「忝い」の読み方、正解は「かたじけない」です。 「忝い」は、ひらがなで表記されることがほとんどなので、読み方を知らなかった方や漢字自体を見たことがない方も多いかもしれません。 「かたじけない」は「辱い」と書かれることもあります。 読めたあなたはスゴイです!

(2)「飲み代」ってどう読むの?

大人になれば、お酒のでるお店に行く機会も多くなりますよね。 ときには友人と、ときには職場の人と、はたまた彼氏や好きな人と。 そんな場面で飲んだお酒の代金を、「のみだい」と言ったりしますよね。 「飲み代」を「のみだい」と読む人がほとんどでしょう。

でも「のみしろ」が正解だって知っていましたか? 辞書には「のみだい」ではなく、「のみしろ」しか載っていないこともあります。

(3)「恰も」の読み方は?

「恰も」の読み方は「あたかも」です。 正解をみると、「そう言えば!」と納得する方も多いかもしれません。

(4)「謙る」読み方は?

さっそく「謙る」の読み方をチェック! 「謙る」読み方は...「へりくだる」が正解です。 スラッと読めたらカッコいい漢字ですね。

(5)「十姉妹」の読み方

「十姉妹」は、「じゅうしまつ」と読みます。 そのまま「じゅうしまい」と読んでしまいたくなりますが、それは間違った読み方です。 じゅうしまつは鳥の名前なので、鳥に詳しい人なら簡単に読めたかもしれませんね。

(6)「遵守」の読み方

「遵守」は何と読むのでしょうか。 尊が含まれているのでついつい「そんしゅ」と読んでしまいがちですが誤りです。 正解は「じゅんしゅ」と読みます。 音で聞けば意味が分かるという方もいるかもしれませんね。

(7)「承る」の読み方

「承る」は「うけたまわる」と読みます。 特に、ビジネスシーンで頻繁に目にしたり耳にしたりにする言葉ですよね。 なかには、接客対応などで毎日使っているという方も多いのではないでしょうか。

(8)「思しい」の読み方

最後はこちらの漢字。 「思しい」は、簡単そうに見えて意外と読めない漢字です。 「思う」と同じ字なので、「おもしい」と読んでいませんか?

実は「おもしい」ではなく、「おぼしい」と読むのが正解。 聞いたことある!という人も多いのではないでしょうか。 うっかり「おもしい」と読んでしまうと、恥ずかしい思いをするかもしれません。 ここで覚えておいたら、知らない人にも教えてあげることができますね! 「思しい」ではなく、「思しき」という場合でも読み方は同じです。


いかがでしたか?様々な難読漢字、あなたはいくつ答えられたでしょうか。 全問正解された方もそうで無い方も、今日から友人や家族に自慢してみては? みんなでまた一つ賢くなっちゃいましょう! (liBae編集部)

元記事で読む