1. トップ
  2. 令和版『妖怪大戦争』で大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が妖怪に大変身!

令和版『妖怪大戦争』で大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が妖怪に大変身!

  • 2021.1.18
  • 254 views

三池崇史監督が人気子役・寺田心の主演で描く妖怪ムービー大作『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(夏公開)。このたび新たに大森南朋、安藤サクラ、大倉孝二、三浦貴大、大島優子が出演することが発表され、それぞれれ特殊メイクで妖怪になりきったビジュアルが公開された。

【写真を見る】前作『妖怪大戦争』は神木隆之介の主演で大ヒット。令和版は寺田心の主演でさらにスケールアップ!

【写真を見る】前作『妖怪大戦争』は神木隆之介の主演で大ヒット。令和版は寺田心の主演でさらにスケールアップ! [c] 2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ
【写真を見る】前作『妖怪大戦争』は神木隆之介の主演で大ヒット。令和版は寺田心の主演でさらにスケールアップ! [c] 2021「妖怪大戦争」ガーディアンズ

本作は、興収20億円のヒットとなった『妖怪大戦争』(05)を手掛けた三池監督が引き続きメガホンをとり、さらにスケールアップを遂げたシリーズの令和版。“妖怪獣”による未曽有の危機に立ち向かうべく、妖怪たちと妖怪ハンターの末裔の兄弟が繰り広げる冒険が描かれる。主人公の少年・兄(けい)を寺田、狐面の女を杉咲花、狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を大沢たかおが演じることが既に発表されていた。

今回、妖怪のリーダー“ぬらりひょん”役で参戦した大森は「ぬらりひょんにしては若くないかな?と思ったけど、こんなぬらりひょんがあってもいいんじゃないかな」とコメント。赤ん坊を抱いた女妖怪・姑獲鳥(うぶめ)役の安藤は「三池監督の映画は、脚本を読んだ印象と現場で出来上がる世界がまったく違うので、今回もワクワクしながら挑みました」と久しぶりの三池組での撮影を振り返っている。

真っ赤な顔と毛の猿の妖怪・猩猩(しょうじょう)を演じる大倉は「扮装より顔の個性が勝ったと思う」と語る一方、天狗役の三浦は「鏡で見て『俺じゃなくても…』と思うほどの出来でした」と特殊メイクについての感想もチラリ。また雪女に扮した大島は「妖怪になれたという嬉しさを心に持って、楽しんで演じた」と、実はかなりの妖怪好きであることを明かしている。

解禁されたキャストについて三池監督は「この映画に集まってくれた役者たちは皆、間違いなく妖怪です。妖しい魅力で観る人の心を惑わせる、恐ろしい魅力の持ち主たちです」と愛にあふれたコメントを寄せているが、さらなる追加キャストも今後発表される予定。令和の新時代にスケールアップした『妖怪大戦争 ガーディアンズ』の続報に期待しよう。

<キャスト・スタッフコメント>

●大森南朋(ぬらりひょん役)

「三池監督での映画化の話を聞いて『出たいなあ』と思い、取り計らっていただきました!こんなに大事な役で出演することになって、メイクも僕が一番大変で、思っていたのとちょっと違うなと思いながら、一生懸命頑張りました(笑)。メイクはみなさんに頑張っていただいて、2時間半ぐらいで仕上げていただいています。僕はぬらりひょんにしては若くないかな?と思ったりもしましたが、こんなぬらりひょんがいてもいいんじゃないかということで、演じております。三池監督が撮る映画は、台本の枠を全然超えてくるので刺激的です。本作では、『殺し屋1』でお世話になった三池監督と撮影監督の山本英夫さんが揃っているのですが、20年ぶりにお二人とお仕事をさせていただいたことも感慨深かったですね」

●安藤サクラ(姑獲鳥役)

「三池監督の映画は、脚本を読んだ印象と現場で出来上がる世界がまったく違うので、今回もワクワクしながら挑みました。同じ監督の現場に帰ってくることができるのはすごく嬉しくて、だからこそとても緊張しました。十数年ぶりにご一緒できたスタッフの方もいらっしゃって、それがめちゃくちゃ幸せで、楽しいけど背筋が伸びるというか、ずっと緊張感のある現場だったと思います。姑獲鳥は愛情深いキャラクターですが、想いの強さというのは、怖い方向にも受け取れると思うんです。だから、姑獲鳥としては兄(けい)の弟を“可愛い”と思っているけど、はたから見たら“怖い”と感じられるような、その丁度中間を漂うように演じました。撮影現場は、妖怪の皆さんと過ごしている間がすごく楽しくて。いろんな先輩方も同世代の方々もいて、とても素敵なチームでした」

●大倉孝二(猩猩役)

「特殊メイクについては、みんなから『大倉君なのがよくわかる』と言われたので、扮装より顔の個性が勝ったなと思います!三池監督はスーパー映画監督って感じで、本当にエネルギッシュです。脚本も現場で変わっていくので、それに対してはいつでも対応できるように、緊張感を持って準備しつつやっていました。猩猩のセリフは、和歌山弁なんですよ。セリフは8割9割ツッコミですね。思い切りやらせていただいています。こんな妖怪らしい姿ですが、人間的なツッコミばっかりしています(笑)」

●三浦貴大(天狗役)

「特殊メイク姿は、鏡で見て『俺じゃなくても…』と思うほどの出来でした。ずっと視界の中にある“鼻先”も気になって…(笑)。天狗は飛べるので、ワイヤーアクションなど体を張ったシーンにも挑戦しています。そこそこ間抜けな天狗ですけど、とにかく必死に状況を何とかしようという気持ちで演じていましたね。演技をする上では、『ここまでやったら恥ずかしい』というせめぎ合いが、役としての人間らしさに見えることがあると思うんです。でも天狗は素顔が隠れているので、恥ずかしがることが一つもないという面では、新しい気持ちで芝居ができたと思います。今回の三池監督は、天狗には『“うぉーっ”て行って“うわぁー”って止める!』みたいな演出だったので、こちらも非常に楽しくやらせていただきました(笑)」

●大島優子(雪女役)

「妖怪はすごく好きです!小さい頃から妖怪はいるものだと思っていて、特に雪女に憧れを持っていたので、とても嬉しかったです。撮影中に妖怪の役作りについて悩んでいたら、三池監督が『妖怪はなんでもありだから!』と仰って下さったので、楽しむことが出来ました。隠神刑部に惚れ込んでいる役なので、『他の妖怪はどうでもいい、隠神刑部だけ!』という雪女の想いを貫きました。見た目は寒そうだけど、ハートは熱いです!みんなが妖怪にはなれるわけではないから、妖怪になれたという嬉しさを心に持って、楽しんで演じさせていただきました」

●三池崇史(監督)

「役者という道を歩む人間たちは…多分、妖怪です。少なくとも、この映画に集まってくれた役者たちは皆、間違いなく妖怪です。妖しい魅力で観る人の心を惑わせる、恐ろしい魅力の持ち主たちです。ですから皆さん、特殊メイクが似合います。ていうか、これが、本当の姿なのかも知れません。さて、映画では豪華な役者たちが絶体絶命のピンチに追いつめられます。さぁ、どうする大森南朋!いや、それはまずいだろ、安藤サクラ!いつもと同じ顔じゃないか、大倉孝二!熱く冷たく燃え上がる、大島優子!煉獄さんを超えたぞ(見方によってはね)、三浦貴大。と…みなさんお見逃しなく!」

文/足立美由紀

元記事で読む