1. トップ
  2. 恋愛
  3. もったいない…話すと残念だと思われてしまう女性の特徴

もったいない…話すと残念だと思われてしまう女性の特徴

  • 2021.1.17
  • 3374 views

人からはモテそうだねと言われるのに彼氏ができない。

彼氏はできるのに長続きしない……と悩んでいる女性は、多いのではないでしょうか。

もしかすると、そこには共通するポイントがあるかもしれません。

今回は、男性に話すと残念だと思われてしまう女性の特徴を3つ紹介します。

あてはまるものがないか、考えながら読んでみてくださいね。

「すみません」が口癖

「バイト先に『すみません』が口癖になってる後輩の子がいるんですけど、いつも何も悪くないのに、なんか反射的にすみませんって言ってるんですよ。
僕が何かフォローしたときも、ひたすら『すみません』って。すごいかわいい子なのに、ネガティブな言葉ばっかりでもったいないなと思います」(20歳/学生)

「すみません」とつい言ってしまう場面は、意外と多いですよね。

ただそれが口癖になってしまうと、なんだか残念なイメージを与えてしまうよう。

そんな口癖があるかもしれない……と思う人は、「すみません」を「ありがとう」に変えてみましょう。

相手の男性も「すみません」というより、あなたの好意を素直に受け取ってくれるはず。

「なんでも良い」が多い

「元彼女は、デートするにも食事するにも、全部なんでも良いって言うタイプだったんです。質問すること全部になんでも良いって言われると、
僕とのデートがどうでも良いのかなって感じがして嫌でした。結局、僕がいつも計画しなきゃいけないのも負担になって、長く続かなかったです」(27歳/IT)

「なんでも良い」「どっちでも良い」は相手に合わせているようで、実は男性に負担をかけてしまうこともあるようです。

また、やりたいことを我慢して無理しているようにも見られかねません。

行きたいデートスポットや食べたいものは、かわいくリクエストしてみましょう。

そして彼があなたの要望に応えてくれたら、思いっきり喜んだり、お礼を言うと良いですね。

わかりやすいリアクションをすると、彼もやりがいを感じて次のデートもがんばろうと思ってくれますよ。

愚痴・悪口が多い

「仕事に疲れているのはわかるんですけど、愚痴や悪口が多い子と話してるとうんざりしますね。ネガティブな話を聞かされるこっちの気持ちは考えてないのかなって。
女性同士って愚痴を言い合ってストレス発散するとか言いますけど、男は嫌な気持ちになるだけですよ。
これだけ悪口を言うんだったら、僕のことも陰でめちゃくちゃ言ってるのかな」(29歳/医療関係)

たとえ悩み相談のつもりでも、愚痴や悪口をいつも話していたら、ネガティブなイメージばかり持たれて男性が離れていってしまう原因に……。

愚痴は控えめにして、楽しい話ができるようにしたいですね。

どうしてもネガティブな話になりそうなときは、自分の話でははく、彼の話を聞く方向に仕向けるようにしましょう。

また、日ごろから、愚痴は女友達だけ!と決めておくのもおすすめです。

好印象を持ってもらえる話し方を意識しよう

せっかく第一印象が良く見られたのにも関わらず、不用意な発言で残念……と思われてしまうのは、とてももったいないですよね。

口癖は自分では気づきづらいので、家族に自分の癖を聞いてみると思わぬ発見があるかもしれません。

発言の内容を意識して、好印象を持ってもらえるような言葉を選びましょう。

マイナスに聞こえる言葉を避けて思いやりを持って接することで、好きな彼も、きっとあなたに良いイメージを持ってくれるはずです♡

(愛カツ編集部)

元記事で読む