1. トップ
  2. 久保田紗友、“良きライバル”役の上白石萌音は「目が合うだけで優しい気持ちになって、浄化されます(笑)」<ボス恋>

久保田紗友、“良きライバル”役の上白石萌音は「目が合うだけで優しい気持ちになって、浄化されます(笑)」<ボス恋>

  • 2021.1.16
  • 461 views
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)に出演する久保田紗友 撮影=大石隼土/スタイリスト=瀬川結美子/ヘアメーク=扇本尚幸
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)に出演する久保田紗友 撮影=大石隼土/スタイリスト=瀬川結美子/ヘアメーク=扇本尚幸

【写真を見る】主演の上白石萌音について「もう虜になりました(笑)」

ファッション雑誌編集部を舞台に、普通の幸せを求める安定志向のヒロイン・鈴木奈未(上白石萌音)が、仕事や恋に奮闘する「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)。1月12日に放送された初回では、タイトルの略称「ボス恋」が日本のみならず世界トレンド1位を獲得する反響を呼び、好スタートを切ったほか、奈未とカメラマン・潤之介(玉森裕太)の恋愛模様や、編集長・宝来麗子(菜々緒)のファッションやドSぶりなどが早くも話題になっている。

今回は、同作で奈未の良きライバルで、編集アシスタントの和泉遥(いずみ・はるか)を演じている久保田紗友にインタビューを実施。遥の役づくりや撮影の舞台裏、そして、まもなく迎える21歳の抱負を聞いた。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS

――遥は「編集者になりたい」という夢に向かって真っすぐに進む編集アシスタントという役どころですが、どのようにとらえて演じていますか?

遥は仕事に対してのモチベーションが高くて、一生懸命でピュアな女性です。わりと強そうに見えますが、プライドが高い所も、自分がまだまだだというのが分かっているからこそ強そうに見せているところはあるのかなって思います。

奈未に対してはちょっとライバル心を抱いているんですけど、遥は目標のために頑張っているので、奈未が怒られて「やりたくないです」と言いながらもバタバタ動いている姿を見て、「やりたくないのに、何でそんなに動けるんだろう」と感じているんです。

でも、自分が困ったときは意外と頼れる部分もあったりして。第1話では、撮影の準備でミスをしてしまった遥が奈未に助けられる場面もありましたし、なんだかんだ奈未にすごく影響を受けていると思います。

――これまでは学生の役が多かったと思いますが、今回は社会人の役に挑戦されていますね。

私は20歳ですが、遥は23歳という設定で、私の経験と比べて空白の3年間があります。

学生の役だと自分が経験してきたことがあるから理解できる部分も多いんですが、そこの3年間は想像するしかないんです。大学に行ったんだろうなとか、編集者という仕事に就くためにいろいろ調べたんだろうなとか、遥がたどってきた人生を想像して、彼女のセリフや行動の背景を考えることを意識しています。

動きも少し押さえて、大人の女性らしさを引き出そうと頑張っています。かといって、23歳といっても精神年齢的には20歳の私とそんなに変わらない部分もあると思います。だから23歳らしいピュアさもあるんだろうなと思って演じています。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS

遥は自分自身に燃えているという感じ

――遥は夢をかなえるために厳しい上司にもくらいついていく、強い女性という印象です。これまでにも強い女性の役を演じられていますが、どのように区別していますか?

毎回、役によって抱えているものがそれぞれ違うんですよね。悔しさだったり、恋心だったり、エネルギー源にしているものが違うんです。遥はずっとやりたかった仕事をやっているので、自分自身に燃えているという感じです。

――上白石萌音さんとは初共演だそうですが、印象を教えてください。

想像していた通りのとてもすてきな方でした!

お会いする前の衣装合わせの日、萌音ちゃんとは違う日だったんですが、スタイリストさんから「萌音ちゃんも会いたがってたよ」って言われて、会う前から気に掛けてくださってることがうれしくて、もう虜になりました(笑)。

実際にお会いしたら、太陽みたいな、お花みたいな人で。目が合うだけで笑顔になれるし、優しい気持ちになれます。浄化されます(笑)。

――現場の雰囲気も良さそうですね。

すごく穏やかな現場です。主演の萌音ちゃんの柔らかい雰囲気が、全体にじんわり伝わっている気がします。

――では、舞台となるファッション雑誌編集部についてはどんな印象を受けましたか?

ファッションの世界って、モデルさんはキラキラしていますけど、それを作るための編集の仕事がたくさんあるんですよね。気を使わなければならないことも多くて、すごく勉強になります。

ドラマでは全ページを一回一回レイアウトしている場面があって、1冊の雑誌を作るのに、ページの構成や写真、文章など、細かいことをすごくたくさん考えられているんだなって実感しました。今後、実際に雑誌を見ても、裏方目線で見ちゃいそうです(笑)。

久保田紗友 撮影=大石隼土/スタイリスト=瀬川結美子/ヘアメーク=扇本尚幸
久保田紗友 撮影=大石隼土/スタイリスト=瀬川結美子/ヘアメーク=扇本尚幸

「原点回帰」を大切にしたい

――ドラマのこれからの展開にも注目したいですが、久保田さんの意気込みを教えてください。

私にとって今までにない系統の役柄で、今までアプローチしてこなかった久保田紗友の部分でもあるので、そこを新鮮だなと思って見ていただけたらと思います。

大変なご時世ですけど、ドラマを見て、希望を持って明日も頑張ろうって思っていただけたらうれしいです。そう言っていただくためにも、仕事を一生懸命頑張る遥を、私も一生懸命演じたいと思います。

――そして、1月18日が21歳の誕生日ですね。おめでとうございます。20歳は「M 愛すべき人がいて」、「先生を消す方程式。」(共にテレビ朝日系)など、6本のドラマと、映画「サヨナラまでの30分」に出演されて、すごく忙しかったと思います。振り返っていかがでしたか。

ありがとうございます! 20歳は本当に充実していました。緊急事態宣言の2カ月間はお仕事を休んでいたんですけど、その後の密度が濃過ぎて、2年ぐらいたったような感じがします(笑)。

乗り越えなければいけないものはたくさんあったんですけど、一つ一つを楽しめている自分もいましたし、たくさんのすてきな出会いもありました。こんなご時世でも途切れずお仕事をいただけて、それがすごくありがたかったです。

――最後に21歳の抱負を教えてください。

私は常に「原点回帰」を大切にしたいなと思っています。大人になっていくと物事に対する興味がどんどん薄れていってしまう感覚もあって。

何にも興味がなくなってしまう自分を想像したらすごく怖いので、初心に返って、些細なことでも疑問に思ったり、気付いたり、吸収したりする力を改めて感じられるように、アンテナを再び張って一年を過ごせたら、もっと成長できるんじゃないかなと思います。

あとは「学びの一年」にしたいです。「サヨナラまでの30分」の役づくりでピアノを習ったので、余裕ができたらピアノも再開したいですし、語学も始めたいです。自分磨きに通ずるような「学び」をして、それがいつかお仕事の場で披露できたらうれしいですね。

プロフィール

くぼた・さゆ=2000年1月18日生まれ、北海道出身。

「過保護のカホコ」(2017年日本テレビ系)、「鈍色の箱の中で」「M 愛すべき人がいて」「先生を消す方程式。」(いずれも2020年テレビ朝日系)、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(2020年フジテレビ系)などに出演。

動画配信サービス・Paraviでは、「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」のオリジナルストーリー「オー!マイ・ツンデレ!恋は別冊で」を配信中。本編のアナザーストーリーとして、奈未の先輩編集部員役の間宮祥太朗が主演、編集アシスタント役の久保田紗友がヒロインを務め、編集部を舞台にした、もう1つの胸キュンラブストーリーが展開する。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS
「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(TBS系)より (Ⅽ)TBS

取材・文=Rum

元記事で読む
の記事をもっとみる