1. トップ
  2. ダイエット
  3. イライラや無気力、眠れない…心身の不調は「気」の乱れが原因?気を整えるためのアドバイス

イライラや無気力、眠れない…心身の不調は「気」の乱れが原因?気を整えるためのアドバイス

  • 2021.1.16
  • 6193 views

「気」とは?

陰ヨガのベースとなる東洋医学では、気(き)・血(けつ)・水(すい)の巡りをよくすることが、体と心の健康に繋がると考えられています。中でも、食事などから体内に取り込まれる「気」は、体と心のエネルギーの素であり、「気」が病むことで病気になり、「気」が元の状態に戻ると元気になると言われています。気の流れは目に見えるものではありませんが、血液や体液のように、全身を巡っています。スムーズに流れている時は健康が維持され、どこかに滞りがあったり不足したりすると、体や心の不調となって現れてくるのです。

「気」の乱れから起きる不調と改善策

1気の滞りから起きる不調

ストレスや心配事などが続くことで起きる、落ち込みや不安感、気分の波やイライラ、怒りっぽさは、「気」の滞りが原因と考えられています。そのまま放置すると、自律神経のバランスが乱れ、呼吸や内臓機能にも影響が出ることもあります。喉や胸のつかえ、息苦しさや、消化不良、膨満感、不眠に繋がるケースも…。

気の滞りを改善するために

できる限りストレスを抱え込まないようにすることが一番ですが、ストレスとうまく付き合うためには、自分なりの発散方法を見つけておくことや、普段から、意識してリラックスタイムを作ることも大切です。体を動かすなら、ヨガなど、深い呼吸を意識した軽めのものがおすすめ。イライラした時には、呼吸法や瞑想で心を落ち着かせてあげましょう。リラックス効果のあるアロマや、好みの香りのお茶なども、気の滞りを改善するのに効果的です。

2.気の消耗・不足から起きる不調

冷えや疲労感、だるさなどは、エネルギーが足りないこと、「気」の不足が原因と考えられています。つまり、生活習慣の乱れやストレスで、気をすり減らしてしまった状態のこと。放置すると慢性疲労となり、食欲不振や胃もたれなど、消化機能の低下による症状がでることもあります。さらに免疫力の低下から体調を崩しやすくなる可能性も…。

気の不足を改善するために

「気」は主に、食べたものを胃腸が消化・吸収して作られ補充されます。朝食を抜かず、バランスよい食事を心がけ、エネルギー不足にならないようにしましょう。冷たいものを控え、胃腸に優しいものを選ぶことも大切!また、疲れをリセットするには、十分な睡眠をとる必要があります。気を補充するには、日常生活を見直し、よい方向へ変えていくことが、なによりも大切なことかもしれません。体を動かすなら、エネルギーを消耗するハードなものは控え、ウォーキングや初心者向けの優しいヨガなど、がんばりすぎずにできることがおすすめです。

最後に

ヨガをしている人は実感しやすいかもしれませんが、心と体は密接に結びついています。疲労やストレスが溜まって、イライラしたり悩んだりすると、自分では見えない部分にもなにかしらの影響が出ることがあります。「病は気から」と言うように「気」の流れを整えることは、心身ともに健やかでいるためにも、キレイな肌や髪など美容面においても欠かせないこと。変化が多く忙しい日々の中でも、自分にできることを取り入れて、健康はもとより、女性としての美しさも保ち続けたいものですね!

ライター/須藤玲子

2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。会社員を経てヨガインストラクターになる。現在は、都内を中心に活動中。スタジオだけでなく、オフィス出張、屋外など多くの場でレッスンを実施。陰ヨガ・リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。初心者が気軽に参加できるオンラインのクラスも開催中。ヨガと共にアロマの学びを深め、ヨガとアロマのある暮らしを提案する。RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/陰ヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト

Instagram:@reiyoga.reikosudo

元記事で読む