1. トップ
  2. ダイエット
  3. 見逃してない?運勢が悪くなる4つの兆候

見逃してない?運勢が悪くなる4つの兆候

  • 2021.1.15
  • 68026 views

運勢が良いか悪いか、気になる人も多いと思います。運勢が悪くなっている時には、多くの人に共通する兆候があります。兆候を理解して当てはまる時には行動や言動に注意しましょう。

タイミングが悪くなる

移動の際になぜか赤信号に引っ掛かりやすくなったり、10分前までお店に売っていた物を買いに行ったら、たったいま売り切れてしまった、ということはありませんか。

世の中の動きには波長やリズムがある為、運勢が悪くなっている時には良いタイミングにあいにくくなります。そのため、新しいことを始めようとすると何かと邪魔が入ることや、重要な契約をしようとしても先延ばしされるといったことが多くなりやすいです。

ここでイライラしたりストレスを感じてしまうのではなく、深呼吸をして、本当に必要な契約か、新しいことを始める準備が整っているかを確認する事で、運気回復が期待できます。

周囲でトラブルがよく起こる

同僚がトラブルを起こして異動させられたなど、自分に直接関係はないけれど周囲にトラブルが何度も起きている場合、自分自身の運勢が悪くなっている可能性があります。

「自分自身には直接関係ないのになぜ?」と思う人も多いですが、周囲のトラブルがよく起こる場合は、これからあなたの運勢が良くない方向に行くから注意するようにという警告です。

トラブルを最小限にできるよう、自分の生活を見直してみましょう。

神棚や仏壇に悪いことが起きる

神棚や仏壇が家にあって毎日手を合わせている人ならば、ちょっとした変化に気づきやすいです。しかし、あまり手を合わせていない人の場合は、壊れていたり欠けていることに気づきにくいといいます。

大掃除をしている時にうっかり飾りを壊してしまった、掃除をしてすぐ灰をまき散らしてしまったといった不注意によることでも、運勢が悪くなっている兆候です。

普段から仏壇や神棚があるなら手を合わせておくと、兆候に気づきやすくなります。

疲れてやる気が出なくなる

運勢が悪くなっている時は、普段当たり前のようにやっていたことに対して全くやる気が出なくなります。

また、少し動いただけでも疲れたり、とにかく眠くて寝たりないといった状態になることも多いです。ゆっくり入浴やマッサージをして早く眠ることで疲労が回復して、運勢を変えるきっかけとなることもあります。

悪い兆候は早めに対処を

運勢が悪くなっている時に最も気づきやすいのが、疲れてやる気が出なくなることです。

それ以外の部分でも違和感がある時には早めに対応することで、最小限の被害におさえられる可能性があります。気づいた時にライフスタイルや考え方を見直す事で、運勢をよくするチャンスにつながる為、疲労回復を含めて早めに対処しましょう。

元記事で読む