1. トップ
  2. メイク
  3. 【UZU モテマスカラ】4つの黒マスカラはどう違う?ロング、ボリュームなどの違いを正直レビュー!

【UZU モテマスカラ】4つの黒マスカラはどう違う?ロング、ボリュームなどの違いを正直レビュー!

  • 2021.1.15
  • 2625 views

UZUのモテマスカラ は、数々の雑誌などでも賞をとっていて、大人気の商品。バリエーションも豊富で、黒のマスカラに関しては4種類あります。4種類もあったら、どのようにマスカラを選べばいいのか、迷ってしまいそうですよね。この記事では、4種類の黒マスカラを徹底比較しています!実際にまつげにマスカラを塗ってみた画像も紹介していますので、マスカラ選びの参考にしてくださいね♪

UZU モテマスカラとは?

モテマスカラは2011年にデビューし、人気を集め続けているマスカラ。2019年の11月にリニューアル発売されて、現在はこの記事で紹介している黒マスカラ4種類を含む、11種類が展開されています。

モテマスカラの長所①メイクしながらまつげケアもできる!


モテマスカラの長所は、何といってもメイクしながらまつげのケアができること!

高濃度マイナスイオンを発生する希少な鉱石100%「エンドミネラル™️」を配合されており、これはUZUの独自成分で、さまざまな美容効果が期待できるそう。

モテマスカラの長所②ウォータープルーフとお湯落ちを両立


モテマスカラはウォータープルーフなのに、お湯で簡単にオフできます!

水、汗、皮脂に強い「WP Film™」を採用していて、高温多湿などあらゆる環境に対応しています。

お湯ですっきり落とせることでも、メイクによるダメージを抑えられますよ。

4種類の黒マスカラがラインナップ


<商品>
UZU モテマスカラ /1980円(税込)

モテマスカラの黒マスカラには、VOL.6(エアリーナチュラル)、VOL.7(セパレート)、VOL.8(ナチュラルボリューム)、VOL.9(ボリューム)の4種類があります。

「黒マスカラって、どれも同じでしょ?」と思っている人に、ぜひ使い分けてほしいアイテムです!

VOL.6(エアリーナチュラル)は、自まつげが伸びたかのような、ナチュラルでふんわりした仕上がりが特徴です。

クリアマスカラよりは目を大きくパッチリさせたいけど、ナチュラルに仕上げたい人にぴったりです。

VOL.7(セパレート)は、まつげ1本1本にしっかり液がついてくれて、セパレートしながらもまつげを太くしてくれます。

VOL.8(ナチュラルボリューム)は、ロングとボリュームが両立されたマスカラ。

迷ったらこれを選ぶのがおすすめです!

VOL.9(ボリューム)は、短いまつげでもしっかりキャッチして、存在感のあるまつげに。

ボリュームが出ますが、ケバい印象にはならず、「大人が求めるボリュームタイプのマスカラ」です!

ちなみにこの「VOL.6」などの名称は、マスカラでどのくらいボリュームが出るのか数値化したものだそうです。

モテマスカラのブラシの形状を比べてみた!

まずは、4種類のマスカラのブラシの形を比べてみました。ブラシが4種類とも全部違うって、すごいですよね!

上から、VOL.6(エアリーナチュラル)、VOL.7(セパレート)、VOL.8(ナチュラルボリューム)、VOL.9(ボリューム)です。

VOL.6(エアリーナチュラル)は、カーブしたブラシが特徴。

まぶたのカーブに合わせて塗りやすいです!

VOL.7(セパレート)は、コーム型のブラシで、つげ櫛職人の伝統的な技術を応用しているんだそう。

コームでまつげをとかしながらマスカラを塗ることができるので、簡単にセパレートまつげが作れます!

VOL.8(ナチュラルボリューム)は、少し中央が太くなった楕円型のブラシ。

2種のファイバーを黄金比率でブレンドしているそうです。

VOL.9(ボリューム)は、ひと塗りでマスカラ液がたっぷり塗れる、大きめのブラシが特徴です。
VOL.8(ナチュラルボリューム)の2倍くらいの太さのブラシですね。

下まつげなどの細かいところには、少し塗りにくいかもしれません。

モテマスカラのマスカラ液を比べてみた

次に、マスカラの液を比べてみました。左から、VOL.6(エアリーナチュラル)、VOL.7(セパレート)、VOL.8(ナチュラルボリューム)、VOL.9(ボリューム)です。

マスカラの液には、それほど大差はない印象です。色も同じようですね。

モテマスカラをまつげに塗って正直レビュー♡


実際にまつげに塗ってみました!

VOL.6(エアリーナチュラル)


今回お試しした4種類の中では、ダントツでナチュラルに仕上がりました。

自まつ毛がスッと伸びたような印象です。

VOL.7(セパレート)


こちらも自まつ毛を少し伸ばしたような印象ですが、VOL.6(エアリーナチュラル)よりはさらにパッチリした印象です。

コーム型なので、細かいところにも塗りやすかったです。

「細かい部分までマスカラを塗りたいけど、部分用マスカラは買わなくてもいいかな」と思っている方におすすめです。

VOL.8(ナチュラルボリューム)


ロングもボリュームも両立されたマスカラです。

「VOL.6(エアリーナチュラル)よりはパッチリさせたいけど、VOL.9(ボリューム)のつけまつげ級のボリューム感はいらない」と思っている方にピッタリです。

VOL.9(ボリューム)


つけまつげのようなボリュームに感動したものの、少しダマになりやすい印象を受けました。

ブラシが大きめなので、下まつげなどの細かいところには、少し塗りにくかったです。

マスカラコームや部分用マスカラも一緒に使うと、綺麗に仕上がります♡

モテマスカラにも部分用マスカラがあるので、合わせてゲットしておくことをおすすめします!


モテマスカラの中から、4種類の黒マスカラを比べてみましたが、思ったよりも仕上がりに違いがありました!

「黒マスカラなのに違いってあるの?」と思っている人には、ぜひお試ししてほしいです♪

色だけでなく、ボリューム感などの仕上がりでもマスカラを選んでみましょう◎

元記事で読む