1. トップ
  2. おでかけ
  3. 恩田陸原作小説『蜜蜂と遠雷』がシンフォニー音楽劇に"主演・中山優馬"横浜・大阪・福岡で上演

恩田陸原作小説『蜜蜂と遠雷』がシンフォニー音楽劇に"主演・中山優馬"横浜・大阪・福岡で上演

  • 2021.1.15
  • 760 views

恩田陸原作小説『蜜蜂と遠雷』がシンフォニー音楽劇に"主演・中山優馬"横浜・大阪・福岡で上演

中山優馬主演・シンフォニー音楽劇<「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~>が、2021年3月27日(土)から4月11日(日)まで横浜・KAAT神奈川芸術劇場<ホール>で、4月17日(土)から4月18日(日)まで大阪・新歌舞伎座で、5月1日(土)から5月3日(月・祝)まで福岡・博多座で開催される。

www.fashion-press.net

恩田陸原作『蜜蜂と遠雷』がシンフォニー音楽劇に

直木賞(第156回)・本屋大賞(2017年)に輝いた、恩田陸原作の人気小説『蜜蜂と遠雷』。世界的コンクールを舞台に、若きピアニストたちや彼らを取り巻く人々の心情を描いた物語で、超絶技巧を要するクラシックのピアノ曲演奏と共に、コンクールファイナルに向けてドラマが展開される。

音楽をテーマとした小説としては珍しく、累計発行部数100万部を超えた作品であり、2019年10月には映画化もされた。

そんな『蜜蜂と遠雷』の世界観を、歌・芝居・ピアノ・オーケストラで表現したシンフォニー音楽劇<「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~>が上演される。

無頼派ピアニスト・風間塵に中山優馬

物語の鍵となる登場人物で無頼派ピアニスト・風間塵(じん)を演じるのは、舞台やミュージカル、テレビドラマなどで活躍する中山優馬。本作では、これまでも舞台などでピアノ演奏を披露してきた中山優馬が、名曲『サティ:ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)』をピアノで生演奏する。

また、風間塵と同じくコンクールに出場し、圧巻のテクニックで観客を魅了するマサル・カルロス・レヴィ・アナトールや、幼いころから天才肌で将来を嘱望される女性ピアニスト・栄伝亜矢、最年長ピアニスト・高島明石にも実力派俳優が揃う予定だ。

作詞・恩田陸&作曲・千住明の楽曲も

作品のテーマ曲「ひかりを聴け」は、原作者・恩田陸が作詞を、音楽監督・千住明が作曲を担当。また、物語に登場するクラシックの名曲にのせる歌詞は、すべて恩田陸が作詞した。

オーケストラやピアノによる壮大な音楽とともに、歌や芝居がドラマチックに展開されるシンフォニー音楽劇を堪能してみてはいかがだろう。

【詳細】
シンフォニー音楽劇<「蜜蜂と遠雷」~ひかりを聴け~>
<横浜公演>
会場:KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
住所:神奈川県横浜市中区山下町281
開催期間:2021年3月27日(土)~4月11日(日)
<大阪公演>
会場:新歌舞伎座
住所:大阪府大阪市天王寺区上本町6-5-13
開催期間:4月17日(土)~4月18日(日)
<福岡公演>
会場:博多座
住所:福岡県福岡市博多区下川端町2-1
開催期間:5月1日(土)~5月3日(月・祝)
※各地の開演時間、チケット料金、チケット発売開始日などは、後日発表となる

配役/出演:風間塵 中山優馬
※ほか出演者は後日発表
原作・作詞:恩田陸(『蜜蜂と遠雷』幻冬舎文庫)
音楽監督:千住明
脚本・演出:モトイキシゲキ
演出:藤澤浩一

元記事で読む