1. トップ
  2. 恋愛
  3. モテテクは通じない? 婚活アプリでの難しい駆け引きあるある4つ

モテテクは通じない? 婚活アプリでの難しい駆け引きあるある4つ

  • 2021.1.15
  • 6920 views

写真と文字だけを活用して距離を縮める婚活アプリ。SNS世代でも、まだまだ難しいと思うところはたくさんあります。しかもアプリ上では「こうすれば男性は喜ぶ」といった手がなかなか通用しない印象。今回は悩みを解決というよりも「あ~、それわかる!」な、あるあるをご紹介しますね。

アプリ上での難しい駆け引きあるある

多くの男性とつながれるアプリはお家時間が増えたいま、とても便利なツールですよね。しかし直接会うことがスタートだった男女の出会いのスタイルが変わり、男性へのアピールも少し変化している様子。ということで、「よかれと思ってやったことが裏目に出た」エピソードをさっそく見てみましょう。

褒めすぎてもうまくいかない

「仕事への情熱がすごい男性だったので、『彼の強みはここか!』と褒めまくったら、圧を感じたのかメッセージがこなくなった」(29歳女性)

▽ 彼の強みを見つけるまではよかったのですけどね。好意が伝わりすぎて、温度差を感じたのかもしれません。3回に1回はサラッと褒める、1度褒めた話は長く続けないなど、メリハリを付けるといいでしょう。

心を開きすぎてもフェードアウト

「異業種に転職したばかりで、まだ自信がなかったときに出会った男性。すごく褒めてくれる人だったので、『あなたのおかげで自信が持てました』『あなたが褒めてくれるので、毎日仕事が楽しいです』という文言を頻繁に送っていたら、音信不通に」(30歳女性)

▽ 「あなたが必要です感」が重たくなってしまったのでしょうか。もう少し距離が縮まっていて、男性が女性を追いかけ始めた頃であれば、効果はテキメンだったはず。シンプルなようで複雑な男心を、メッセージ上で瞬時に感じ取るのはなかなか至難の技ですね。

きっちり返信してもダメなときはダメ

「毎回しっかり長文を送ってくれるハイスペな男性。受け答えも丁寧だし、これは脈ありなのでは? と思い、わたしもきっちり返信。1日1回は必ず返すようにしていたのに、ある日からぱったりこなくなった」(27歳女性)

▽ どんなに丁寧に対応したとしても、アプリではメッセージがこなくなることは多いですよね。逆に気分で返していた方が続くこともあるくらい。力みすぎないくらいがちょうどいいのかもしれません。

お酒デートを断ったら即終了

「デートに誘われてOKしたものの、『お酒でも飲みながら語りたいですね』と男性から返信が。『車で行くから食事ならご一緒できます』と返したら、何も言われずに返信が途絶えた。こちらの都合も考慮してくれると思っただけに残念」(30歳女性)

▽ お酒が好きな男性なら、「飲まない女性は自分とは合わない」と思われたのかも。それかちょっと悪い方向に考えると、目的が恋愛ではなかった可能性もありますよね。なかには男性に会いたいがために無理をしてしまう女性もいると思いますが、彼女のように自分の都合は伝えるようにしましょう。

まとめ

今までは単純なテクニックで距離を縮められると思っていた男性が、それだけではうまくいかないことも増えているよう。テクニックに頼らない、バランスのいいコミュニケーション力が求められているのでしょうね。
あまりにも友達感覚では遊び目的に思われてしまいますが、男女を強く意識しすぎない方が、会話がスムーズに運ぶかもしれません。

元記事で読む