1. トップ
  2. 香取慎吾主演ドラマ「アノニマス」ポスタービジュアル解禁!第1話ゲストは松平健ら

香取慎吾主演ドラマ「アノニマス」ポスタービジュアル解禁!第1話ゲストは松平健ら

  • 2021.1.15
  • 194 views

1月25日(月)スタート、香取慎吾主演ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(毎週月曜夜10:00-10:54、テレビ東京系)のポスタービジュアルが完成。さらに、第1話ゲストが解禁となり、松平健、床嶋佳子、八木莉可子、中田青渚、山中崇が出演することが分かった。

【写真を見る】松平健、床嶋佳子ら5人が第1話にゲスト出演

同作は、社会問題となっているインターネットの誹謗(ひぼう)中傷問題に焦点を当て、“顔の見えない犯罪者=アノニマス”を捜査し見つけ出す新感覚クライムサスペンス。“キーボードによる殺人=指殺人”に対応するため、警視庁に新設された“指殺人対策室”を舞台に、ある事件をきっかけに捜査一課の第一線から外された主人公・万丞(香取)が、くせの強いメンバーと共に、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導く。

解禁されたポスタービジュアルは、SNSを象徴するスマートフォンの画面の中に、指殺人対策室のメンバーが配置されたドラマの内容をほうふつとさせるデザインに仕上がっている。

また、第1話でSNSでの誹謗中傷を苦に娘を失い、死に追いやった元凶を突き止めようとする真田光洋役を松平、光洋の妻・麻衣子役を床嶋、SNSによって死に追いやられる真田夫妻の娘・梢役を八木が演じる。

そして、その後事件に関わっていく岩永伸介役を山中、梢のモデル仲間の古賀有希役を中田が担当する。

真田光洋役・松平健コメント

インターネット社会の中で起こる犯罪については、私も日々心痛む思いです 。見えない犯罪者に家族を奪われる、その絶望と喪失を演じることで、この犯罪の脅威が鮮明に浮き出され正されたらと思います。

今回は、俳優としての香取慎吾さんとは 初めての共演、ずっとドラマでご一緒したいと思っていましたので、新年早々その夢がかないました。

真田麻衣子役・床嶋佳子コメント

今世の中のほとんどの人が何とかしなければと思いながら解決策を見つけられていない誹謗中傷による自殺問題。私はその自殺をした女性の母親の役を演じさせていただきます。正直今の私にこの役が演じられるのかと悩みました。しかし、いや演じなきゃいけない。演じさせていただきたいという熱い思いが込み上げてきました。どうぞ皆さんもこのドラマを通して感じてください。想像してください。お願いします。

真田梢役・八木莉可子コメント

実は大学の授業の一環としてSNSでの誹謗中傷や有名税についてのリポートを書いていました。SNSが人と人をつなぐ役割を担う今、真田梢役としてこのドラマに参加させていただけることはとても光栄でした。このドラマが、見てくださった方のSNSについて考えるきっかけとなるとうれしいです。

岩永伸介役・山中崇コメント

想像してほしい、顔の見えない言葉の持つ刃のような鋭さを、無責任な文字をいくら紡いでも自分自身の心の闇は決して解消されないことを。自分に潜む岩永に、あなたに潜む岩永にこのことを届けられたらと思います。

古賀有希役・中田青渚コメント

自分がたった何秒かで文字に起こした言葉が、相手にとってはずっと忘れることのできない重い言葉として残ってしまうのだということを、撮影を通して再認識しました。ネット社会に生きる私たちにとって切り離せない事柄がテーマとなっているドラマなので、ぜひたくさんの人に見ていただけるとうれしいです。

第1話(1月25日放送)あらすじ

警視庁はSNS等の誹謗中傷の撲滅を目指し市民からの相談に乗る専門部署「指殺人対策室」=指対を新設。メンバーは万丞渉(香取)をはじめ、一癖も二癖もある変わり者ばかり。

そんな折、誹謗中傷を苦に自殺したモデルの真田梢(八木)の両親(松平、床嶋)が訪れ、匿名の人間たちの心ない言葉に娘は殺されたと涙ながらに訴える。それを聞いた新人刑事の碓氷(関水渚)は「絶対に犯人を逮捕してみせます!」と約束してしまう。

元記事で読む
の記事をもっとみる