1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【心理テスト】大きな陥没が見つかった場所でわかる、あなたが本当は怖いと思っていること

【心理テスト】大きな陥没が見つかった場所でわかる、あなたが本当は怖いと思っていること

  • 2021.1.15
  • 22340 views

生きていれば、うれしいこともあり、恐怖を感じることもあります。お化けやゾンビなどわかりやすい恐怖の対象もありますが、そうではなく、毎日の生活であなたが怖いと思っていることは何でしょうか? 心理テストで診断してみましょう。

【質問】
大きな陥没が見つかったというニュース映像が流れました。それはどこ?

A:住宅街
B:線路
C:テーマパーク
D:公園

あなたはどれを選びましたか? さっそく結果をみてみましょう。

【診断できること】
「本当は怖いこと」
陥没によってできた大きな穴は、あなたの本能的な恐怖を象徴しています。どこで見つかったかによって、実はあなたが怖いと思っていることがわかるのです。

■A:住宅街……人が怖い
多くの人が住む住宅街を選んだあなた。本当は人が怖いのでしょう。相手の気持ちがわからない、変だと思われたらどうしようと、人付き合いにおいて、いろいろなことを考えてしまうのです。また、トラウマから、人と向き合うことに恐怖を覚えるのかもしれません。しかし、人間関係を構築するのに恐怖心を抱えたままでは、虚しいものになってしまいます。恐れず向き合う勇気が必要です。

■B:線路……新しいことが怖い
電車を目的地へと運んでくれる線路。これを選んだあなたは、新しいことに対して恐怖を抱くタイプです。何食わぬ顔で新しいことを始めますが、内心は怖くて仕方がありません。本当にうまくいくのか、失敗しないかと、心の中ではさまざまな不安が渦巻いているのでしょう。ただ、その恐怖を乗り越えれば、自身の成長につながるはずです。新たな発見や喜びもあるでしょう。

■C:テーマパーク……恋愛が怖い
恋愛や甘い思い出の象徴であるテーマパーク。これを選んだあなたは、恋愛が怖いのでしょう。恋をすることによって自分を見失い、感情をコントロールできなくなることを恐れています。そのため、好きな人ができても恋愛に発展しないよう、無意識に距離を置いてしまったりするのでは? 恋はあなたが思っているほど怖いものではありません。一歩踏み出してみましょう。

■D:公園……休むことが怖い
休息を意味する公園を選んだあなた。休むことを恐れているようです。休んでしまったら誰かに迷惑をかけてしまうのではないか、自分が忘れられてしまうのではないかという恐怖があり、無理をして頑張ってしまうのでしょう。しかし、しっかりとした休息を取らなければ、あなた本来のパフォーマンスが発揮できません。休むことも仕事と考えれば、怖くはないはずです。

怖がっていることを知ることは、あなたの奥底にある苦手意識を知ることです。それを克服できたとき、さらに成長したあなたになれるでしょう。
(小林みなみ)
※画像出典/shutterstock

元記事で読む