1. トップ
  2. 『ラスト・フル・メジャー』場面写真公開 セバスチャン・スタンが空軍省のエリート職員に

『ラスト・フル・メジャー』場面写真公開 セバスチャン・スタンが空軍省のエリート職員に

  • 2021.1.15
  • 162 views
『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』(c)2019 LFM DISTRIBUTION, LLC

3月5日より公開されるセバスチャン・スタンの初主演映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』の場面写真が公開された。

リドリー・スコット監督作『白い嵐』の脚本で知られるトッド・ロビンソン監督のもと、クリストファー・プラマー、ウィリアム・ハート、サミュエル・L・ジャクソン、エド・ハリス、アリソン・スドル、ジェレミー・アーヴァインが集結した本作は、実話をもとにベトナム戦争の“知られざる英雄の真実”に迫る社会派作品。昨年8月に惜しまれながらこの世を去ったピーター・フォンダの演技が観られる最後の出演作品となっている。

公開された場面写真では、スタンをはじめ、プラマー、ハート、ジャクソン、ハリス、アーヴァインの作中での姿が切り取られている。『アベンジャーズ』シリーズのスタンが初主演作で演じるのは、国防総省空軍省のエリート職員ハフマン。1999年のある日、ベトナム戦争で60人以上の兵士たちを救出した空軍兵ピッツェンバーガー(ジェレミー・アーヴァイン)に授与されるはずの名誉勲章の調査を命じられる。30年以上前の調査に気乗りがしないハフマンだったが、共にヘリに搭乗したタリー(ウィリアム・ハート)や退役軍人たち、両親の証言を集め始める。

結婚するはずだった息子宛に届いた恋人からの手紙を今も大切にしている父フランク・ピッツェンバーガー(クリストファー・プラマー)は、「空軍兵の息子が陸軍の戦友たちのために命を落とした」ことが信じられないという。歩兵師団のビリー・トコダ(サミュエル・L・ジャクソン)は語ることはないとばかりにレコーダーを投げ捨ててしまう。1996年のベトナムで初めて敵と対峙したジミー・バー(ピーター・フォンダ)は、過酷な戦場でピッツェンバーガーに命を救われたが、帰国後重度の後遺症によって昼夜が逆転した生活を送る。スクールバスのボランティアをしている退役軍人モントーヤ(エド・ハリス)は、重い口を開こうとはしない。やがて、ベトナムで暮らすキーパー(ジョン・サヴェージ)が、戦場の真相を知る人物だという情報をキャッチ、空路ハノイへと飛ぶ。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む