1. トップ
  2. インテリア
  3. オリジナルディスプレイを楽しむ♪センス抜群の飾り棚実例をチェックしよう

オリジナルディスプレイを楽しむ♪センス抜群の飾り棚実例をチェックしよう

  • 2021.1.14
  • 2611 views

飾り棚にオリジナリティを

インテリアを楽しむためには欠かせないといっても過言ではない、飾り棚。お部屋のテイストに合わせて、自分なりのおしゃれを楽しみたいものですよね。

今回は、参考になる素敵な飾り棚のディスプレイ実例をいくつかピックアップ。様々なテイストのものを順番にご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

参考にしたい!素敵な飾り棚のディスプレイ実例10選

モノトーンでまとめて

真っ白いペイントの棚には、モノトーンカラーのアイテムをチョイス。

白黒だけでなく、間にグレーを挟むことで雰囲気が柔らかくなりますよ。また差し色にプラスするなら、グリーンがおすすめ。

イキイキとした爽やかなグリーンは、シンプルな空間の良いアクセントになります。

古い棚を北欧テイストにDIY

昔ながらの棚をシンプルな見た目にDIYしたものです。背面の板には後ろの壁と同じ壁紙を貼ることで、抜け感のある雰囲気に。

また、ディスプレイ用の雑貨は北欧テイストのものをチョイスしています。

北欧発信のブランドをチョイスすることで、棚全体の雰囲気も北欧風に仕上がりますよ。

アイテムのテイストを揃えよう

飾るアイテムのテイストを揃えることで、まとまりのあるディスプレイスペースが出来上がります。

こちらは、白を基調とした爽やかな雰囲気のナチュラルインテリアです。

所々にグリーンを取り入れることで、よりナチュラルな雰囲気に仕上がっていますね。グリーンはフェイクのものでもOKです。

お気に入りをパネルにしてみよう

お気に入りのイラストやポスターなどのデザインを額縁に入れて、オリジナルのパネルを作ってみましょう。

こちらは、北欧テイストのイラストを使ったものです。

ナチュルラルカラーのアイテムと組み合わせることで、優しい印象のコーディネートに仕上がりますよ。グリーンをプラスするのもおすすめです。

壁面収納をおしゃれにコーディネート

壁全体を使って収納する壁面収納は、インテリアをおしゃれにしてくれるアイテムでもあります。

お部屋のテイストに合った雑貨をバランスよく飾ったり、ごちゃごちゃし過ぎないように調節しましょう。

色合いを揃えるだけでもスッキリして見えますよ。こちらの実例は、シックなナチュラルインテリアです。

デスクスペースもキュートに演出

作業するためのデスクスペースも、ちょっとしたディスプレイスペースがあるとおしゃれな空間に。

こちらの実例は、優しいナチュラルカラーを基調として、パステルピンクや北欧テイストの雑貨をプラス。

ふんわりと優しい雰囲気に仕上がっていますね。デスク周りはスッキリさせておくのがおすすめです。

シンプルなディスディスプレイを楽しむ

シンプルな小物を、空間を開けてディスプレイしたものです。

もの同士の間隔を開けてディスプレイすることで、スッキリとシンプルな印象にまとまりますよ。

小物類はナチュラルなデザインを選ぶと、よりシンプルに仕上がります。

差し色になるようなアイテムが一つあると、メリハリのあるコーディネートに。

お気に入りの小物を飾るコーナー

小さくてシンプルな壁付タイプは、小物のディスプレイにおすすめです。まっ白な壁には、良く馴染む木製素材がベター。

ナチュラルで明るい印象に仕上がりますよ。グリーンやフラワーなどを一緒に飾ることで、より目に留まりやすい空間に。

お気に入りの雑貨を素敵に飾ってみましょう。

背面のカラーが引き立てる

落ち着いたダークカラーの壁紙は、アンティークなデザインのアイテムとベストマッチ。

海外風のインテリアを取り入れたい場合にも、おすすめの実例です。

アンティークテイストのインテリアには、生のグリーンよりもドライなものが良く合います。

お好みのデザインをチョイスして品良くまとめてみましょう。

アンティーククラシックがかっこいい

アンティークでクラシックな雰囲気にまとめた、おしゃれなディスプレイスペースです。生花の優しいカラーが、良いアクセントになっていますね。

落ち着いた雰囲気に馴染む、品の良い花を取り入れるのがおすすめですよ。海外風の雰囲気を出したい時にもおすすめのテイストです。

素敵な棚ディスプレイで毎日を楽しく♪

素敵な飾り棚のディスプレイ実例をご紹介しました。好みのデザインはありましたか?どの実例も、お部屋のテイストに合わせ、小物選びもチグハグにならないように工夫されています。

色合いやテイストを合わせることで、まとまりのある空間に仕上がりますよ。自分の理想とする空間を思い浮かべながら、アイテムを選ぶようにしましょう。

元記事で読む