1. トップ
  2. 弘中アナの初フォトエッセイ2月発売、表紙は「純度100%」な笑顔

弘中アナの初フォトエッセイ2月発売、表紙は「純度100%」な笑顔

  • 2021.1.14
  • 747 views

テレビ朝日の人気アナウンサー・弘中綾香さんの初著書『弘中綾香の純度100%』(マガジンハウス)が、2021年2月12日に発売予定だ。先日、SNS上でフォロワーを対象に表紙の写真を決める投票が行われ、弘中さん公式アカウントのアイコン画像にも使われているカットが選ばれた。

表紙に決まったカットは、弘中さんらしい満面の笑顔がまぶしく、タイトルのイメージにぴったりだ。

内容は、雑誌「Hanako」の公式ウェブメディア「Hanako.tokyo」で2019年5月から掲載中の同名連載に、書籍オリジナルコンテンツを加えたものだ。30歳の誕生日を迎える弘中さんが、全編自身の言葉で書き綴る「いま」(29歳)と「これから」(30歳)の2つのパートで構成されている。

本書には連載時に入りきらなかった未公開写真を多数掲載。ほかに書籍化にあたり撮り下ろした写真もある。「もしアナウンサーになっていなかったら」というテーマで撮影した、4つの職業イメージフォトは本書でしか見られないスペシャルカットだ。

また、弘中さん自身が直接会って話を聞きたかったという3名の著名人、作家の林真理子さん、テレビ朝日エグゼクティブプロデューサーの加地倫三さん、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭さんとの対談企画もある。

弘中さん自らがインタビュアーとなり、30歳からの生き方、働き方、進むべき道について話を聞き、その感想を書きおろしエッセイとして掲載した。

弘中さんをもっとよく知りたいという人だけでなく、同年代で生き方や働き方を見つめなおしたいと思っている人にも参考になりそうだ。

元記事で読む