1. トップ
  2. レシピ
  3. 具だくさんだから一皿で栄養満点!簡単!おかずスープレシピ3選

具だくさんだから一皿で栄養満点!簡単!おかずスープレシピ3選

  • 2021.1.14
  • 2522 views

フードコーディネーター・スパイス香辛料アドバイザーの笠原知子です。冷え込む毎日。冬は温かい料理がごちそうですよね。今回は、おかずにもなる具だくさんなスープを作りました。何品も料理を作らなくてもスープ一品で栄養が整います。あとはご飯やパンがあれば、すぐいただきますができますよ!

このレシピを試すのにかかる時間

  • 落とし卵がとろり。厚揚げと豚肉のピリ辛スープ 15分
  • チーズがとろける鶏肉とじゃがいものトマトスープ 15分
  • 生姜でぽかぽか。大豆と豆乳の豆&豆スープ 10分

落とし卵がとろり♪厚揚げと豚肉のピリ辛スープ

michill

豚肉だけでなく、厚揚げを入れたボリューム―たっぷりのスープは、キムチを入れてピリ辛味。キムチからいい味がでるので、少ない材料でもコクのあるスープになります。

仕上げに卵をぽとんと落とせば、とろける卵黄もいいハーモニーです。

材料(2人分)

厚揚げ 1枚(150gの絹揚げを使いました。)

豚こま肉 100g

玉ねぎ 1/3個

キムチ 120g

ごま油 大さじ1/2

料理酒 大さじ1

鶏がらスープの素 大さじ1/2

味噌 小さじ2

水 400ml

卵 2個

青ねぎ 適量

作り方

① 厚揚げ、豚こま肉は一口大に切る。玉ねぎは串切りにする。

② 鍋にごま油を入れて、厚揚げ、豚こま肉と玉ねぎを入れて炒め、キムチを入れてさらに炒める。

③ 料理酒、水、鶏がらスープの素を入れて蓋をし、沸騰したら味噌を入れて4~5分位煮る。

④ 生卵を入れ、お好みの堅さになるまで煮る。

⑤ 卵を崩さないように盛り付け、お好みで青ねぎを散らす。

私は卵を入れて蓋をして2分加熱し、そのまま2分ほどおいて盛り付けました。この位の加熱時間だと、黄身がとろりと流れだす位の柔らかさです。

半熟にしたい場合は、もう少し長く加熱して、お好みの堅さに仕上げてください。

味噌は少なめに加えて味をみて量を調整してください。

チーズがとろける鶏肉とじゃがいものトマトスープ

michill

鶏肉とじゃがいもをごろりと入れたトマトスープに、チーズをとろり。食べ応えもあり、大満足!夕食にもおすすめです。

材料(2人分)

鶏もも肉 200g

じゃがいも 1個

玉ねぎ 1/2個

カットトマト缶 1/2缶

おろしにんにく 小さじ1/2

シュレッドチーズ 60g

顆粒コンソメ 大さじ1/2

オリーブオイル 大さじ1/2

水 300ml

塩 適量

黒胡椒 適量

パセリなど 適量

作り方

① 鶏もも肉は一口大に切る。じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、水にさらす。玉ねぎは1.5cmの角切りにする。

② 鍋にオリーブオイルを入れて鶏もも肉、じゃがいも、玉ねぎを炒める。おろしにんにく、カットトマト缶、水、顆粒コンソメを入れてじゃがいもが柔らかくなるまで煮る。塩で味を調える。

③ シュレッドチーズは電子レンジ(600w)で50秒ほど、柔らかくなるまで加熱する。

④ スープを器に盛り付けてチーズをのせ、黒胡椒を挽いてパセリなどを散らす。

チーズは鍋に直接入れて溶かしてもOK!カマンベールやモッツアレラでも。

生姜でぽかぽか!大豆と豆乳の豆&豆スープ

michill

大豆と豆乳の豆コンビで作るまろやかなスープに、おろし生姜をたっぷり入れてピリッと味を引き締めます。生姜効果でぽかぽかと身体も温まります。

材料(2~3人分)

ひき肉 100g

大豆 70g

玉ねぎ 1/2個

にんじん 50g

しいたけ 1枚

豆苗 1/6袋

生姜 1片

豆乳 200ml

水 200ml

鶏がらスープの素 大さじ1/2

味噌 小さじ2

サラダ油 大さじ1/2

ラー油 適量

作り方

① 玉ねぎ、にんじん、しいたけは1cm角に切る。生姜はすりおろす。豆苗は2cmに切る。

② 鍋にサラダ油を入れて火にかけ、玉ねぎ、にんじん、ひき肉、おろした生姜小さじ1を炒める。玉ねぎが透き通ってきたら、大豆、しいたけを入れて炒める。

③ 水、鶏がらスープの素を入れて蓋をし、煮立ってから3~4分加熱する。

④ 豆乳、味噌を入れて沸騰しないように温め、豆苗を入れてひと混ぜしたら火を止める。

⑤ 盛り付けてラー油、おろし生姜を添える。

味噌はお好みで量を加減してください。仕上げに加える生姜の量もお好みで。

栄養たっぷりの温かいスープ。寒い朝には、体にエンジンをかけてくれたり、寒い夜道歩いて帰宅した冷えた体を温めてくれたり。

具だくさんなスープ、日々の料理のバリエーションに加えていただけたらうれしいです。

元記事で読む