1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「!」が多い人はナルシスト!? LINEの文章でわかるカレの本性【恋占ニュース】

「!」が多い人はナルシスト!? LINEの文章でわかるカレの本性【恋占ニュース】

  • 2015.6.4
  • 14899 views

メールにLINE、SNS…などが定着した今、文字で何かを伝える機会のなんと多いこと!

直接会って話すよりもメールのほうが気楽、という人もいるかもしれませんね。

その一方で、文章力のある・なしに印象を左右され、リアルでの印象とLINEやSNSでの印象とのギャップが生まれてしまう…という困った現象が起きることもあるようです。

≪会うとガッカリなイケメン?≫

メールでは「すごく感じがいい」と思われていたのに、会ってみたら「え、意外と…」とガッカリな“メールイケメン(美人)”なんかはその好例。

文章力とまではいかなくても、よく使う絵文字や記号、改行の位置などで、その人の性格をイメージすることもありますよね。

例えば「!」を多用する人はテンション高め、とか。やたらと改行が多いと「かまってちゃん!?」なんて邪推してみたり。

こうした「文章の個性」はどんな性格や心理から来るものなのか、をリサーチしてみました!

≪「!」が多い人はナルシスト!?≫

アメリカの心理学者キャサリン・ディロン博士の研究によれば、手紙などに「!」を多用するのは「自分に自信があり、人から賞賛されたい願望が強い人」なんだとか。

特に、女性に多く見られる傾向があるそうです。

確かに、人の気を引きやすい「!」の記号。

これを使う時は、無意識のうちに「私を見て!」と思っているのかもしれません。

ナルシストかどうかは別として「!」がいっぱいついた文章を書く人には、多くの方が「元気」や「テンション高そう」など、感情が豊かでオープンな人、といったイメージを抱きやすいのかもしれません。

逆に少ない人は、理性的で落ち着いた印象。反面、普段は感情を抑えているけれど、怒らせると怖い人なのかも?なんて。

≪「…」や「。。。」は甘えん坊?≫

「…」や「。。」「。。。」は、文章に余韻を残すためによく使われます。

この言い切らない姿勢は、「みなまで言うな」「秘すれば花」という日本人的な美意識をも表しています。

見た目にも雰囲気が柔らかくなり、事務的・断定的な印象が薄くなるので、こちらも女性が使うことが多い記号です。

しかし、意地悪な見方をすれば

「全部言わなくてもわかるよね?察してよね」

という、上からかつ無責任な丸投げ発言とも受け取られかねません。

例えば

「好き!」と

「好き…」

の違いについて。

後者のほうが奥ゆかしい感じはしますが、「で?その先は?」と突っ込みたくなりませんか?

男性がなんとなく苛立つのは、こういうまどろっこしさが連続すること、なのかもしれません。

というのは言い過ぎでしょうか。

にしても、ちょっと乙女チックで頼りなげな雰囲気もありますから、多用はせずスパイス的にちょっと使えば、好印象を残せそうですね。

≪よく使う絵文字で本性がバレる≫

絵文字や顔文字は感情をダイレクトに伝えることができる便利なツール。

プライベートな関係では、絵文字を適度に使ったほうが好印象、とも言われています。

ビジネスシーンでは基本的には使えませんが、ちょっとしたお願いごとや謝罪の時など「使えたら便利なのに」と思う場面もあるのでは?

結婚・恋愛コンサルタントの橘つぐみさんによると、「キラキラマーク」をよく使う人は目立ちたがり屋で甘えん坊、「ニコニコマーク」は平和主義で無難路線、「ハートマーク」はラテン系。そして「アゲアゲマーク」を多用する人は、テンションが高そうに見えて意外と繊細で根暗なところがあるのだとか。

自分をどう見せたいかによって、絵文字を使い分けるのも楽しそうですね。

「絵文字のある・なし」や「スタンプの絵柄」に一喜一憂した経験がある、という男性は意外と多い模様。

文章力を磨くのも大切ですが、恋のチャンスのためには、まず手始めに絵文字や記号を使いこなして良い印象を与えることを、戦略の一つとして取り入れるのも良さそうです。

(文=石村佐和子)

元記事を読む