1. トップ
  2. ヘア
  3. 時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!

時短で華やか♡ 毛先の“ワンカール巻き”を徹底レクチャー!

  • 2021.1.14
  • 1910 views

「朝から、きちんと髪の毛を巻く時間がない!」……そんな時でも、何もしないで出掛けるわけにいかないのが、私たち女性の本音ですよね。

冬が深まるにつれ、髪の毛を縛るよりも下ろす機会が増えている人が多いでしょう。防寒にもなるうえに、モテる髪型でもある「ダウンスタイル」ですが、何もアレンジせずに下ろしているのはもったいない!と、筆者は思います。

そこで今回は、少しの手間をかけるだけで格段にオシャレに見えるコツを、時短美容協会でヘアアレンジを担当している筆者がご紹介しましょう。

ステップ1:髪の毛をブロッキングする

まずは、髪の毛をブロッキングして上下に分けます。 耳上の髪の毛と、それ以外の髪の毛とで分けるとやりやすいです。時短を目的としたヘアアレンジですので、きっちり分ける必要はありません。なんとなく、2つに分かれていればOKです。

まずは、上側の髪の毛をクリップやヘアゴムでまとめてください。この工程は、先に巻く下の髪の毛を巻きやすくするためです。慣れてくれば、ブロッキングしなくても綺麗にできるようになるため、さらに時短になりますよ。

ステップ2:後ろ髪を外ハネにする

ブロッキングした髪の毛のうち、下側の髪の毛を外ハネに巻いていきます。髪の毛が長くなればなるほど「この長さで、毛先を外ハネにするの?」と感じるかもしれませんが、思い切って外ハネにしてしまいましょう!

ちなみに、毛先に外ハネを入れるとボリュームが出るため、それだけで小顔効果が狙えます。また、髪の毛のボリューム不足に悩む女性にもおすすめのアレンジ。スタイリングに躍動感が生まれるので、垢抜けた印象を与えやすいのも、嬉しいですよね。

ステップ3:顔まわりの髪の毛を内巻きにする

1の工程でまとめた顔まわりの髪の毛をほどき、コテやアイロンを使って内巻きにしていきましょう。この時、すでに巻き終わっている後ろ髪が邪魔になってしまう人は、クリップなどでザクッと留めておくと綺麗に巻きやすいですよ。

ブロッキングした上の髪の毛を上手く巻くコツは、表面の髪の毛で覆い被せるイメージを持つことです。

コテで巻く場合は、コテの形に沿わせるイメージで。ストレートアイロンの場合は、髪の毛を挟んで形を作るのではなく、滑らせてワンカールを作るイメージで巻くと失敗が少なくなります。

最後に

毛先にボリュームを加える「ワンカール巻き」は、トレンドのシルエットが作りやすいだけでなく、傷んだ毛先をごまかせるスタイリングとしても重宝します。

巻き髪が苦手な人でも、ワンカールなら簡単に動きのある髪型を狙えるため、コテの初心者さんも、まずはここから始めてみるのがおすすめです。

簡単なのに、人と差がつくヘアアレンジ。まさに、時短美容なヘアスタイリングですよね。みなさんもぜひ、活用してくださいね。

<文・社)時短美容協会所属/鈴木友香>

(時短美容協会/一般社団法人)

元記事で読む
の記事をもっとみる