1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 冷蔵庫収納のアイテム活用術!便利でおしゃれなアイテムを使いこなそう♪

冷蔵庫収納のアイテム活用術!便利でおしゃれなアイテムを使いこなそう♪

  • 2021.1.14
  • 5067 views

冷蔵庫収納に使えるアイテムとは?

何も考えずに使っていると、どうしてもごちゃごちゃとしてきてしまう冷蔵庫。中を見られるのが怖い!という方も少なくはないはず。

そこで今回は、冷蔵庫収納に役立つアイテムや、アイテムを使った収納のコツを一挙大公開。実例を写真と合わせてご紹介していきます。どのアイテムも手軽に購入できるものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

冷蔵庫収納に使えるアイテムとは!?おすすめアイテム活用術10選!

ジップバッグに入れて冷蔵

ナッツやドライフルーツなど、パッケージのサイズやデザインが違うためにかさばりやすいアイテムは、おしゃれなデザインのジップバックに収納するのがおすすめ。

サイズが同じなので収納しやすく、見栄えも良いため一石二鳥。賞味期限や開封日をメモしておくと安心ですよ。

蓋付きのボックスを上手に活用

こちらの実例は、無印のメイクボックスを乾燥わかめやだしパックの収納用に活用したもの。

取り出しやすくするために、トレイに並べてから冷蔵庫に入れると、サッと引き出せるので便利です。

味噌汁を作るときの材料など、使うアイテムをまとめておくと使い勝手が良くなりますよ。

クラフトバッグでおしゃれに収納

100均でも購入できるクラフトバックを、野菜室の収納に活かした実例です。

コスパ良く手に入るアイテムですが、意外と収納力が高い点がおすすめですよ。普通の紙袋と違い強度もあるので、野菜の収納にはピッタリ。

サイズやデザインを変えて、わかりやすく収納しても便利ですよ。

密封容器で実用的に

小麦粉や片栗粉など、冷蔵庫に保存する際は専用の保存容器が必要ですね。密封することで鮮度も保ちやすくなるので、選ぶなら密封できるものがおすすめです。

デザインやサイズを揃えることで統一でき、見た目も美しく収納できます。わかりやすくラベルを貼って、見分けられるようにしておきましょう。

スクエアボックスで出し入れしやすく

100均で購入することのできるスクエアボックスは、冷蔵庫収納に活用するのがおすすめ。

サイズ感も丁度よく、引き出しのように引き出せるので、奥に入れたアイテムも取り出しやすいというメリットがあります。

また、見た目の面でもスッキリと収納でき、ラベルなどを貼ることでわかりやすくすることも可能。

パッケージが同じアイテムはまとめる

パッケージのサイズが同じアイテムは、実例のようにまとめて収納しておくと便利です。

収納スペースを有効に活用できるだけでなく、収納容器ごと取り出せるので出し入れも楽ちんに。

見栄えもよくなるので、冷蔵庫内をスッキリさせたい場合に使える活用法です。収納アイテムは100均や無印での調達がおすすめですよ。

収納容器にこだわる

とことん見栄えをよくしたい場合は、収納容器にこだわってみるのがおすすめです。

おしゃれなアイテムをチョイスしたり、タッパーなどは内側に目隠しペーパーを入れるなどの工夫でグッとおしゃれになりますよ。

使い勝手もよくするために、スペースは上手に使い切るのが鉄則。アイテムのサイズは良く考えて選びましょう。

片手で開閉できるアイテムがおすすめ

料理をしていると、どうしても手が塞がってしまうタイミングは良くあるもの。そんな時に片手で開閉できる保存容器は大変重宝します。

こちらの実例は、扉の収納に片手で開閉できる容器を採用。サッと取り出せる位置にセットするのもまた、使い勝手を良くする工夫の一つです。

タッパーに入れる時は小分けがベター

冷蔵庫や冷凍庫のタッパー収納は、中身を小分けにしておくととっても便利です。

一食分や一回の調理で使う量にあらかじめ分けておくだけで、調理の効率がグンとアップ。特に冷凍関係は、小分け保存が大変便利。

一度冷凍してしまうので、全部解凍しなくても分けられる保存法は衛生面でもメリットが多いものです。

調味料も詰め替え収納

それぞれサイズやデザインの違う容器に入った調味料は、冷蔵庫で保存する上でスペースの無駄使いに繋がります。

同じサイズのボトルに詰め替えておくことで収納しやすくなり、わかりやすくラベル表記しておけば使い勝手も良くなりますよ。

同じ場所にまとめて収納して置けるようになるので、出し入れも楽になります。

冷蔵庫収納に便利なアイテムを使いこなそう!

冷蔵庫収納に使える、便利なアイテムやそれらの使い方についてご紹介しました。ご紹介したほとんどのアイテムは、100均や無印など身近なお店で購入できるものばかりです。

基本的に購入するお店は一つに絞っておくと、商品サイズやデザインが統一できるので収納しやすくなります。気になったアイテムは、ぜひチェックしてみてくださいね。

元記事で読む