1. トップ
  2. 恋愛
  3. 1月後半(1/15~1/31)の恋愛運ランキング・1位のおとめ座はアクティブに

1月後半(1/15~1/31)の恋愛運ランキング・1位のおとめ座はアクティブに

  • 2021.1.14
  • 11893 views

恋愛だけに限らず、動きづらさを感じる人が多いかもしれません。

停滞感が漂うところより、スムーズに進展するところに注目したほうがいいですし、恋が行き詰まるなら、ほかのことに専念したほうが得るものは多いはず。

この時期は自分の運気を知って、どう動くのが最善か見定めることが大切です。

1月後半の運勢ランキングをまずは11位から見ていきましょう。

11位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

恋愛運の盛り上がりがひと段落する時期です。

自粛ムードが高まるせいもありますが、浮いた話に縁遠くなってしまいそう。

恋人募集中の人は「どこかにいい人いないかな?」と思うだけでなく、出会いにつながる具体的なアクションを起こすことが大切です。

好きな人がいる人は、交際中でも片思い中でも会話を途切れさせないようにしてみて。

彼との間にまだ少し距離があるならとくに、月末までスムーズな意思疎通ができるようにしておくと安心です。

10位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

この時期、想いをうまく表現できず苦戦しそうです。

好きな人へのアプローチや告白だけに限らず、ささいなことも「もっと良い言い方があったんじゃないか?」と思ってしまうはず。

でも、自分が心配するほど相手は気にしていないので、杞憂しすぎないように。

恋人募集中の人は、年収や仕事より好みと生活パターンが似ている男性を探すといいでしょう。

一緒にいて気を遣わない男友達を見直すのも、新しい恋を見つけるきっかけになりそうです。

9位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

仕事が忙しくなって、恋愛に時間と労力を割けなくなるかもしれません。

ただ、今は恋も仕事も全部取りするより仕事に専念したほうが良さそう。

人間性が磨かれて、内側からにじみ出るような魅力を手に入れるはずです。

月末は、「恋したいのにできない」というジレンマがピークに達するはず。交際中の人はマメにLINEして恋人と心が離れないように。

フリーの人は好きな人がいてもいなくても焦らないことが大切です。メンタルバランスをうまく取ってみて。

8位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

月末は恋がつまずきやすくなります。

友人や職場の人とはうまく付き合えるのですが、それだけに「手が出ない」「今は動けない」と一歩引いてしまいそう。

自分が遠慮しすぎているだけなのか、それとも今しばらくは様子見をするべきなのかはよく吟味しましょう。

1月末から2月にかけて恋愛運が少し停滞気味になるので、春まで待てない人はあきらめないで。

周りの空気を読みつつ行動したほうが良さそうです。

7位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

自分らしさが出やすくなる時期です。

モテを意識するより本音をアピールしたほうがうまくいくでしょう。

24日と25日はとくに遠慮しないでドンドン前に出るイメージで。

月末は、恋に大事なマイルストーンを置くことになりそうです。

ただ、それはまだ途中経過で最終結論ではない可能性があります。

「こんな状態には納得できない」と思うなら、次のゴールを決めて前に進むのみ。無理に現状を受け入れる必要はありません。

6位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

19日までは恋愛よりも仕事が充実しそうです。

好きな人が仕事関係者であれば自己アピールするのに良い時期ですし、恋人募集中なら今携わる業務をきっかけに新しい恋が見つかるかも。

交際中の人は忙しくなっても連絡をマメに取って、心が離れないようにしてください。

29日を境に恋の決着がつきやすくなります。ただ、少し損得勘定が働きすぎるかもしれません。

「私の判断は正しいのかな?」と感じたら、親しい友人に意見を求めると良さそうです。

5位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

色々と思うところはあっても運気の後押しが期待できる時期です。

世の中は自粛ムードですがあまり遠慮しないで。

好きな人に伝えたいこと、恋人と話し合いたいことは月末までにしておくといいでしょう。

29日をすぎると自分で結論を出すことになるはず。

周囲が何を言っても、世間が恋愛をどう語るとしても、「私はこうしたい」をつらぬくことが大事です。

4位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

19日までは自分らしく振る舞うことでうまくいきそうです。

魅力はグングン高まり、注目度もアップするので遠慮しないで堂々と過ごしてみて。

ただ、求めるものが何でも思いどおりに手に入るとは限りません。理想に執着しないほうがいいでしょう。

月末は、チャンスが舞い込んでくるものの、「思っていたのと違う」と戸惑う可能性があります。

スルーしたくなるかもしれませんが、キープしておいたほうがあとで得するはずです。

3位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

コミュニケーション運が良好です。

自粛ムードが高まり、対面で話す機会が限定されるかもしれませんがLINEや電話、アプリでのメッセージ交換を大切にしてみて。

1月後半は好きな人との関係を大胆に変えるとか、恋の可能性がなかった相手をドキドキさせるのも可能な時期です。

19日まではとくに受け身にならず、自分から声をかけるといいでしょう。

フリーの人は、普段顔を出さないようなところに出会いがありそうです。

オンラインイベントやリモート飲みには積極的に参加してみてください。

2位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

好きな人との関係を進めるなら19日までに。

出会いを求めるにしても早めのアクションが功を奏するでしょう。

友人や同僚を好きな人は、今までの関係を守ろうとしないほうが良さそう。

フラれて気まずくなるのを避けたいなら匂わせ告白がオススメ。「アナタの彼女になれたら幸せになれそう」と、遠回しの表現で彼の反応を見てください。

下旬に入ると、色気のないシチュエーションが出会いの穴場に。

フリーの人は仕事のオンライン会議、SNSでのやり取り、仲間内のリモート飲みに期待しましょう。

……ラストは1位と12位。12位は開運アドバイスも一緒にチェックしましょう。

1位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

運気の後押しが期待できる時期です。

自粛ムードが高まって積極的に動けないかもしれませんが、だからといって何もしないのはもったいないでしょう。

19日までは主体的に大胆に。停滞している恋は、根本からひっくり返すくらいのつもりで「今まで」にはこだわらないほうが良さそうです。

恋人同士になれるかどうかは、他愛ないコミュニケーションの積み重ねの先で判断できます。一発逆転を狙うより毎日の小さなアプローチを大切に。

12位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

今の年齢に見合った魅力を再確認するでしょう。

これまで「売り」としていた部分はもう、それほど使える武器ではないと気づくはず。

友人のほめ言葉や周囲が言うあなたのイメージに、今アピールするべき魅力が映し出されています。「そんなものが魅力?」と疑わず前向きに耳を傾けてみて。

月末からは背伸びしすぎたり、強引なアプローチをしたりするかもしれません。

自信が揺らぐので結果を焦らないほうがいいでしょう。大らかに構えて。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる