1. トップ
  2. ダイエット
  3. ぽっこり下腹とおさらば。均整のとれた【たるみのないお腹】へ導く簡単習慣

ぽっこり下腹とおさらば。均整のとれた【たるみのないお腹】へ導く簡単習慣

  • 2021.1.13
  • 24141 views

オンナらしいメリハリ感のある体をキープしていくためには、たるみのない均整のとれたお腹周りをキープことは欠かせません。でも、単に体重だけを落とすことに集中するだけではそれは叶わないのも事実。そこで習慣に採り入れたいのが、特にぽっこりしやすい下腹の引き締めに効く簡単エクササイズ【リバースクランチ】です。

リバースクランチ

リバースクランチは一般的な腹筋運動である「クランチ」の逆の動きをするエクササイズで、下腹部の方から動作が始まるので、特に「腹直筋」の下側を鍛えることができます。また、クランチとは異なり、腰を床に押し付けるような動作をしないので腰への負担が少ないのも魅力です。

(1)床に仰向けになって、脚を上げてひざを曲げる ※両腕は頭の後ろで組みます

ぽっこり下腹とおさらば。均整のとれた【たるみのないお腹】へ導く簡単習慣

(2)腰を浮かせて、息を吸いながら体を丸めるように両ひざを胸の方に動かしていく ※腹筋を使うことを意識して、体を曲げきったところで2〜3秒間、息を止めて腹筋を使った状態のまま静止します

ぽっこり下腹とおさらば。均整のとれた【たるみのないお腹】へ導く簡単習慣

(3)腹筋に力を入れたまま、息を吐きながらゆっくりと(1)の体勢に戻していく

これを“1日あたり1セット10回×2セットを目標”に行います。なお、“脚の動き”に意識が向いてしまいがちですが、あくまで腹筋運動。体幹の屈曲がポイントとなるので、腹筋の収縮や体幹を意識して実践することが効果を高めるポイントです。実践中は「なるべく腹筋の力を緩めない」「両ひざを離さないようにしながら動かす」ことを心がけ、「首に余計な負荷をかけない」ようにも注意しましょう。

普段の生活の中ではなかなか使うことのない下腹部の筋肉を集中的に強化できるリバースクランチは寝そべる場所さえあれば簡単に実践できます。きちんとしたやり方で取り組んで、細いお腹に整えていきましょうね。

元記事で読む