1. トップ
  2. ファッション
  3. セイコーウオッチ“桜”腕時計2021、桜の庭園で蝶が舞うダイヤル&煌めくダイヤ付きも

セイコーウオッチ“桜”腕時計2021、桜の庭園で蝶が舞うダイヤル&煌めくダイヤ付きも

  • 2021.1.13
  • 968 views

セイコーウオッチ“桜”腕時計2021、桜の庭園で蝶が舞うダイヤル&煌めくダイヤ付きも

セイコーウオッチ(SEIKO)の「セイコー ルキア」と「セイコーセレクション」から、桜モチーフの限定腕時計「2021 SAKURA Blooming」が登場。2021年2月6日(土)より数量限定で発売される。

www.fashion-press.net

2021年のテーマは“サクラガーデン”

毎年春に人気を集めている「SAKURA Blooming」限定シリーズに、2021年の新作モデル4型が登場。今年は“サクラガーデン”を共通テーマに、蝶が優雅に舞う、桜の庭園をダイヤル上で表現。また全モデル共通で、裏蓋とボックスに桜モチーフを施したスペシャル仕様となっている。

「セイコー ルキア」

満開の桜をイメージ

高機能を搭載し、心地良いデザインを提案する「セイコー ルキア」の注目は、ピンクのグラデーションが目を惹く、白蝶貝ダイヤルのソーラー電波時計。満開の桜をデザインしたダイヤルの下部には、7時の位置に蝶のモチーフをさり気なく飾っているのが特徴だ。

またスクエア型のスタイリッシュな表情ながら、ケースの上下には10石のダイヤモンドをセットしたことで、華やかな手元を演出してくれる。

桜の花びら&蝶が舞うダイヤル

より女性らしいデザインが好みの人は、ピンクゴールドカラーでケースとブレスレットを彩ったソーラー時計がおすすめ。柔らかな円を描くダイヤルには、穏やかな陽気の中で桜の花びらと蝶が舞う、ロマンティックな情景をデザインした。11か所にスワロフスキー・クリスタル、7時の位置には特別に桜色のスワロフスキー・クリスタルを配すなど、心ときめくディーテールもポイントだ。

「セイコーセレクション」

一方、機能・品質・デザインのトータルバランスを踏まえた腕時計を提案する「セイコーセレクション」からは、淡いピンクのダイヤルを採用した2型を展開。特にメタルバンドを採用したモデルは、桜の葉をイメージしたグリーンや、ピンクのスワロフスキー・クリスタルを散りばめた華やかな腕時計だ。オープンハート部からはメカニカルならではの“てんぷ”の動きを覗かせるなど、大人の遊び心もプラスしている。

詳細

「2021 SAKURA Blooming」<数量限定>
発売日:2021年2月6日(土)
「セイコー ルキア」
・ソーラー電波(SSVW191) 110,000円(税込)<600本限定>
・ソーラー(SSVR138) 55,000円(税込)<800本限定>
「セイコーセレクション」
・メカニカル(SSDE014) 40,700円(税込)<600本限定>
・ソーラー(SWFA192) 33,000円(税込)<600本限定>
共通仕様:日常生活用強化防水(10気圧防水)

【問い合わせ先】
セイコーウオッチ(株) お客様相談室
TEL:0120-061-012

元記事で読む