1. トップ
  2. 深海生物を”見て食べて知る” サンシャイン水族館で「ゾクゾク深海生物2021」開催

深海生物を”見て食べて知る” サンシャイン水族館で「ゾクゾク深海生物2021」開催

  • 2021.1.13
  • 1081 views

東京・池袋のサンシャイン水族館では、2021年1月15日(金)~3月7日(日)の期間、深海生物に焦点を当てた人気イベント「ゾクゾク深海生物2021」を開催する。※サンシャイン水族館入場には日時指定WEBチケットの購入が必要。

【写真】見た目が強い…サンシャイン水族館オリジナル商品「アカザエビ ティーバッグ」がインパクトありすぎ

深海生物好きにはたまらない…サンシャイン水族館の恒例イベント!
深海生物好きにはたまらない…サンシャイン水族館の恒例イベント!

開催5回目となる今回は「見てなるほど!食べてなるほど!知ってなるほど!」をテーマに、恒例の深海生物の特別展示に加え、2020年国内初の孵化(ふか)事例となった深海魚ゾウギンザメの飼育記録を公開。さらに、サンシャイン水族館の深海調査・研究の様子が分かるコーナーや、バックヤードツアーなどのイベントも行う。

深海生物展示で生き物たちの魅力を発信!

人気のオオグソクムシも展示
人気のオオグソクムシも展示
アカザエビの特設水槽が登場!
アカザエビの特設水槽が登場!

深海生物は生息水温が低いため、影響が最も少ない冬にしか採集することができない。そこで、サンシャイン水族館では実際に飼育スタッフが深海生物の採集に挑戦。採れた生き物を館内の特設水槽で展示する。また今回は、日本近海の深海に生息するアカザエビに注目。生態解説や名前の由来、特徴などに特化した特設水槽も設置される。

水族館ではなかなか見られないゾウギンザメも要チェック
水族館ではなかなか見られないゾウギンザメも要チェック

そして、今回の企画では、館内で一般公開されている深海生物・ゾウギンザメについても詳しく紹介する。ゾウギンザメは、日本全国でも飼育している水族館がサンシャイン水族館を含め2館と、なかなかお目にかかれない貴重な生き物だそう。ここでは、2020年国内初の孵化事例となったゾウギンザメの赤ちゃんについて、担当飼育スタッフが書いた飼育記録の一部も公開する。

そのほか、サンシャイン水族館が研究調査で使用している水中ドローンの模型展示・解説パネル設置や、通常なかなか見ることができない貴重な深海生物の標本、深海生物写真の展示も実施。神秘的な深海生物について、さまざまな角度から知ることができる。

もっと“深く”深海を知る!!バックヤードツアー&クイズラリーも実施

深海について楽しく学べるバックヤードツアー
深海について楽しく学べるバックヤードツアー

イベント期間中は、深海にかかわる解説を直接聞くことができるバックヤードツアー(定員10名、500円)を毎日11時から開催。また、楽しみながら自然環境について学べる「ゾクゾク深海クイズラリー」も実施する。クイズラリーのテーマは「深海におけるゴミの問題」。館内で展開されるクイズをクリアし、キーワードを集めて得られた“答え”を水族館出口のスタッフに伝えると、本イベントオリジナルのノベルティがプレゼントされる(なくなり次第終了)。深海についてより深く知りたい人はチャレンジしてみよう。

オリジナル深海グッズはお土産におすすめ!

メンダコのかわいいフォルムにこだわった数量限定の「上生菓子 メンダコ」
メンダコのかわいいフォルムにこだわった数量限定の「上生菓子 メンダコ」

水族館のショップ アクアポケットでは、飼育スタッフ監修の本イベントオリジナル商品が期間限定で販売される。池袋の老舗和菓子店「三原堂」とコラボレーションしたオリジナル和菓子「上生菓子 メンダコ」(400円)は、メンダコのかわいいフォルムがユーモアたっぷり!数量限定でなくなり次第販売終了となるので、見つけたら即ゲットしたい。

【写真】見た目が強い…サンシャイン水族館オリジナル商品「アカザエビ ティーバッグ」がインパクトありすぎ
【写真】見た目が強い…サンシャイン水族館オリジナル商品「アカザエビ ティーバッグ」がインパクトありすぎ

そして、インパクト抜群のビジュアルが目を引く「アカザエビ ティーバッグ」(432円)は、アカザエビの細部までこだわって作られた白桃ルイボスティー。ユニークな見た目と上品な味わいが楽しいティータイムを演出してくれる。

つきじ植むら(サンシャインシティアルパレストラン3階)の「あんこう鍋」は寒い季節にぴったり
つきじ植むら(サンシャインシティアルパレストラン3階)の「あんこう鍋」は寒い季節にぴったり

盛りだくさんの内容で、深海生物好きな人ならぜひ訪れたい本イベント。イベント初日の1月15日(金)からは、サンシャインシティアルパレストラン3階「つきじ植むら」で、本イベントと連動した深海生物のメニューも販売される。水族館で深海生物を見学した後に、こちらも味わってみよう。

※画像はイメージ。状況により展示生物を含む内容・スケジュールが変更になる場合あり。

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる