1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【同棲の理想と現実の違い】性生活や日常は、実際どんな感じ?

【同棲の理想と現実の違い】性生活や日常は、実際どんな感じ?

  • 2021.1.13
  • 1094 views

恋人との付き合いが長くなってくると同棲を考える人も多くいるでしょう。

でも同棲って実際やってみるとかなり理想と現実に違いがあるんですよね。もちろん同棲初期はラブラブな生活ができるでしょう。

しかし重要なのは長く一緒に住んでいてどうなるかですよね。

なので今回は同棲歴4年の経験から、長期で同棲するとどのように生活が変化していくのか、理想と現実の違いをご紹介したいと思います!

楽しい毎日→急に暴言を吐いてしまう

同棲
出典:beauty-matome

仕方のないことなのですが同棲をしているとやっぱり恋人から家族的存在になってしまいがちなんですよね。

だから同棲初期は毎日四六時中楽しくても、半年1年と経ってくればたまには相手の存在が億劫になることもあります。

億劫になるだけならまだ良いのですが、残念ながらイライラしている日には無意識に八つ当たりをしてしまいます。

これはお互い様なので八つ当たりされることにも慣れてきますが、同棲生活をするなかで1番変化があるのがこのような感情面ですね。

家事の分担→得意なほうがやる

同棲
出典:beauty-matome

同棲をすると必ず問題となってるのが家事の分担です。

始めのうちはお互いが協力しあって不自由なく生活が回りますが、時間がたつとともにやりたくないことをやらなくなってくるんですよね。

よって自然と要領のいい側、いろんなことに気づく側が何かと担当が多くなりがちです。

どちらかに少しでもだらしなさがある場合は、はじめからきちんとルール化しておかないと慣れてきた頃にどちらかがストレスをためる羽目になるので要注意です。

毎日イチャイチャ→3ヶ月に1回

同棲
出典:beauty-matome

恋人が毎日隣で寝るという事は毎日営みをするチャンスがあるということになります。

毎日いちゃいちゃできるなんて最高!と思うかもしれませんが、そんなことをしているのもはじめのうちだけ。

もしくはそこまで回数が減らなくとも、興奮材料はかなり減ってしまうでしょう。

悲しいですが事実なので覚えておくといいかなと思います。

もちろん人それぞれというところはありますが、良くも悪くも距離が近くなってしまうのでカップル感は徐々に減りますね。

思っていたハッピーライフとは違うかもしれませんが、同棲が決して悪いというわけではありません。

上記の変化を理解したうえで幸せな毎日を過ごしていただければと思います。

元記事で読む