1. トップ
  2. ファッション
  3. おしゃれ見えする【ダウン】は、色と素材が決め手! ポイントは4つ

おしゃれ見えする【ダウン】は、色と素材が決め手! ポイントは4つ

  • 2021.1.13
  • 12456 views

カジュアルで女っぽく仕上がる【淡色ダウン】選び方4!

最近増えている、ダウンに見えないミニマルデザインに注目。留めるとボタンが見えなくなる比翼仕立てでシンプルを極めて。肩周りや袖などパーツごとにダウンの量を調整しているので着ぶくれず、タウンユースにぴったり。今っぽい淡色ダウンの選び方を紹介します。

ダウンコート¥68,000(ロフトラボ) ニット¥34,000(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈チノ〉) 中に着たシャツ¥28,000(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店〈ザ アカデミーニューヨーク〉) スカート¥18,000(ドレステリア 新宿店〈ドレステリア〉) バッグ¥49,000(ショールーム セッション〈MODERN WEAVING〉) 靴¥59,000(PIPPICHIC) イヤリング¥2,200(サンポークリエイト〈アネモネ〉)

POINT 1|オフホワイト~ベージュの淡色トーンできれいめに

クリーム、グレージュ、ミルクティベージュ…etc. そのマイルドな色味がスポーティな印象を和らげ、女っぽさを引き出してくれる。白は、ピュアホワイトよりもニュアンスがあるトーンのものを選ぶと、都会的な装いにもフィット。

POINT 2|Iラインを意識した着こなしでシュッとエレガントに

ダウンコートに手を出しにくい理由として多いのが、着ぶくれ。縦のラインを強調してくれるボトムを投入するとすっきりした印象に。タイトスカート×ロングブーツはおすすめの組み合わせ。

POINT 3|マットなテクスチャーが程よくカジュアルで今っぽい

ダウンコートの場合、光沢がある素材は、ゴージャスになりすぎてしまうので、なじみやすいマット素材を選んで。デザインもなるべくミニマルなものがベター。

POINT 4|着こなしやすいのはショート丈~膝丈

最近のダウンコートの主流は、バランスがとりやすい、膝丈あたりまで。さらに長くなってしまうと、エレガンスの要素が勝って老けた印象に。

●この特集で使用した商品の価格はすべて、本体(税抜)価格です。

2021年Oggi1月号「これから買うなら『淡色ダウン』が大本命」より
撮影/金谷章平 スタイリスト/高木千智 ヘア&メイク/MAKI モデル/飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/堀 由佳
再構成/Oggi.jp編集部

元記事で読む