1. トップ
  2. 『おちょやん』第28話では、千代(杉咲花)が正チャン役を演じるも客席まで声が届かず……

『おちょやん』第28話では、千代(杉咲花)が正チャン役を演じるも客席まで声が届かず……

  • 2021.1.12
  • 347 views
『おちょやん』写真提供=NHK

毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『おちょやん』。1月13日放送の第28話では、千代(杉咲花)が正チャン役を演じるも客席まで声が届かず……。

千代が千鳥(若村麻由美)が女優を志した理由を知った第27話。第28話では、千鳥一座『正チャンの冒険』上演の本番前日に清子(映美くらら)が足を怪我し、主役の正チャン役に千代が抜擢される。驚きあきれる千鳥は猛反対するが、千代も座員たちも、「楽しみに待つ客や子どもたちを裏切れない」と一歩も引かない。最後は千代の正チャン役で上演を決行する一座だったが、いざ稽古に入ると困ったことが起こる。千代の声が客席まで十分に届かず……。

本作は、女優の道を生き抜き、「大阪のお母さん」と呼ばれるようにまでなった、ひとりの女性の物語。主演の杉咲花のほか、若村麻由美、吉川愛、阿部純子、映美くらららがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)

元記事で読む