1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. あさひ「ENERSYScompact」 小型電動アシスト自転車

あさひ「ENERSYScompact」 小型電動アシスト自転車

  • 2021.1.11
  • 777 views
都心での使いやすさに特化した小型サイズの電動アシスト自転車

自転車専門店あさひ(大阪市)は、オリジナル電動アシスト自転車「ENERSYS compact(エナシスコンパクト)」を、2021年1月中旬に発売する。

都心部で利用しやすい

都心の暮らしでの使いやすさを考慮したという小型サイズの電動アシスト自転車。

これまでにも都心部ではタイヤや車体の小さい、コンパクトタイプの自転車が人気だったが、「長い距離を走ると疲れる」「坂道がつらい」「荷物が運べない」といった問題があったという。

同モデルは、全長約156センチ、高さは約99センチ。小さな車体やタイヤによる小回りの良さを活かしつつ、同社オリジナルのダイレクトドライブ方式のモーターユニット「PLUS-D」と、大容量バッテリーにより、パワフルなアシスト機能や快適な長距離(最長走行距離80キロ)・坂道走行を可能にした。また、スイッチパネルにはUSBポートを設置。ライトや携帯電話などへの充電も可能だ。

さらに、荷物がしっかりと収納できる大きな前バスケットと専用オプションリアキャリア(2200円・税込)をラインアップ。荷物を運ぶときにも頼れる1台になっている。

マットマスタード、マットカーキ、マットブラックの3カラーをラインアップ。

全国のサイクルベースあさひ、公式オンラインショップで取り扱う。

価格は9万9980円(税込)。

元記事で読む