1. トップ
  2. 恋愛
  3. 当てはまったら危険!?「別れた方がいいカップル」の特徴とは

当てはまったら危険!?「別れた方がいいカップル」の特徴とは

  • 2021.1.10
  • 11377 views

嫌いじゃないけど、好きでもない。かといって別れる明確な理由もない……。そんな風に思いながら彼氏と付き合っている女子は、案外多いのではないでしょうか。特に問題がなければ今の状態を続けていくこともアリですが、できる限り早く別れた方がいい場合があるのも事実。
そこで今回は、「別れた方がいいカップル」の特徴をご紹介したいと思います。もし1つでも当てはまるようなら、早めに別れを決断した方が自分のためかもしれません。

一緒にいても楽しくない

付き合っている期間が長くなれば、ときめきが消えるのは自然なことです。しかし、ときめきが消えたからといって、2人で一緒にいる時間が楽しくなくなるわけではありませんよね。
ときめきがなくなったとしても、価値観や性格が合えばどんな友達と一緒にいるよりも笑いや会話は絶えないはず。それにも関わらず、一緒にいても楽しいという感覚がないのであれば、付き合っている意味がないといっても過言ではありません。

惰性で付き合っている

好きでもないけど嫌いでもない。別れてもいいけど別れるのも面倒くさい。そんな気持ちを抱きながら惰性で付き合っているカップルは、別れた方がお互いのためかもしれません。まだ結婚もしていないうちから惰性で付き合う必要はありませんよね? 惰性で一緒にいては、お互いに幸せになるチャンスを奪い合っているのと同じです。

ケンカが多い

「ケンカするほど仲がいい」とは言いますが、会うたびに必ずケンカをし、そのたびに罵り合っているようであれば問題があります。2人とも短気なのか、それとも片方の気質が短気なせいか。原因はいろいろですが相性が悪いのは確か。
ケンカをすることで仲を深められると考えているかもしれませんが、幸せなカップルはそんなにケンカをしないものです。

生活習慣が違いすぎる

たとえば、お互いの仕事の時間があまりにも違ったり、食べ物の好みが全く違ったり。生活習慣が違うことがストレスになっているようであれば、それは危険信号です。生活習慣は努力だけで変えることは難しいもの。
長年勤めた会社を辞めるわけにもいかないし、嫌いな食べ物をいまさら好きになることはできませんよね。2人の関係を続けるためには、「好き」という気持ちと同じくらい、生活習慣が合うことは大切なことです。

結婚に対しての考えが違う

どちらかができる限り早く結婚をしたいと考えているにも関わらず、どちらかは結婚をする気がないという状態が長く続いているのであれば、早めに見切りをつけましょう。結婚をするかしないかは個人の自由ですが、付き合っているのであれば1人の問題ではなく、2人の問題。
あまりにも結婚に対しての考え方が違うようであれば、それは「生き方の違い」にもなるので、ズルズルと関係を長引かせてしまうとお互い後悔することになってしまいます。

まとめ

ハッキリとした原因がないと、つい別れを先延ばしにしてしまいたくなるかもしれませんが、先延ばしにすればするほどいい出会いのチャンスは消えていってしまいます。「もし別れたあとに別の相手が見つからなかったら……」という不安があったとしても、今の状態でいて幸せになれる保証もありません。自分にとって、後悔のない選択をしてくださいね。

元記事で読む