1. トップ
  2. 【難読漢字クイズ】全9問あなたはいくつ答えられる?

【難読漢字クイズ】全9問あなたはいくつ答えられる?

  • 2021.1.10
  • 4318 views

今回の難読漢字シリーズは全部で9個! どれも、わかると「スッキリ〜」な漢字ばかり。あなたは全問正解なるでしょうか? 是非チャレンジして見てください。

(1)「碌に」の読み方

「碌に」は、「ろくに」と読みます。 「碌に食べられない」「碌に眠れない」といったように、日常でもよく使う言葉ですよね。 ひらがなで表記されることが多いので、意外と難易度が高かったのではないでしょうか。

(2)「中る」と書いたとき、何と読むかわかりますか?

読み方の正解は「あたる」です。 「中る」には「的中する、命中する」という意味と「体にさわる、毒などを身に受ける」という意味があります。

(3)「谷まる」の読み方は?

「谷まる」は「きわまる」と読みます。 難しすぎます。

(4)「悄気る」の読み方

「悄気る」は「しょげる」と読みます。 漢字の雰囲気から、なんとなく読み方を想像できた方も多いかもしれませんね。

(5)「倦ねる」の読み方

「倦ねる」の読み方、正解は「あぐねる」です。 よく使われる「倦怠感」という単語の「倦(けん)」という漢字ですが、訓読みを知らなかった方も多いかもしれません。

(6)「丁る」の読み方は?

「丁る」の読み方は「あたる」です。 あまり見かけない言葉なので、正解できた方すごいです!

(7)「徒ならぬ」って読める?

「徒ならぬ」の読み方を知っている人はすくないです。 そうならぬ…?なんて読んでしまいたくなりますが違います! 「徒ならぬ」は「ただならぬ」と読むのが正解。

ちなみに「徒」だけだと何と読むのでしょうか。 「あだ」「いたずら」「かち」などの読み方があります。 「徒」にはいろんな読み方があるんですね。

(8)「翻す」の読み方

「翻す」、読めそうでなかなか読めないですね。 かえす、、なにか違う気がします。

正解は「ひるがえす」です。 「翻訳」など熟語として使うことはあっても、いざ読むとなると難しい漢字のひとつですね。

(9)「販ぐ」の読み方の正解は?

読み方の正解は「ひさぐ」です。 読めた人は素晴らしい! 「販」は中学生で学習し、漢字検定の4級で出題される漢字。 難しい漢字ではないのに、こんな読み方をするとは驚きますね。


いかがでしたか? 簡単な漢字だけど、読めそうで読めない「難読漢字」。 みなさんは何問正解できましたか? ぜひ、難読シリーズの他の記事もチェックしてみてください! (liBae編集部)

元記事で読む