1. トップ
  2. 綾瀬はるか「天国と地獄」でサイコパスな殺人鬼に「携帯の打ち方、話すテンポ感を意識」

綾瀬はるか「天国と地獄」でサイコパスな殺人鬼に「携帯の打ち方、話すテンポ感を意識」

  • 2021.1.10
  • 470 views
(左から)柄本佑、綾瀬はるか、高橋一生、北村一輝 (C)TBS
(左から)柄本佑、綾瀬はるか、高橋一生、北村一輝 (C)TBS

【写真を見る】幸せそうな笑顔を見せる高橋一生

1月19日(日)にスタートする日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系※初回は25分拡大)の制作発表会見が東京・阿佐ヶ谷神明宮で行われ、主演の綾瀬はるか、高橋一生、柄本佑、北村一輝が登壇した。

同作は、警視庁捜査第一課の刑事・望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋)の魂が入れ替わってしまう、“スイッチエンターテインメント”。脚本は、「JIN-仁-」(2009、2011年、TBS系)、「義母と娘のブルース」(2018年)など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子によるオリジナルストーリーだ。

日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」会見より (C)TBS
日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」会見より (C)TBS

男性としての芝居に挑む綾瀬は、「足を開いたり、組んだり、座り方を意識していますね。携帯の打ち方、話すテンポ感も意識してます」と役へのこだわりを告白。

一方の高橋は、「女性を演じさせていただくということが、僕にとってちょっとハードルが高い。しかも綾瀬さんのようなキュートな女性を演じるので、ちょっとやりすぎてしまうと反感を買いかねないと思ったので、針の穴に糸を通すかのように繊細に繊細に女性を演じようとは思っています」とコメント。

【写真を見る】幸せそうな笑顔を見せる高橋一生 (C)TBS
【写真を見る】幸せそうな笑顔を見せる高橋一生 (C)TBS

また、「今はなじみすぎてきちゃって。ちょっと過剰じゃないかなっていうくらいで、日常生活では内股で過ごしている。女性的になっている。綾瀬さんの日常的な動きを取り入れさせてもらっている。ふとみれば今も内股ですから(笑)」と足元を見せ、会場を和ませた。

柄本、高橋が綾瀬の表現力をアピール!

彩子(綾瀬)の家に居候中の、のんびり屋なフリーター・渡辺陸を演じる柄本は、「男性を演じられる綾瀬さんがこんなにかっこよくてたくましいんだって思ったら新しい一面が見れている気がします。ドラマを観てくれている方もそう見えるんじゃないでしょうか。自分のことでもないのになんか自信があります」とアピール。

「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に柄本佑は、「米を食べているときが一番幸せ」と、いつも2合ほど食べると明かした (C)TBS
「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に柄本佑は、「米を食べているときが一番幸せ」と、いつも2合ほど食べると明かした (C)TBS

高橋も、「日高が複雑な人間なんですよ。女性にスイッチしてから、女性であることを楽しんでいるという側面が出てくるんですね。そういった複雑なところも綾瀬さんが表現されているのでとっても面白いと思いますね」と太鼓判を押した。

「家へ帰ってお風呂に入ったときは天国」と話す綾瀬に対し、「僕もお風呂が天国だと言おうとしたので、綾瀬さんとだいぶスイッチできている。自信を持っていこうと思います」と高橋一生 (C)TBS
「家へ帰ってお風呂に入ったときは天国」と話す綾瀬に対し、「僕もお風呂が天国だと言おうとしたので、綾瀬さんとだいぶスイッチできている。自信を持っていこうと思います」と高橋一生 (C)TBS

綾瀬は、司会者から男性を演じることについて聞かれると、「普段はしない上目遣いをしたりして、最初は難しいなって思ってたんですけど、だんだん『こういう感じか!』って楽しめるようになってきました」と笑顔をみせた。

本作のタイトルにちなんだ「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に、綾瀬は「家へ帰ってお風呂に入ったときは天国。現場でも足湯たんぽで温まっています」とニッコリ (C)TBS
本作のタイトルにちなんだ「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に、綾瀬は「家へ帰ってお風呂に入ったときは天国。現場でも足湯たんぽで温まっています」とニッコリ (C)TBS

そんな綾瀬の先輩であり天敵・河原三雄を演じる北村は、自身の役について「いつも怒っている役で、笑うシーンがほぼ無いんです。僕のさわやかな笑顔を見せたい…(笑)」と冗談交じりに嘆き、会場を和ませた。

北村一輝は「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に、寒い日の早朝ロケの大変さを漏らした (C)TBS
北村一輝は「天国、または地獄だと思うことは?」との質問に、寒い日の早朝ロケの大変さを漏らした (C)TBS

最後に綾瀬は、「物語はサスペンスではありますが、男女が入れ替わることでコミカルな部分であったり、さまざまな謎が物語の要素に加わっていって、究極のスイッチエンターテインメントになっています。ぜひ見ていただきたいなと思います」と締めくくった。

日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」会見より (C)TBS
日曜劇場「天国と地獄 ~サイコな2人~」会見より (C)TBS
元記事で読む
の記事をもっとみる