1. トップ
  2. 浜野謙太と川栄李奈『ソウルフル・ワールド』で感じた人生のきらめきとは?

浜野謙太と川栄李奈『ソウルフル・ワールド』で感じた人生のきらめきとは?

  • 2021.1.10
  • 222 views

ディズニープラスで配信中のディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』で、日本版声優を務めた浜野謙太と川栄李奈を直撃。浜野は現在公開中の『魔女見習いをさがして』など、川栄は主演を務めた『きみと、波にのれたら』(19)などで、声優としてのスキルは実証済みだったが、今回も繊細な表現力で、役柄に息を吹き込んだ。

【写真を見る】人間として生まれる前の魂(ソウル)たちがいる世界とは?

『ソウルフル・ワールド』は、「トイ・ストーリー」シリーズや『インサイド・ヘッド』(15)を手掛けたピート・ドクター監督が、自身が子どもを授かった時に感じた想いをベースに、生まれる前の魂(ソウル)の世界を描いた感動のファンタジー・アドベンチャー。浜野は、ジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師のジョー役を、川栄は、人間に生まれたくないというこじらせソウルの女の子「22番」役を演じた。

ジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師のジョー役の声優を務めた浜野謙太 [c]2021 Disney/Pixar.
ジャズ・ミュージシャンを夢見る音楽教師のジョー役の声優を務めた浜野謙太 [c]2021 Disney/Pixar.

浜野は、ジョー役について「自分のことが描かれているのかと思うくらい、グサッと心に刺さりました」とかなり感情移入したようだ。「僕が感じたことって、果たして万人に届くのだろうかと思ったあとで、絶対に多くの人たちに届けられるよう、精一杯演じようという気持ちにもなりました」。

洋画アニメーションの吹替えは初挑戦となった浜野。英語版のジョー役を演じているのは『Ray/レイ』(04)などで知られるアカデミー賞俳優、ジェイミー・フォックスだが、「あのキャラクターは、ジェイミー・フォックスさんそのもので、ジェイミーさんの人柄が出ていたように思います」と受け止めた。

「これまでジェイミーさんの吹替えをどういう人がやっていたのかを調べてみたら、“イケボ”的な声優さんから、おっちゃんみたいな雰囲気で声を当てている人までいろいろといらっしゃったので、そこも研究したんです。でも、ステレオタイプの声よりは、いままでにない感じのほうがいいんじゃないかと考えつつ、ミュージシャンならではの深みも出せればいいなと思って挑みました」。

こじらせソウルの女の子「22 番」役を演じた川栄李奈 [c]2021 Disney/Pixar.
こじらせソウルの女の子「22 番」役を演じた川栄李奈 [c]2021 Disney/Pixar.

川栄は、22番について「常にだるそうな感じで、私を見ているみたい」という印象を持ったそう。

「私も家にいると『はいはい。次はこれをやりますよ』みたいに、投げやりな感じだし、あまり積極的じゃないところが自分と似ていると思いました。(吹替版の)音響監督からは、もう少し子どもっぽいテンションでと言われましたが、そこがけっこう難しかったです」。

「もっと一瞬一瞬の時間にこそ大切なものがあるんだなと」(浜野)

本作のメッセージが心に響いたという2人 [c]2021 Disney/Pixar.
本作のメッセージが心に響いたという2人 [c]2021 Disney/Pixar.

ソウルの世界では、人間として生まれる前の世界が描かれるが、川栄は「世界観が自然と受け入れられました。子どもが見てもわかりやすいし、親子さん的にも、そういうことを子どもに教えやすい世界観なんじゃないかとも思いました」と、親の目線でも本作を堪能した様子。

浜野も「僕も、ソウルの世界がとっても楽しそうだなと思いました。また、(ソウルの世界にいるカウンセラーの)ジェリーが話すウィットに富んだやり取りがおもしろかったです」とうなずく。

なにげない日常の豊かさについても描かれる本作。特に、世界中がコロナ禍にあるいまだからこそ、本作のメッセージはより一層心に響きそうだ。そんな2人はステイホーム期間中、どんなふうに過ごしたのだろうか。

【写真を見る】人間として生まれる前の魂(ソウル)たちがいる世界とは? [c]2021 Disney/Pixar.
【写真を見る】人間として生まれる前の魂(ソウル)たちがいる世界とは? [c]2021 Disney/Pixar.

浜野は「家で家族といましたが、ご飯を食べるくらいしか楽しみがなかった」と、その期間を振り返る。「僕だけではなくて、みんな仕事がなかったので、『仕事をしなきゃ』という焦りも感じなかったです。僕たち家族はベランダにシートを敷いて、毎日ピクニックをしていましたが、すごく楽しかったですね」。

川栄も「私もレジャーシートを敷いて、プールを出したり、そこで日焼けをしたりしていました」と話す。「普段ならお休みの日はどこかへ出かけようとするけれど、自粛中はお家でいかに楽しめるかということで、頻繁にスイーツを作ったりなんかして、時間がなければやらないことをして過ごしました」と、それぞれ工夫して、日常を楽しんでいた様子。

『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて独占配信中 [c]2021 Disney/Pixar.
『ソウルフル・ワールド』はディズニープラスにて独占配信中 [c]2021 Disney/Pixar.

また、本作で描かれる“人生のきらめき”というテーマについて、浜野は「生きる意味とか、人生の夢みたいなことを、言葉にして言うのは簡単だと思いますが、そういうわかりやすいものに注力しすぎると、生きる喜びや、楽しみそのものを忘れてしまう。そうじゃなくて、もっと一瞬一瞬の時間にこそ大切なものがあるんだなと。僕は40歳間近ですが、本当にそうだなと思いました」と、多くのものを受け取った様子。

川栄も「私もこの映画を観終わったあと、毎日の些細なことこそ本当に大切なんだなと思いました。また、周りにいる人たち、友達や家族に感謝したくなるような気持ちにもなれました」と、穏やかな笑顔でインタビューを締めくくってくれた。

取材・文/山崎伸子

元記事で読む