1. トップ
  2. 恋愛
  3. ゲームのほうが楽しい!? 恋愛に消極的な男性が増加している理由4つ

ゲームのほうが楽しい!? 恋愛に消極的な男性が増加している理由4つ

  • 2021.1.10
  • 3224 views

アラサーを過ぎると、「恋愛をする=結婚を前提に付き合う」ことになりますよね。家庭を持つことに憧れを抱く男性がいる一方で、恋愛に対して積極的になれない男性が急増しているようなのです。一体なぜなのでしょうか。今回は恋愛に消極的になってしまった男性に、その理由を聞いてみました!

男らしさを求められるから

「女性らしさのない女性に『もっと男らしくないとなぁ』と言われたことがあって、男らしさを追求したら自分らしさがなくなるし、でも男らしさがないと恋愛できないなら男らしさはなくてもいいやと思うようになりました」(30歳/飲食業/男性)

▽ 見た目の男らしさを求める女性もいますし、リードしてくれるような積極性や包容力による男らしさを求める女性もいます。男らしさを備えるのは大変ですが、身につけてみると案外自分を好きになれるかもしれません。

恋愛より楽しいと思うものが増えたから

「恋愛するより家でオンラインゲームをやっていたほうが楽しいし、自分の時間が足りないって思うくらい充実しているので、恋愛に気持ちが向かないです。仕事上自ら出会いを探しに行かないと恋愛は始まらないので、自分から行動を起こすのが面倒って思っちゃうんですよね」(33歳/公務員/男性)

▽ 楽しい、幸せだと思えることは恋愛だけではないですし、今の生活に満足できているなら自分の人生に恋愛がなくても充実していると胸を張って言えますよね。出会いを求めるのではなく、タイミングが合えば恋をするくらいのほうが負担はなくてラクなようです。

結婚にメリットを感じなくなったから

「正直そんなにお金があるわけじゃないし、子どもを作っても大変そうだなって思うんですよ。一人だと金銭的に余裕ができて生活も楽しいです。恋愛はしたいけど結婚となると一歩踏み出せないですね」(34歳/サービス業/男性)

▽ 結婚をして幸せな家庭を築くというビジョンが見えないようです。それこそいい人に出会って恋愛をすれば、結婚に対して前向きになれるかもしれませんが……。結婚をするとさまざまな責任がのしかかってくるので、男性にとってもハードルが高いですよね。

子育てが大変そうだから

「僕の友人が育児休暇を取っているんですけど、毎日本当に大変そうです。子どものお世話はもちろんしなきゃいけないし、奥さんのケアもしなきゃいけない。奥さんが大変だからその分自分も頑張らなきゃいけないって言っているけど、疲弊しているのを見て『僕にはできない』と思いました」(32歳/法務関係/男性)

▽ 最近は男性が育児休暇を取ることが増えてきましたよね。つきっきりで赤ちゃんのお世話をするとその大変さがわかりますし、育児疲れしている人を見ると一歩引いてしまうというのもわかる気がします。

まとめ

好きになれる人がいない、出会いがないという理由ではなく、「恋愛をする=結婚に繋がる」プレッシャーと、結婚という選択が自分の人生に合わないと思う男性が増えているんですね。結婚をしたい! と思える女性に出会えたら考えも変わるかもしれませんし、女性が積極的になればまた変わっていくのかもしれません。

元記事で読む