1. トップ
  2. 「高温期がない」ついに産婦人科へ、医師の診断は?【女医の妊活日記5】

「高温期がない」ついに産婦人科へ、医師の診断は?【女医の妊活日記5】

  • 2021.1.10
  • 25030 views

2018年2月生まれの男の子を育てる母であり、内科医として働くめぐさん。ブログ「なんちゃって女医の育児日記」のなかから、妊活日記をお届けします!

5話目の今回は、翌月も月経周期が短く、高温期(高温相)がなかっためぐさんは、ついに産婦人科を受診。


私はもともと月経困難症のため、低用量ピルを内服していましたが「無排卵性の月経異常も伴っているだろう」と言われていました。

無排卵性の月経異常は、挙児希望のない場合はホルモン剤(ピル等)、挙児希望のある場合は排卵誘発をして治療を試みるようです。(産婦人科ガイドラインより)

※挙児希望……出産を望むこと

そのため、結婚して挙児希望になった私は、排卵誘発をすることになったのです。


著者:イラストレーター めぐ

2018年2月生まれの男児育児中の一児の母。内科医として日々働きつつ、Instagram・ブログで育児絵日記を掲載中。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む