1. トップ
  2. ファッション
  3. 意外とジャケットにも合う!大人気「テディコート」着回しのヒント

意外とジャケットにも合う!大人気「テディコート」着回しのヒント

  • 2021.1.10
  • 9027 views

数年前から、世界中のファッション感度の高い女性たちに大人気のエコファーのコート。

インパクトあるもこもこ素材がたまらなく愛らしいものの、あのボリューム感に「背が高くないと無理…」と諦めてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、自分に合ったサイズを選べば、着膨れすることなく、さっと羽織るだけで今っぽく着映えます。さらに上品カラーをセレクトすることで、オンにもオフにも対応する、意外な着まわし力を発揮。

スタイリッシュなセレブたちの着こなしを参考に、この冬ぜひトライしてみては?

■1:タマラ・カリニックは…グレージュトーンでまとめたオンスタイル

大人コーデ_1,冬コーデ_1,セレブ_1,コート_1
パンツの丈はかなり長いものの、全体を同じトーンでまとめたことですっきりとした印象に。

インフルエンサーのタマラ・カリニックが合わせていたのは、きちんと感あるベージュのセットアップ。

ダブルのジャケットながら、ドロップショルダーのゆったりしたデザインのエコファーコートで袖がもたつかず、もこもこの質感がクールなスーツスタイルに柔らかさをプラスしています。

コロンとしたシェイプが愛らしいバッグでフェミニンな品格を添えて。

■2:マンディ・ボークは…デニム&ニットの休日カジュアルをグレードアップ

大人コーデ_2,冬コーデ_2,コート_2,スニーカー_1,セレブ_2
足元の豹柄スニーカーがシャープな切れ味を加味しています。

モデルのマンディ・ボークはグレージュのコートと同系色のタートルニットにスキニーデニムを合わせた着心地の良さそうな休日カジュアルを見せてくれました。

柔らかな色合いのコート&ニットに、斜めがけしたバッグがリッチ感を高めるアクセントに。

足元にはスニーカーを合わせたことで、抜け感が生まれ、旬のこなれバランスを完成しています。

■3:マンディ・ボークは…ブラックのワントーンコーデで印象チェンジ

大人コーデ_3,冬コーデ_3,コート_3,セレブ_3
手にした刺繍のバッグが2トーンコーデのアクセントに。

マンディ・ボークは同じコートをなかに合わせるアイテムで、全く違う印象にチェンジしていました。

この日はブラックのタートルニットにスキニーデニム、足元にチャンキーチェーンがラグジュアリーな雰囲気のブーツを合わせて、オールブラックで。

シックで洗練されたコーディネートが、トレンド感あるコートの魅力を存分に際立たせています。

テディベアコートは、意外とインを選ばず、合わせるカラーやアイテムによって「すっきり見え」や印象チェンジを叶える、意外な「着回し力」があることが判りました。

旬のムードまとえるだけでなく、軽くてとても暖かいので、一度着たら手放せないかも?! 寒さが厳しいという今年の冬、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

元記事で読む