1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 寝室を広く見せるなら【ローベッド】がおすすめ♪おしゃれな寝室インテリアを紹介

寝室を広く見せるなら【ローベッド】がおすすめ♪おしゃれな寝室インテリアを紹介

  • 2021.1.9
  • 6674 views

ローベッドは部屋が広く見える♪

寝室がそこまで広くない、できるだけ部屋をすっきり見せたい方は、高さの低いローベッドを取り入れるのがおすすめです。

ローベッドは一人暮らしのお部屋にもぴったりですよ。今回はローベッドを取り入れたおしゃれな寝室インテリアを紹介させていただきます。

ローベッドを取り入れた寝室インテリア

パレットベッドでおしゃれに

こちらの寝室はパレットベッドを取り入れていて、とてもおしゃれな空間になっていますね。

すのこのような形状になっているので、ベッドの通気性もばっちりです。おしゃれで実用性もあるなんてパレットベッドは最強ですね。

海外インテリア風に

同じくパレットベッドを取り入れているのですが、ホワイトの塗装がシャビーシックな雰囲気で海外のような雰囲気になっていますね。

同じパレットベッドでも土台の色が変わると、お部屋の雰囲気もガラッと変わります。

一人暮らしのお部屋にもおすすめ

こちらは一人暮らしのお部屋なのですが、かなりロータイプのベッドを取り入れていますね。

部屋の大きさも限られているので、できるだけ圧迫感を与えずにベッドを置けます。

ベッドを窓際に置かれていますが、高さが低いので窓からたくさん光が入り込みますね。

ホテルライクな雰囲気に

寝室に置くベッドの台数が多いと、その分部屋も窮屈に見えてしまいがちです。

あまり高さのないベッドを取り入れることで、圧迫感がなくすっきりして見えますね。

モノトーンカラーでまとまった寝室は、とてもシックでホテルライクな雰囲気が出ています。

子供がいる家庭にもおすすめ

ロータイプのベッドは小さな子供がいるご家庭にもおすすめのアイテムです。

ベッド同士を並べて置いても部屋が狭く見えませんし、むしろすっきり解放感たっぷりで素敵ですね。

落ち着いたブラウンのベッドフレームは、落ち着いた雰囲気をつくってくれます。

ヘッドボードをDIY

こちらのベッドは市販のベッドフレームに、手作りのヘッドボードを合わせているそうです。ヘッドボードがあるだけで、ぐっと引き締まって見えますね。

木の質感がそのまま残っているので、ナチュラルで温かみのある空間になります。

すっきりシンプルな寝室

ヘッドボードのないロータイプのベッドフレームにマットレスを置いたシンプルな寝室は、すっきりして見えますね。

ベッドがシンプルな分天然素材のラグを敷いたり、おしゃれなサイドテーブルを置いたりと、海外のような雰囲気がとても素敵です。

小物使いが素敵な寝室

こちらの寝室もヘッドボードがついていないタイプのシンプルなベッドですが、その分サイドテーブルを置いたりテーブルランプを取り入れておしゃれな空間をつくられています。

テーブルランプが入ると、とても素敵な雰囲気になりますね。

脚を外してロータイプに

こちらの寝室はベッドの脚を外しているので、かなり低めのローベッドになっていますね。

ベンチやトルソー、観葉植物などを取り入れる小物使いがとても素敵で、まるで海外のような素敵な空間になっています。

子供部屋にもおすすめ

子供部屋はそこまで広くない場合が多いので、ベッドを置く場合にはロータイプがおすすめです。

寝相が悪くて心配……という場合でも、ロータイプの方が安心できますよね。マットレスの厚みによって高さも変えられます。

ローベッドですっきり寝室を♪

今回はローベッドを取り入れているおしゃれな寝室インテリアを紹介させていただきましたが、ローベッドはお部屋がすっきり見えますね。

これからベッドの購入を考えている方は、脚を付け替えられるベッドを選べば、ライフスタイルに合わせて調節できます。部屋を広く見せたい場合にはローベッドがおすすめです。

元記事で読む