1. トップ
  2. 紀行家・菅江真澄をテーマに旅と表現を現代美術で捉える、秋田県立近代美術館で「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」が開催中

紀行家・菅江真澄をテーマに旅と表現を現代美術で捉える、秋田県立近代美術館で「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」が開催中

  • 2021.1.9
  • 231 views

秋田県横手市の秋田県立近代美術館で、「旅と表現」を主題にした特別展「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」が3月7日(日)まで開催中。

【写真】疫病などの災いから人々を守る民間信仰の神様と、地域コミュニティの交わりを追う「秋田人形道祖神プロジェクト」

「旅と表現」を主題に7つのプロジェクトがひとつの展覧会にまとめられた「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」が開催中 写真は主催者提供
「旅と表現」を主題に7つのプロジェクトがひとつの展覧会にまとめられた「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」が開催中 写真は主催者提供

「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」では、江戸時代後期に東北全土を歩き、旅の中でさまざまな土地に滞在した菅江真澄(すがえますみ)がテーマの中心に。菅江真澄は、旅の過程において、それぞれの土地の文化習俗、風土、宗教や儀式、人々の生活の様子などを記録し続けた紀行家。

今回の特別展では、菅江真澄の描いた図絵を手掛かりに、菅江真澄をたどるプロジェクトを起点とし、現代のアーティストたちが制作した作品に加え、美術館や博物館の収蔵作品・資料なども公開。

起点となるプロジェクトでは、「菅江真澄遊覧記」のさまざまな写本や菅江真澄の言葉、菅江真澄に迫ったアーティストの作品、さらにはさまざまな芸術家が繰り返し描いた秋田の暮らしや風景を、テーマごとに時代や文脈を超えて展示。

【写真】疫病などの災いから人々を守る民間信仰の神様と、地域コミュニティの交わりを追う「秋田人形道祖神プロジェクト」 写真は主催者提供
【写真】疫病などの災いから人々を守る民間信仰の神様と、地域コミュニティの交わりを追う「秋田人形道祖神プロジェクト」 写真は主催者提供

さらに、人形道祖神(村境や道端にある、民間信仰の神様)をつくる地域のコミュニティやキーパーソンを紹介する「秋田人形道祖神プロジェクト」や、菅江真澄が描いた木を模写することを軸に、インスタレーション作品を制作した「移動とエコロジー」など、合計7つのプロジェクトが企画展内で展開されている。

「ARTS & ROUTES -あわいをたどる旅-」に足を運んでみよう。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】

屋内

【スタッフ対策】

手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客

【施設・会場内の対策】

窓口等に飛沫防止パーティション設置/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置

【来場者へのお願い】

三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限

※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

元記事で読む