1. トップ
  2. 馬場ふみか、神谷健太、HIROSHI、桜田通「3Bの恋人」で四角関係に「それぞれの関係性に注目してほしい」<インタビュー>

馬場ふみか、神谷健太、HIROSHI、桜田通「3Bの恋人」で四角関係に「それぞれの関係性に注目してほしい」<インタビュー>

  • 2021.1.9
  • 335 views

馬場ふみかが主演を務めるドラマ「3Bの恋人」(毎週土曜夜2:30-3:00、テレビ朝日ほか)が、2021年1月9日(土)にスタートする。同作は、累計900万PVを誇るLINEマンガの話題作「3Bの恋人~付き合ってはいけない職業男子との恋遊戯~」を原作に、LINEマンガ×ABCテレビによるオリジナル原作共同開発プロジェクトにより制作。“オトコ”を信用できない主人公・はると、美容師、バンドマン、バーテンダーの頭文字を取った通称「3B」との危険な恋を描く。

【写真を見る】馬場ふみかが“危険な3B”と恋に落ちるトリマー役に挑戦

WEBザテレビジョンでは、小林はる役の馬場ふみか、雨宮悠宇(ユウ)役の神谷健太、上野慎太郎役のHIROSHI(FIVE NEW OLD)、南世志(ヨシ)役の桜田通に、ドラマへの思いや共演者の印象、撮影現場でのエピソードを聞いた。

「周りの人たちに振り回されながら、成長していく女の子の物語」

――それぞれの役どころを教えてください。

馬場ふみか:はるはトリマーをやっている女の子なんですが、あることをきっかけに恋愛に臆病になってしまって、ひょんなことから「3B」と同居することになります。個性豊かで癖が強い周りの人たちに振り回されながら果たして恋愛できるのか。成長していく女の子の物語です。

神谷健太:ユウはバンドマンでとにかく女の人にだらしない。はるちゃんとそんなに絡むこともないのかなと思ったんですけど、台本を読むうちにどんどん関わっていくようになって。不器用なりの恋愛がたくさん詰まっていると思います。

HIROSHI:慎太郎は美容師で、スタイリストになるためにアシスタントとしてお店で修業中です。誰に対しても人当たりが良くて優しい子なんですが、そのせいでいろいろなトラブルが起きてしまいます。はるちゃんを通して、1人の人間として成長していくところが慎太郎の魅力かなと思います。

桜田通:バーテンダーのヨシは、口数が少なくて寡黙なんですが、はるに出会う以前のヨシは少し女性にだらしない部分もあったのではないかと解釈しています。物語の中では、今までの自分の恋愛ルールがはるには何も通用しないということに気が付きます。3人の中でも少し年齢が上の設定で、落ち着きがあり、ユウや慎太郎のことを弟のように思いながらも、3人ともはるのことを好きかもしれないと気付いてからは焦ります。みんなの夢や、やりたいことを客観的に見守りながらも、自分もはるにアプローチしていくという、僕にとっても難しい役どころでした。

「監督に怒られました(笑)。そのくらい仲がよかったです」

――役作りはどのようなことをされましたか?

馬場:トリマーの専門学校に行って、実際に使われている道具を使ったり、学校で飼っているワンちゃんの毛をカットさせていただいたり、はさみとプードルの人形を持ち帰って家でも練習したりしました。

神谷:初めてギターを触らせていただいたんですけど、撮影前もたくさん触って、撮影の合間もHIROSHIさんと通さんに教えてもらいながらずっと弾いていました。

HIROSHI:僕は、はさみを握るところからドライヤーのかけ方や所作まで、全て指導していただきました。ドラマの中でも、僕自身がスタイリストとして動くシーンが多くあったので、その都度イメージをお伝えしながら教わりました。普段はバンドマンなのでギターばかり練習しているんですけど、撮影中はずっとはさみとドライヤーを持っていましたね。

桜田:僕は、普段バーに行くことも少ないのですが、実際に撮影でお借りしたバーの店長さんに指導していただいて、撮影に入る前から道具の使い方を練習しに行ったり、スタッフさんにいただいたバーテンダーのセットで家でも練習をしたりしました。

――同世代の方が多かったと思いますが、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

馬場:3Bのみなさんと楽しく和気あいあいと撮影させていただきました。

桜田:いろいろ思い返すと、確かに最初は人見知りというのもあったけど、徐々に仲良くなっていきました。

HIROSHI:そういう意味ではペースは早かったですよね。

桜田:早いよね。彼(HIROSHI)は関西人なので。

HIROSHI:神戸なんです。

桜田:話しかければノッてくれる人たちが多かったし、メイクさんやスタッフさんもみんなすごく優しかったので。

馬場:スタッフさんも込みで。

桜田:一回、うるさすぎてブチ切れられました(笑)。

馬場:監督に怒られました(笑)。そのくらい仲がよかったです。

桜田:勘違いで、全然騒いでいなかったメイクさんが代表して怒られちゃって。

馬場:「あんな憎しみの目で見られたのは初めて」って(笑)。

HIROSHI:待ち時間に喋っていたら笑い声が大きくなっちゃって。あれは事故ですね。

憧れの“みんなの通様”!?

――はるがモテ期を迎えるお話ですが、皆さんの人生最大のモテ期またはモテエピソードなどがあれば教えてください。

神谷:保育園の時にめちゃくちゃモテました。かけっこがすごく速くて。

馬場:みんな好きになるやつだ。

神谷:「俺はモテるんだ」と自負したのは覚えてます(笑)。

桜田:僕は、その時は気が付かなかったんですけど、中学の時に意外とモテていたっていうのを、高校生になってから友達に言われたことがあります。実際に告白されたとかではないんですけど、体育の時間にバスケとかしているのを遠くから見ているだけで完結していたというのを聞いて、「本当それ!?」ってなりました。

馬場:すごい。憧れの“みんなの通様”だ。

桜田:あと、思い返せばずっと隣の席にいる女の子がいました。学級委員とかで席を自分の手で動かせたんだと思います(笑)。他の女の子が僕に気があるってなった時にその子のことをすごく詰めたって話を聞きました(笑)。仕事で学校に行けない時に、宿題から何から何まですぐに貸してくれたりして、僕からしたらすごくいい人で、優しいし仲のいい友達だったんですけど、その裏にはとんでもない憎悪劇が隠されていたという(笑)。

HIROSHI:モテ期ですか…異性へのモテではないんですけど、今のバンドを始める前に高校生の頃別のバンドをやっていて解散したんです。そのまま社会人になろうと思っていた時に、周りの方がすごく声を掛けてくれました。4バンドくらいから声を掛けていただいて、そこが一番モテ期だったかもしれないですね。

馬場:圧倒的に今かな(笑)!? でも、高1の時、入学式の日に、教室に3年生の先輩が来て「馬場ふみかどこ?」っていうのがありました。ランチホールで給食を食べている時とかもすごく先輩に囲まれたりしたのは、モテていたなと思いますね(笑)。

桜田:今のことも聞きたいよね。

馬場:今もモテますよそれは(笑)。

神谷:同性からもモテるイメージ。

馬場:いや、どうですかね。でも、モテます。分けてあげたいです(笑)。

――普段の馬場さんが恋に落ちるとしたら、3Bの中でどのキャラクターが理想ですか?

馬場:私、全員絶対に嫌なんですけど(笑)、強いて言うなら、ヨシさん。ユウほどやんちゃ感、俺様感がないし、慎ちゃんみたいなわんわん系も苦手なんですよ。よしよしするタイプではないので。そう考えるとヨシさんが一番大人だし優しいし、安定感があっていいかなと思います。

――ドラマの見どころを教えてください。

馬場:それぞれの関係性や、はるが恋愛に臆病なところからどのように脱していくのか、という部分に注目してほしいです。

HIROSHI:見てくださる方が「自分にも当てはまるな」という瞬間があると思うので、照らし合わせながら見ていただきたいです。今回初めて演技に挑戦しましたが、すごくいい経験でしたし、僕のバンド(FIVE NEW OLD)で主題歌を担当させていただいています。作品に寄り添った歌詞になっているので、主題歌にも注目して聴いていただけたらいいなと思います。

桜田:はるが共同生活をすることになる家に来るところから物語はスタートしますが、元々“3B”の3人は同居をしていたので、気心の知れた仲の良い3人を見てもらえると、より、それぞれの葛藤や、はるがいることによって変わる姿が楽しめると思います。自分が先に行動を起こさないと好きな人が取られてしまうかもしれない、という男性側の気持ちも含めて見応えのある作品になっていると思います。

元記事で読む