1. トップ
  2. 千葉進歩、中井和哉、鈴村健一が振り返る『銀魂』の15年間「真選組を、ファンの皆さんが愛してくれた」

千葉進歩、中井和哉、鈴村健一が振り返る『銀魂』の15年間「真選組を、ファンの皆さんが愛してくれた」

  • 2021.1.8
  • 498 views

アニメ「銀魂」シリーズが、公開中の『銀魂 THE FINAL』で15年の歴史に幕を下ろす。最後のバカ騒ぎが繰り広げられる本作は、笑いも感動も限界突破!ということで、MOVIE WALKER PRESSでは、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎役の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一ら真選組メンバーにインタビュー。本当のラストを迎える心境や、それぞれが思うアニメ「銀魂」らしさとは、さらに最後だから言っておきたい、万事屋メンバーへのメッセージを、たっぷりと語ってもらった。

【写真を見る】千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、真選組メンバー3名が15年間の“絆”を見せた、笑顔あふれるフォトセッション!

「真選組が3人一緒にアフレコできたのは、本当にありがたかったです」(千葉)

本作では、原作の最終盤部分が初めて映像化されている [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
本作では、原作の最終盤部分が初めて映像化されている [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

――アニメ「銀魂」が本当のラストにたどり着いた、いまの心境を教えてください。

千葉「ついに最後まで来たのかな“?”、という気持ちです(笑)。タイトルにFINALとあってもどこかもやもやしているというのが正直なところですが、確実にファンの方を裏切らないクオリティに仕上がっていると自信を持っています」

中井「うちの大将(千葉)は、もやもやしているようですが(笑)。原作が終わっていることは事実ですし、最後まで演じたい気持ちが強くあったので、映画という形で完結を迎えられたことはうれしく思います」

鈴村「こうやって取材を受けると最後まで来たなと実感が湧いてきます。前回の映画で終わるはずだったのが、ヒットしたおかげか『やっぱりやります』となって(笑)。15年変わらぬキャストでやれたのは、すばらしいことだと思っています。前作の収録後には、次に『銀魂』が始まることがあれば新キャストでやるだろうね、なんて話していましたから」

声優陣の真選組への深い想いが、キャラクターをさらに魅力的なものにした テレビアニメ「銀魂」より
声優陣の真選組への深い想いが、キャラクターをさらに魅力的なものにした テレビアニメ「銀魂」より

――久しぶりのアフレコはいかがでしたか。

千葉「みんなで集まって収録というのが難しいなか、真選組が3人一緒にアフレコできたのは本当にありがたかったです。『山崎、(一緒にアフレコできなくて)ごめんな(笑)』ってことだけは言っておきたいです。今回はこの3人がセットで万事屋をバックアップするという描かれ方だったので、一緒に録れたのは安心材料ですし、やっぱり収録はいつも通り楽しかったです」

中井「我々真選組の場合、“久しぶり”は怖くありません。テレビシリーズでも、全然呼ばれないってことはよくありましたから(笑)。たまに呼ばれたと思ったら異常に台詞が多いっていうパターンもあったりして。

おかげさまで『銀魂』は大人気シリーズなので、アニメがなくても演じる機会は結構ありました。いろんなところで節操なくコラボしていますからね(笑)。僕も3人で一緒にできたのはすごくうれしかったのですが、やっぱり山崎がいないと…と思ったので、ここはぜひ書いてください。4人がいい!って」

鈴村「アフレコはもちろん楽しかったのですが、ちょっと寂しい気持ちもありました。収録が終わったときに、これが最後だなと少しだけセンチメンタルな気分でスタッフさんに挨拶に行ったら、まだdTV(『銀魂 THE SEMI FINAL』)の収録が残っていたので『いや、まだ2本あるんで』と、いつものノリで返されました。とりあえずでも僕のテンションに合わせて『お疲れ様でした』とならないのが、『銀魂』らしいと思いました(笑)」

「真選組が中心のエピソードを、ファンのみなさんが本当に愛してくださった」(中井)

中井は、土方を多面的に描きだした原作者の空知に、感謝を惜しまない [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
中井は、土方を多面的に描きだした原作者の空知に、感謝を惜しまない [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

――キャラクターや、印象に残っているエピソードに関してはいかがですか。

千葉「真選組といえば、なくてはならないのは『真選組動乱篇』や『ミツバ篇』です。このエピソードがあったからこそ、局長という位置につけた気がします。役柄的に脱いだり、ストーカーしたりと、アホなことばっかりやっているのでね(笑)」

鈴村「なのに、名言が多くて羨ましかったですよ。台本で『ムラムラします』って見たとき、『なんていいセリフなんだ』って思いましたもん!」

千葉「必殺技がない分、そういうのを作ってくれたのかな?」

中井「真選組が中心になっているエピソードは、ファンのみなさんが本当に愛してくれるものが多く、僕自身も大好きです。それ以外で個人的に印象深いのは、銀さんと手錠で繋がってどうやってトイレで用を足すのか試行錯誤するエピソード(第166話『一つより二つ 一人より二人』)とか、あとは沖田と二人で鎖に繋がるエピソード(第148話『チャックはゆっくり引きあげろ』)かな。たまに呼ばれたらやたら喋る、そういう収録をすごく思い出します。必死だったな、頑張ったなって」

鈴村は、沖田を「みんながいて初めて成立するキャラクターだ」と感じていた [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
鈴村は、沖田を「みんながいて初めて成立するキャラクターだ」と感じていた [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

鈴村「僕も『真選組動乱篇』や『ミツバ篇』がないと成立しないと思っています。最初の頃、空知(英秋)先生とご飯を食べたときに『沖田って、演じるのムズいっすよね』って言われて。どうやって演じたらいいのか解説してくれるのかと思ったのですが、特になにもなかった(笑)」

中井「ひでーなー」

鈴村「初期はただ混乱させるキャラクターとして演じていたけれど、次第にバックボーンが分かって、『Sだからこそ打たれ弱いの!』というセリフが出てきたあたりからは、ここまでやっていいんだとわかった気がします。沖田は意外と無口なので、彼が発したひとことをきっかけに周りがエキサイトしていく。つまり、みんながいて初めて成立するキャラクターだと思いながら演じていました」

千葉「近藤には、土方や沖田のような葛藤がなく、全てを受け入れる存在なので、いろんな方向にブレちゃいけないと意識していました。だからこそ、わかりやすいキャラクターになったし、それが魅力でもあったのかなと。僕以外はみんな、過去の話や葛藤が描かれていて、人間味が増しているのでうらやましいと思うことはありました」

「『真選組動乱篇』や『ミツバ篇』があったからこそ、局長になれた」と語った千葉 [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
「『真選組動乱篇』や『ミツバ篇』があったからこそ、局長になれた」と語った千葉 [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

中井「土方なんか、まさにそうで。お忘れかもしれませんが、生い立ちがすごく不幸だし、やさぐれてたり、怖かったりというのが基本の人。鬼の副長って呼ばれていたはずなのに、いじられると弱いし、結構優しくて気が利く。そういう面が描かれる過程で魅力的な人間にしてもらいました。最後の最後は弱さも見せて、また立ち上がる。かっこいいと言われることが多いけど、空知先生が振り幅を見せてくれたからこそ、みなさんに愛されるキャラクターになった気がします」

鈴村「沖田の魅力は、空知先生でもよく分からない、ミステリアスなところでしょうか。沖田はかっこいいって言われるけれど、演じるうえでカッコつけたことは一度もないんです。高松(信司)監督に『変にやってください』と言われたのを、いわゆる紋切り型の“クールな人”にならないようにすればいいと思いながら演じてきました。結果、かっこいい、かわいい、怖いと、いろいろな感想をもらえるキャラクターになって、ある種ミステリアスな存在になったのかな」

「万事屋の3人を現場で見ていると、キャラクターまんまだなと感じます」(千葉)

万事屋と真選組の丁々発止のおもしろさは、アニメ『銀魂』名物といえる [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
万事屋と真選組の丁々発止のおもしろさは、アニメ『銀魂』名物といえる [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

――なるほど。ところで、作中で繰り返されてきたフェイク予告の『真選組血風録』が実際に観たいのですが…。

千葉「内容はどんな感じになるのかな」

中井「俺たちが考えるしかないんだよね、きっと」

千葉「僕が想像するのは、おふざけがひどい内容(笑)。でも、変化球で攻めたいな」

中井「万事屋メンバーが極悪非道な悪役として登場して、我々はしっかり取り締まるという役どころですかね。ということで局長、残念ですが『真選組血風録』でもお妙さんと結ばれることはありません!」

千葉「そっか…。ストーカーもしないのか」

中井「とんでもないです。我々は正義の味方なので、ストーカーなんてありえません!」

鈴村「僕は、天人(あまんと)の話をやりたいです。僕たち3人は、テレビシリーズでよく兼役で天人のモブとかもやってましたよね。クレジットも出てた(笑)。ということで、キャストは僕たち3人で大丈夫です。メインも兼役も全部やりますが、原作は、絶対空知先生に描いてほしい、それだけはお願いします!」

空知による描き下ろしビジュアルには、おなじみのキャラクターが大集合! [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
空知による描き下ろしビジュアルには、おなじみのキャラクターが大集合! [c]空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

――俄然、観たくなってきました。では、15年目の一区切りということで、万事屋メンバーへのメッセージをお願いいたします。感謝、愚痴、告白…なんでもOKです。

千葉「万事屋とは長い付き合いですが、現場で3人を見ていると、キャラクターまんまだなと感じるような絆を見て、ほんわかしていました。個人的には、3人と一緒にアスレチックに行った思い出も忘れられません!」

中井「僕は(銀時役の)杉田(智和)くんのアドリブに対して、よくわからないまま曖昧な笑いをしてごめんなさい、とこの場を借りて改めてお詫びしたいです(笑)。(新八役の阪口)大助さんのように的確なフォローができる僕であればよかった。それをお伝えいただければ、心置きなく『銀魂』を終えられます(笑)」

鈴村「収録後には万事屋の3人と一緒によくごはんを食べに行きました。最近行けてないので寂しいけれど…。キャベツ炒めのお店でキャベツをダブルで注文するのが僕たちのお決まりでした。でも、ある日気づいたんです…キャベツをトリプルにもできるって(笑)。また一緒にキャベツを食べに行きましょう、じゃ!」

中井「ちなみにですが、キャベツ以外もいろいろ焼いているお店ですよ(笑)」

「『どうせ倒れるなら前のめりに』を15年間やり切った、それが『銀魂』です」(鈴村)

インタビュー中、何度も「応援してくれたファンのおかげ」と笑顔を見せた3人 撮影/興梠真穂
インタビュー中、何度も「応援してくれたファンのおかげ」と笑顔を見せた3人 撮影/興梠真穂

――そのエピソードも『銀魂』らしい感じですね!最後に、15年の歴史を振り返って、お三方の印象に残っている“銀魂らしさ”を教えてください。

千葉「いろんな作品に乗っかっていくところですね。これっていいの?と思うものを数々やってきましたが、最たるものは『ドラ〇ンボール』かな」

鈴村「“銀魂らしさ”とは『ドラ〇ンボール』、間違いじゃない!」

中井「アハハハ、確かに」

千葉「土方が迷惑を被ってもがんばっているシーンを録っている横で、現場ではみんな好き放題やってゲラゲラ笑っていました。そういういい意味でひどいことがいっぱいある現場、それが『銀魂』です。こんな答えでいいのかな?」

――サイコーです!

中井「僕が思う“銀魂らしさ”は、大きなイベントの最後に読み上げられる空知先生の手紙です!」

鈴村「アハハハ」

中井「あれは“銀魂らしさ”の塊でとても素敵だと思います。その場に集まるファンしか聞けないものだったのですが、とうとうテレビアニメの最後には神楽がキャラを捨てて手紙を読むというシーンがあって。これで『銀魂』はちゃんと終われるぞ、と思いました(笑)」

鈴村「『ドラ〇ンボール』と手紙を言われたら…僕が思う“銀魂らしさ”は、『聖闘士星矢』です!」

中井「出た!ひどいな『銀魂』(笑)」

千葉「『銀魂』らしさって言ってるのにね(笑)」

鈴村「貪欲なところが『銀魂』ですよね。過去に流行ったとか、いま流行っているとかを関係なく、全部を『銀魂』に寄せようとする。それも恥ずかしげもなく(笑)。

実現のために苦労する大人たちの姿を見続けてきました。ビシッとしたスーツでおしゃれな髪型をしてた人が、ある日突然丸坊主になる。なぜ、そこでやめないのだろう(笑)。『どうせ倒れるなら前のめりに』を15年間やり切った、それが『銀魂』です」

千葉「僕自身は正直、『本当に終わるの?』とモヤっとしていますが、皆さんも、最後というのは…信じても信じなくてもいいのですが、とにかくゲラゲラとしんみりがしっかり描かれているので、楽しんで観てください。高杉もすばらしいです」

中井「僕は、あえて“終わりです”と言い続けることにします。人生において、ちょっとでも『銀魂』に触れたな、影響を受けたな、いまもずっと好きだなという方、いろいろいらっしゃると思います。あのラストをどう受け止めるのか、劇場に来て確かめてください。祭りでいうと、映画は神社の本殿のようなもの。ちゃんとお参りを済ませて、あとは色んな出店を楽しんでいただければ!」

鈴村「本筋のお話がしっかり完結したことは、本当によかったと思っています。15年も続く作品に携われることってそうそうありません。『銀魂』に出会えたことに感謝しています。映画で終わるという最上級のご褒美を受け取ってください。みなさん、お疲れ様でした!」

【写真を見る】千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、真選組メンバー3名が15年間の“絆”を見せた、笑顔あふれるフォトセッション! 撮影/興梠真穂
【写真を見る】千葉進歩、中井和哉、鈴村健一、真選組メンバー3名が15年間の“絆”を見せた、笑顔あふれるフォトセッション! 撮影/興梠真穂

取材・文/タナカシノブ

元記事で読む