1. トップ
  2. 内藤剛志注目のシンガーソングライターが「警視庁強行犯係 樋口顕」の主題歌を担当

内藤剛志注目のシンガーソングライターが「警視庁強行犯係 樋口顕」の主題歌を担当

  • 2021.1.8
  • 645 views

1月15日(金)スタートの「今野敏サスペンス 警視庁強行犯係 樋口顕」(毎週金曜夜8:00-8:54※初回は夜8:00-9:48、テレビ東京系ほか)の主題歌が、ReNの「Running Forward」に決定した。

【写真を見る】第2話のゲストも発表!春風亭昇太らが登場

警察小説の名手・今野敏の原作を実写化した同ドラマシリーズは、15年以上にわたりスペシャルドラマとして9作放送され、今回ついにファン待望の連続ドラマに。主演の内藤剛志演じる刑事・樋口が、佐野史郎扮する氏家らと共に難事件に立ち向かう。

シンガーソングライター・ReNは、FUJI ROCK FESTIVAL’15 に出演、2016年に自身初の1st AlbumがiTunesオルタナティブ部門で1位を獲得し話題。内藤も「昔から楽曲を聞いていて注目をしていた」と話す新進気鋭のアーティストだ。

どこかメロウな空気を漂わせながらも、ギターの軽快な旋律などさまざまなフレーズを重ねて作られた楽曲は、「Running Forward =前進する」という意味合い通り、躍動感にあふれている。刑事として、父親として、夫として、過去の足跡を振り返りながら、明日へ希望をもって駆け抜けていこうとする樋口や仲間、そして家族を表現するにふさわしい主題歌に仕上がっている。

内藤は「とても不思議なんだけど、ReN君の音楽はまるで僕自身の体の中から湧き起こり、聴こえてくるような気がするんだ。もちろん、歌っているのは彼だ。しかしその音楽は、聞く者の心の中にある『何か』に優しく触れ、丁寧に語りかけ、強く揺さぶり、いつの間にか僕たちの心は踊りだす。彼のギターと歌の前にはどんな心だって踊りだす。そして多分その『何か』とは『勇気』のことだと思う。

ReN君、美しい歌をありがとう!颯爽と吹き抜けて行く風のようなメロディーと、キラキラと舞い降りてくるような言葉。この曲を燃料にさせてもらい、スタッフ、キャスト全員で一歩、そう、前に向かって一歩進みたいと思います!!」とコメントした。

さらに、受験戦争がテーマでもある第2話には、高村教室の講師・村上颯太役に今井悠貴、高村教室の塾長・高村周役に春風亭昇太、北青山ゼミナールの講師・笠井裕一役に忍成修吾が出演することも分かった。

元記事で読む