1. トップ
  2. ファッション
  3. 便利でおしゃれなアクセサリー収納実例をチェック!収納のポイントもご紹介

便利でおしゃれなアクセサリー収納実例をチェック!収納のポイントもご紹介

  • 2021.1.8
  • 1920 views

アクセサリーを綺麗に使いやすく保管するコツとは?

大切なアクセサリーは丁寧に保管したいものですが、使いたき時にサッと取り出せるものが理想的ですね。今回は、そんなアクセサリー収納の素敵な実例ショットをピックアップ。

使い勝手よく、見栄えも良い実例に加え、収納するときのポイントや注意点も一緒にご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

便利でおしゃれなアクセサリー収納10選!

必要最低限を専用スタンドに

余分には持たず必要最低限の数を維持することで、管理しやすく収納も楽になります。

専用のピアススタンドも収納できる数には限りがあるので、ピアススタンドに収納できない分は持たないと決めるなど、ルールがあると良し。

こちらのショットは、背景のブルーの壁紙とよくマッチした、おしゃれなアクセサリー収納です。

アクセサリーにも一軍と二軍を作る

アクセサリーの数が多い場合は、普段からよく使う一軍と、使用頻度の低い二軍に分けて収納するのがおすすめです。

その際、一軍は出し入れしやすい場所に収納を設置しておくと、使い勝手も良く便利です。

引き出しやケースにしまいこむ収納ではなく、実例のようなスタンド式が取り出しやすいでしょう。

書類ケースを活用

シンプルで小物の小分け収納に適した書類ケースは、アクセサリー収納にもおすすめです。

引き出しの中にさらに小分けにできるケースを忍ばせておくと、整理整頓しやすく使い勝手もアップ。

種類で分けるよりも、使用頻度別で分ける方が扱いやすくなりますよ。段で分けられるのも便利なポイント。

手作りのアクセサリースタンド

大容量のアクセサリースタンドは、実は手作りのアイテム。

ピアスやイヤリングをバーにぶら下げることで、探しやすく取り出しやすいのでとっても優秀です。

マグネット式の小物入れも活用できるので、細かいパーツや使用頻度の低いアイテムも分けて保管できます。

色鮮やかなペイントで華やかな仕上がりに。

無印のケースが定番

シンプルなデザインで、使い勝手も良いので人気のある無印のアクセサリーケース。

サイズ別で小分けに収納できるので、実用性の高いアイテムです。

ケース自体の組み合わせ次第でも収納をカスタマイズでき、細かいアイテムから大ぶりのアイテムまで幅広く活用できますよ。

空き箱を上手に活用

お菓子などの空き箱を使って、手作りのアクセサリー収納ボックスに仕上げたものです。

設置する場所に合わせたデザインにすれば、お部屋のインテリアにもよく馴染みますよ。

ぶら下げるタイプと埋め込むタイプの簡単な収納なので、作り方も簡単で使い勝手も良いのがメリットです。

大人気の100均素材でDIY

アクセサリースタンドは、手作りの簡単なアイテムもおすすめです。

木材を使ってしっかりとしたサイズのものを作るのも良いですが、手軽な材料で簡単に作るのもおすすめですよ。

100均で手に入るアイテムを使えば、コスパも良く一石二鳥。デザインも自由なので、インテリアに合わせたカラーや素材をチョイスしましょう。

アクセサリートレイで簡単に

指輪や小さなピアスなど、一緒に保管しておいても絡まったり壊れやすいアイテムじゃない場合は、トレイでの収納も便利です。

おくだけで良いので片付けやすく、デザインにこだわればおしゃれに収納できます。

埃を被りやすいのが難点なので、長時間保管する場合はカバーをかけたり、棚などに避難させておくと良いでしょう。

画期的なマグネット式

アクセサリーの素材を利用した、画期的な収納をご紹介します。こちらの実例は、金属でできたアクセサリーを簡単に収納できるマグネット収納。

ペタッと張り付くので、片付けがとっても簡単です。

埃などの被害から守るためにも、こちらの実例のように棚の下に設置するなどの工夫があると良いでしょう。

まるでショップ!魅せる収納

まるでショップのショーケースのように、飾っておくスタイルの魅せる収納です。

白を基調としたインテリアに合わせて設置しているので、全体が統一されてとっても綺麗ですね。

清潔感もあるので、白やモノトーンでの統一はおすすめです。こちらも埃を被りやすいので、汚れから守る工夫があると安心でしょう。

収納のポイントを抑えて実践してみよう

アクセサリー収納も特にこだわりなく収納していては、便利で見栄えの良いスタイルは実現できないものです。

引き出しなどにしまいこむ収納が良いのか、または取り出しやすさを優先したいのか、生活スタイルに合わせる必要もありますね。

日常生活で使っているイメージをした時にしっくりくるものが、自分に向いている収納方法です。ポイントを抑えて実践してみましょう。

元記事で読む