1. トップ
  2. グルメ
  3. 首都圏のマクドナルド、20時以降の店内客席利用を中止。持ち帰りなどは可能

首都圏のマクドナルド、20時以降の店内客席利用を中止。持ち帰りなどは可能

  • 2021.1.8
  • 1122 views

日本マクドナルドは2021年1月7日、首都圏の1都3県を対象にした「緊急事態宣言」伴う対応について発表しました。

営業形態を変更する期間は、東京都(約350店舗)は1月8日から2月7日まで。神奈川県(約230店舗)、千葉県(約160店舗)、埼玉県(約180店舗)は1月12日から2月7日までです。

持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーは可

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県では、準備のできた店舗から順次20時から翌朝5時までの店内客席の利用を中止し、持ち帰り、ドライブスルー、デリバリーのみの提供となります。なお、一部の商業施設内の店舗については、施設の要請に基づき営業時間を短縮する場合もあります。

各店舗の営業時間、デリバリーサービス提供エリア等については、マクドナルド公式ホームページまたは公式アプリで確認してください。

日本マクドナルドは、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行っていくとのことです。

※1月7日時点での状況で、今後変更になる場合があります。

元記事で読む