1. トップ
  2. ファッション
  3. ウェディングドレス「デルフィーヌ・マニヴェ」が日本上陸

ウェディングドレス「デルフィーヌ・マニヴェ」が日本上陸

  • 2015.6.3
  • 2178 views

Hatsuko Endoグループが、ウェディングドレスブランド「デルフィーヌ・マニヴェ(Delphine Manivet)」と専属契約を結び、日本での本格展開を開始した。

若干39歳のデザイナー、デルフィーヌ・マニヴェが手がける同ブランドは、伝統的なウェディングドレスに新しい風を吹き込んだ、モードな印象が魅力のウェディングドレスブランド。オートクチュールコレクションを2014年夏に発表し、10月には米ニューヨークにブティックを開店。今年2月にはシャンゼリゼの「ゲラン(Guerlain)」本店より、ウェディングをテーマにした新作香水の発表に合わせ、ウェディングドレスの制作も依頼されている。

多くのセレブリティやファッショニスタが愛用していることで知られ、今年4月にはレディ・ガガ(Lady Gaga)がトニー・ベネット(Tony Bennett)との共演の際に、「デルフィーヌ・マニヴェ」のオートクチュールドレス(時価1000万円以上)を着用し話題となった。日本では大島優子が日本アカデミー賞の授与式の際に着た白いドレスとしても知られている。

国内では、伊勢丹新宿店7階「イセタン・ブライド」と「ハツコ エンドウ ウェディングス銀座店」「ス・ジュール・ラ」の3店舗で取り扱う。

■関連情報

・デルフィーヌ・マニヴェ 公式サイト:http://www.delphinemanivet.com/

元記事を読む