1. トップ
  2. 上白石萌音、「イケメンって大変だなぁ…(笑)」“ボス恋”撮影現場での玉森裕太の姿を明かす!

上白石萌音、「イケメンって大変だなぁ…(笑)」“ボス恋”撮影現場での玉森裕太の姿を明かす!

  • 2021.1.7
  • 574 views
東京・GINZA SIXから配信で行われた「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」特別リモート会見より (C)TBS
東京・GINZA SIXから配信で行われた「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」特別リモート会見より (C)TBS

【写真を見る】玉森裕太の子犬系男子スマイルが印象的な「ボス恋」ポスタービジュアル!

1月12日(火)スタートの火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系※初回は夜10:00-11:12)の特別リモート会見が東京・GINZA SIXから配信で行われ、主演の上白石萌音をはじめ、菜々緒、玉森裕太、間宮祥太朗、久保田紗友、亜生(ミキ)、ユースケ・サンタマリアが登壇した。

同作はファッション雑誌編集部を舞台にしたラブコメディー。“普通が一番”な奈未(上白石)がドSな鬼編集長・宝来麗子(菜々緒)や運命的な出会いをする子犬系男子・潤之介(玉森)に振り回されながら、恋と仕事に懸命に立ち向かい成長していく姿を描く。

菜々緒が豪華な撮影現場の裏側を明かす (C)TBS
菜々緒が豪華な撮影現場の裏側を明かす (C)TBS

“上白石萌音あるところにミキの亜生あり”

登壇したキャストたちが笑顔で会場にそろうと、主人公・奈未を演じる上白石は「皆さんとこうしてこの場にいられることがすごくうれしいです。また、(コロナ禍で)大変な状況の中、このような場を設けていただいたことに感謝しております」と感謝を伝えた。

また、ひょんなことから奈未と出会う子犬系男子・潤之介を演じる玉森は「子犬系、イケメン、天然、御曹司の潤之介役の玉森でございます」と、自身の役柄を指折り数えながらあいさつし、会場を笑いに包んだ。

続いてクールな先輩編集者・中沢涼太役の間宮は「火曜(夜)10時の枠に自分が出るとは思っていなかったので、火曜10時の枠のファンの皆さま、お手柔らかにどうぞよろしくお願いします」とコメント。

そして、玉森演じる潤之介を崇拝するカメラアシスタント・尾芦一太役の亜生は、「上白石萌音のバーターとして今日もやって参りました。“上白石萌音あるところにミキの亜生あり”ということで、今回もびっちりマークして、楽しい現場を作っていけたらなと思います」と意気込みを語った。

ファッション雑誌編集部の裏側が描かれる本作のみどころは…

会見の冒頭で“ファッション雑誌のイメージや、今回、編集部の裏側を演じたことで生じた印象の変化”を聞かれた上白石は、「ファッション誌ってすごく敷居が高くて、洗練されていて、都会的な印象を持っていたのですが、ドラマの中で少しずつ編集の仕事を見せていただいていると、写真の1枚1枚とか、文字の一つ一つに人が携わっているのを感じて、今まで以上に雑誌から体温を感じるようになってきました」と心境の変化を明かした。

また、自身もモデルの経験がある菜々緒は「新鮮な気持ちで、全く別のお仕事を見せていただいている感覚が強いですね。ただ、ドラマに出てくる編集部のセットはすごく豪華ですけど、『実際のファッション編集部はそこまで豪華じゃない』という声は届いているので、その部分は(作品内で)ドラマチックに描かれています」と本作のみどころを伝えた。

キャストたちが質問に答える間も終始、突拍子もない発言で会場を盛り上げていたユースケは、自身の役柄“萌えおじ”について聞かれると「自分一人で“萌えおじ”の雰囲気を臭い立たせるのは、すごく難しいんですよ。やっぱりすてきなせりふと、展開があって三位一体でやっと“萌えおじ”が出来ると思うんです。なので、脚本家の田辺(茂範)さん、よろしくお願いします」と期待を述べた。

「運命の人来い!」と発言し、出演者をざわつかせた玉森裕太 (C)TBS
「運命の人来い!」と発言し、出演者をざわつかせた玉森裕太 (C)TBS

玉森が出演者をざわつかせる!

会見中には、本作のタイトル「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」、通称“ボス恋”にちなみ、出演者が2021年に「今年こそ来い!」と思っている“もの”や“こと”をフリップで紹介する場面も。

上白石は「春」、菜々緒は「ユースケさんの適当さ!」、間宮は「阪神タイガースの優勝」、亜生は「玉森」、ユースケは「CM(2、3本)」と発表。

そんな中、「運命の人」と答えた玉森は「今年こそってわけでもないんですけれども、ドラマの中でも運命的な出会いというものが一つ大事なものであるので、“いつかそういう人来い!”って意味で、ザワザワさせちゃおうかなって(笑)」と、思惑通り出演者をざわつかせた。

また、「馬に乗れる日」と答えた久保田は2020年から乗馬を始めたものの、昨今のコロナ禍で出来ていないことを明かし、プライベートでの意外な一面を見せた。

上白石&玉森が第1話の共演シーンを振り返る

撮影での思い出や、印象的だったエピソードを聞かれた上白石は「玉森さん、すごく体を張っていて…最初に出会う橋の上のシーンでは、(撮影時)雨上がりで地面が濡れていて、滑りやすかったので10回くらい転んで苦労されてましたね」と、運命的なシーンの舞台裏を明かした。

さらに、「海では叫びながら砂浜を何本もダッシュして、喉がちょっとやられてしまったりしていて、イケメンって大変だなぁ…って、思いました(笑)」と、玉森との共演シーンを振り返った。

すると、玉森は「海のシーンは、きれいな時間が本当に短かったので、すごくいいシーンだったんですけど結構バタバタしていて、現場は時間との戦いの中で撮影していましたね」と語った。

笑顔と笑いがあふれる会見の最後に上白石は「今日感じていただけたかもしれませんが、本当にすてきなチームで、私、このチームが大好きなんです。現場にいるだけで元気になれますし、早く明日も現場に行きたいなって思えるようなチームです。この優しさやほっこりした感じが画面越しに皆さんに伝わると良いなと思います」とコメント。

続けて「いろいろなことが簡単にできなくなってしまったこの時代に一回頭を空っぽにして、何も考えずに楽しんでいただける1時間を、毎週火曜日にお届けできるように頑張りたいと思っております!」と思いを伝えた。

火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」は、1月12日(火)夜10時から放送。

東京・GINZA SIXから配信で行われた「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」特別リモート会見より (C)TBS
東京・GINZA SIXから配信で行われた「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」特別リモート会見より (C)TBS

第1話あらすじ

東京で暮らす幼なじみで片思い中の健也(犬飼貴丈)を追い掛け、地方の田舎町から上京してきた、就活中の鈴木奈未(上白石萌音)。

安定志向の奈未は、大手出版社・音羽堂出版の備品管理部の求人募集を見つけ面接を受けることになり、面接までの時間を潰そうとしていた。そんな矢先、ひょんなことから潤之介(玉森裕太)と知り合う。

あるアクシデントに見舞われるが、潤之介との運命的な出会いによって、なんとか面接を乗り切った奈未は、無事採用されたものの、配属されたのは備品管理部ではなく新設されたファッション雑誌編集部だった。

初出社当日、社内で迷子になってしまった奈未は、通りかかった宇賀神慎一(ユースケ・サンタマリア)に助けてもらい、無事に編集部にたどり着く。

そこでは編集部の面々が慌ただしく荷物を移動しており、何も分からないまま立ち尽くす奈未は、やって来た上司の半田進(なだぎ武)から急いで青山へ行くように命じられる。指定されたレストランに着くや否や、ある女性から大量の荷物を持つよう言われる奈未。

やっとの思いで編集部に戻ると、そこには中沢涼太(間宮祥太朗)や和泉遥(久保田紗友)、和田和美(秋山ゆずき)、加賀栞(太田夢莉)をはじめとした編集部のメンバーが勢ぞろいしており、その中心には先ほどの女性・宝来麗子(菜々緒)の姿も。

奈未は、麗子が新たに創刊したファッションモード誌「MIYAVI」の編集長であることを聞かされる。そして、事態が飲み込めない奈未に与えられたのは、その超ストイックな編集長の雑用係という仕事だった。

元記事で読む