1. トップ
  2. 恋愛
  3. ハリポタ新シリーズ、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』主演エディ・レッドメイン

ハリポタ新シリーズ、映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』主演エディ・レッドメイン

  • 2015.6.3
  • 891 views

映画『ハリー・ポッター』の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の製作が決定。2016年11月23日(水・祝)に全国で公開。第89回アカデミー賞では「衣装デザイン賞(Best Achievement in Costume Design)」を受賞。

映画の物語はハリー・ポッターと同じ魔法界。イギリスはロンドンから舞台を移し、1926年のアメリカ・ニューヨーク。ダニエル・ラドクリフが演じたハリー・ポッターに続き、シリーズをけん引することとなった主人公ニュート・スキャマンダー役を務めるのは、アカデミー賞受賞俳優のエディ・レッドメインだ。

ニュートは、ハリー・ポッターやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法学校の授業で使っていた教科書・幻の動物とその生息地を編纂した、魔法動物たちを研究した人物で、世界中を旅し発見した魔法動物たちを記録・捕獲する、魔法界きっての”魔法動物学”魔法使い。手に持つスーツケースは、魔法のアイテムになっており、時に危険な魔法動物たちをめいっぱい詰め込んでいて、スイッチを入れると中身が魔法使い以外には見えなくなる仕組みになっているという。スーツケースに入れておいた魔法動物が逃げ出したことをきっかけに米国魔法界と衝突してしまい、追われる立場になるというストーリーが展開される。

ヒロイン役として『インヒアレント・ヴァイス』のキャサリン・ウォーターストンがポーペンテイナという魔女、コリン・ファレルが米国魔省トップクラスの実力者で“闇祓い”と呼ばれる凄腕魔法使いのグレイブスをそれぞれ演じる。

また、原作者のJ.K.ローリングが本作で脚本家としてデビューを果たす。映画化にあたって、主人公ニュート・スキャマンダーの人物像やその著書を深く掘り下げ、小説のなかで構築してきたユニークな魔法の世界をさらに膨らませるそうだ。

公開直前の11月21、22、23日は3日間連続で来日イベントを慣行。最終日となる23日、初日舞台挨拶ではエディが次のようなコメントを残している。「コンニチハ。本当に日本は特別な国です。今年、2回目の来日ですが、来るたびに好きになります。『ファンタスティック・ビースト』の世界の新しいキャラクターに愛を感じて欲しい」。また、11月22日(火)のスペシャルファンナイトでは、ファンの人からの質問受付や、プレゼントの抽選会が実施された。エディはプレゼントの抽選会で劇中に出てくるトランクそっくりの鞄をプレゼント。ちなみに、エディが着用していた緑色のセーターはグッチ(GUCCI)の「タイガー インターシャ付き ウール セーター」であった。

また、アリソンはファンからの「劇中の無限に広がるトランクがあったらどうしますか?」という質問に、「日本に繋がっていてほしい。桜や富士など……、とにかく日本が好きなんです!」と答え、ファンから「可愛い!!」の嵐に。最後は、観客もキャストと一緒に撮影をし、映画公開へ向けて大きな盛り上がりを見せた。

【映画情報】
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
公開日:2016年11月23日(水・祝)
監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
原作/脚本:J.K.ローリング
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジェン・マーレイ、フェイス・ウッド=ブラグローブ、 コリン・ファレル
(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

オリジナルサイトで読む