1. トップ
  2. 恋愛
  3. マッチングアプリで20代男子と熟年男性の違いを考察してみた

マッチングアプリで20代男子と熟年男性の違いを考察してみた

  • 2021.1.7
  • 2146 views

年末年始、感染が拡大したことで、初詣にも行かず、自宅で時間を持て余していた人はかなり多かったようです。このような時にマッチングアプリに生息していた熟年男性たちにはどんなタイプの人が多かったのでしょうか。

【内藤みかのあたらしいのがお好き】

感染拡大でアプリの勢い減

オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代(写真:iStock)
オジサマもマッチングアプリを使いこなす時代(写真:iStock)

最近はマッチングアプリも細分化されてきました。若い人向けのものや友達作りが目的のものなどもありますが、真剣婚活向けのものや、中高年が多いところも。今まで登録はしていてもあまり深掘りしていなかった50代以上の男性の世界をウォッチしてみました。

記事を書いている私自身は年下好きなので、普段は、若い男性が多めのところを好んでいます。けれど感染拡大してくると、気軽に会うことが難しくなるからか、アプリの動きはかなり控えめになってきました。そこで50代以上はどんな感じなのかなと大人向けサイトを覗いてみることにしたのです。

40代は若くてモテる!

老後の夢を語るオジサマ多し!(写真:iStock)
老後の夢を語るオジサマ多し!(写真:iStock)

50代や60代がいるようなサイトにふたつほど登録したのですが、そこでは40代女性は「若い」のでモテます。男性は若い女性が好きだといいますが本当なのかもしれません。なので私のところにも年齢だけでたくさんのいいねがやってきました。ありがたいことです。

そして若い男性のプロフィールとの決定的な違いを見つけてしまいました。それは、若い人は夢を語っているものなのですが、中高年のかたは老後のプランを語っているのです。

たとえば「老後は緑に囲まれた温泉付きの土地でゆったり暮らしたい」などと書かれているのです。

アイコン画像に年齢が出る

日本酒にウナギ…渋いッ!(写真:iStock)
日本酒にウナギ…渋いッ!(写真:iStock)

人口統計によると、日本人男性の5人に1人は一生涯結婚をしないのだそうです。だからなのか、マッチングアプリに登録している中高年男性のなかには未婚のかたもいます。そしてバツイチの男性もいます。中には奥様と死別されたというかたも。

若い人のサイトは似たような感じが多いですが、中高年は個性の差がプロフィールにくっきり出ています。「思い切って起業し……」「妻の浮気で離婚し……」などなど、読みごたえはかなりあります。もっとプロフィールの続きを聞いてみたい! と感じるのは、中高年男性のプロフィールのほうだと思います。

そしてアイコン画像にも年齢の違いが出ています。顔画像を出したくない若い男性は、子犬やスイーツなど可愛い写真をアイコンにしていることが多いですが、中高年ではなぜか寺院画像をチョイスしている人が何人も!

とても荘厳なたたずまいで、シブいです。また食べ物画像もスイーツではなく日本酒やウナギなど、年齢を感じるチョイスがされているのも興味深いです。

さみしいのは何歳でも一緒

年を重ねてもさみしいものはさみしい(写真:iStock)
年を重ねてもさみしいものはさみしい(写真:iStock)

そしてどの年代にも共通しているのは、さみしいという心境。「年末年始にひとりで寂しくて登録してみました」「ひとり暮らしは味気なくて」などと書いているのは20代も中高年も同じです。このさみしさを埋めたいからこそ、マッチングアプリにやってきているのですね。

また、出会いがないという点も同じです。特にコロナ禍ということもあり、多くの中高年男性が「リモートワークで新しく女性と知り合う機会がない」と書いています。これは若い男性と同じで、在宅環境でも恋活や婚活をしたいと、女性と知り合いたい、という強い意志を感じます。

中高年は急いでない

素敵なオジサマとまったり絡もう(写真:iStock)
素敵なオジサマとまったり絡もう(写真:iStock)

そして、やはり中高年の男性は高収入のかたが目立ちました。中には4桁のかたも! そこは、この不安定な社会のなかで、かなりの魅力に感じました。人生の酸いも甘いも知り尽くしている熟年男性とやりとりしてみるのも深みが味わえていいのかもしれませんよ。

また、落ち着いた年齢なので、若い人のようにがっついてはいません。こちらが気がすむまでメッセージのやりとりをしてくれます。挨拶もそこそこに「会いませんか?」と誘ってくる男性が多い20代の男性に比べるとそこは安心。コロナ禍で外出もままならない時は、中高年男性とまったり絡んでみるのもいいかもしれませんよ。

(内藤みか/作家)

元記事で読む