1. トップ
  2. レシピ
  3. フルーツ大福レシピ!余った切り餅で中から果物たっぷり和菓子の作り方

フルーツ大福レシピ!余った切り餅で中から果物たっぷり和菓子の作り方

  • 2021.1.7
  • 3813 views

年末からお正月にかけて買ったお餅余っていませんか?今回は切り餅を使って大人も子どもも大好きなフルーツ大福の作り方をご紹介します。鮮やかな見た目で作るのも食べるのもワクワクするレシピ、参考にしてみてください。

余った切り餅をフルーツ大福にアレンジ

余った切り餅で簡単に作れる、フルーツ大福の作り方をご紹介します。今回は、ゆであずき缶とマスカルポーネチーズを使っていちご大福とみかん大福を作ります。大福は通常求肥(ぎゅうひ)を使いますが、実は切り餅をレンジでチンするだけで、あのもちもちふんわり感が再現できちゃいます。今回のレシピではマスカルポーネチーズを中に入れますが、生クリームを入れてアレンジするのもおすすめです。

材料


切り餅2個(約105グラム)
片栗粉
砂糖20~40グラム程度お好みで(すぐに食べる場合は無しでもOK)
ゆであずき缶
マスカルポーネ
いちご2個
ミカンSサイズ1個

フルーツ大福の作り方

1. 切り餅をカットしてレンジにかける

切り餅2個を約1cm角、厚み2~3mmのサイズにカットします。次に耐熱ボウルに切り餅と水を50ml入れ、レンジにかけて500Wで約2分ほど加熱します。

2. 切り餅を混ぜる

カットした切り餅がしっかり加熱され、柔らかい状態になったらゴムベラや木べらでよく混ぜ、こねていきます。水分がなくなるまでしっかりと混ぜて下さい。

バットやお皿に適量の片栗粉を入れ、レンジで加熱した切り餅を入れ生地をまとめていきます。生地の様子を見て片栗粉の量を調整してください。生地がまとまったら4等分に分けフルーツを包んでいきます。

3. 切り餅でフルーツを包む

いちご大福は下にあんこ、ミカン大福はマスカルポーネチーズを下に引き、お餅を包んでいきます。いちごは先端を下に向けて、ヘタの部分で生地をまとめてあげるとうまく包めます。断面がきれいに見える方向を意識して包むと、カットしたときにキレイな見た目になりますよ。

4. 完成

作り方のポイント

切り餅に片栗粉を加える際、あまり生地が緩いと上手く包むことができなかったり、包んだ後に生地が流れてフルーツ大福の形が崩れてしまいます。市販の大福の生地をイメージしてある程度、弾力のある生地にまとめて下さい。またレンジで加熱した生地がある程度冷めると生地に硬さが出てくるので、包みやすくなります。

まとめ

余った切り餅で作れるフルーツ大福の作り方をご紹介しました。見た目の華やかさに我が子も大喜びで食べていましたよ。いつもの磯辺巻きやきな粉餅といった食べ方に飽きたというときに、ぜひ作ってみて下さい。

元記事で読む