1. トップ
  2. グルメ
  3. 【今日のインサイト】銀座・資生堂ビル最上階に、隠れ家的空間の「Bar S」が本日オープン!

【今日のインサイト】銀座・資生堂ビル最上階に、隠れ家的空間の「Bar S」が本日オープン!

  • 2015.6.3
  • 1664 views

本日6月3日、東京銀座資生堂ビル11階に、『Bar S(バー エス)』がオープン!

東京銀座資生堂ビルは、2001年に誕生し、資生堂パーラーをはじめ、ファロ資生堂、資生堂ギャラリー、文化サロン(ワード資生堂)などを有した情報発信の場としてスタート。15年目にあたる今年、スイーツショップ、カフェ、レストランに加え、新たにバーを展開することになります。

バーというだけあって、落ち着いた雰囲気の店内。中央にあるバーカウンターは、ハイチェアだけでなく、ゆったり過ごせるローチェアもあります。

ほかにも、全体を見渡せる席や窓際の席、奥に隠れ家風の部屋もあり……と、どこも居心地抜群。なんといっても、エリアごとにさまざまなイスがセットされていて、一度座ったら長居してしまいそうな予感……。

この空間構成は、デザイナーの小坂竜さんによるもので、バーカウンター天井は開閉式の天窓。心地よい風を感じながらくつろぐことができます。

天井から吊られた“赤いオブジェ”は軽い素材でできているため、風が吹くとゆらゆらと揺れるのだとか。

また、メニューはオリジナルフードのほか、資生堂パーラー総調理長監修による、資生堂パーラーのメニューを『Bar S』スタイルにアレンジしたものや、『Bar S』のためのファロ資生堂の料理も用意。

アルコールも、カクテルだけでなく、ワイン、シャンパン、日本酒なども取りそろえ、季節に合わせたオリジナルドリンクも提案しています。

「でも、銀座のバーだから、高すぎて入りにくいんじゃない?」と思う人もいるはず。実は、17~20時まで、ラウンジエリア以外なら、カバーチャージなしでドリンクとフードが、800円からいただけます。気になる方、まずはぜひ17~20時のあいだに!(居心地よすぎて長居してしまうかもしれませんが)

 

ところで、この『Bar S』の“S”に、どんな意味があるかわかりますか? 資生堂パーラーの「S」でもあるのですが、“Salon(社交場)”、“Smile(笑顔)”、“Special(特別)”、“Shere(共有)”……など、自分好みの“Style”で過ごしてほしいという想いが込められているとか!

そんな想いも込められた『Bar S』。お店の場所(銀座の資生堂パーラーの11F)も、名前も覚えやすくていいですよね。本日オープンなので、会社帰り、早速行ってみてはいかがですか? (さとうのりこ)

「Bar S(バー エス)」

http://parlour.shiseido.co.jp/bar/s

■営業時間:月~金 17:00-23:30(23:00 L.O.)※フードは22:30 L.O.(メニューによっては21:30 L.O.)

■定休日:土・日・祝

■客席数:53席(カウンター10席、テーブル43席)

■カバーチャージ:20時以降、一人1,000円(税込) ※ラウンジエリアのみ終日¥1,000(税込)